2017年09月01日

豚らーめん

/豚らーめん板橋駅前店@板橋(北区滝野川)にてラーメン、富士山/

クリックすると拡大します

 さすがに毎月は無理でも3ヶ月おきぐらいにはと考えていたのに、8ヶ月振りの訪問になってしまった豚らーめん板橋駅前店@板橋(北区滝野川)
 ラーメン二郎系のラーメンは麺量が一般的なラーメンの二杯分あって連食ができないので、なんだかんだ言いながら後回しになってしまいます。
 お店によっては麺少なめとか麺半分とか対応して下さいますし、ミニが用意されている店舗もありますけど、レギュラーやスタンダードを食べないと食べたことにならないと、個人的には考えています。
 もちろん、何を食べてその店のラーメンを食べたことにするかは人それぞれ、私には私の考えがあるし、その人にはその人の考えがあるでしょう。

クリックすると拡大します

 JR板橋駅から徒歩一分、店内に入ると店主さんが「おっ、ふらわさん、いらっしゃいませ」と声を掛けてきます。
 「すみません、中々これなくて」と頭を下げながら右手の券売機に向かいます。
 基本的なメニューは開店当初と変わっておらず、つけ麺などは限定メニューとして販売することもあるとのこと。
 辛さ増しが試験的に始まっていて、辛くない順に高尾山30円、富士山60円、キリマンジャロ120円、エベレスト180円です。

クリックすると拡大します

 食券を買って空いている席を探すと、ちょうど店主さんの目の前の席が空いていて、ああ、ラーメンの神様の思し召しかと。
 先ずは再会を祝してビール350円で今夜は1人お疲れ様会、いやぁ、ビールが美味い。
 卓上にはかえし醤油、黒胡椒、酢、一味唐辛子。

クリックすると拡大します

 次から次へとお客さんが入ってきますので、手隙のタイミングを見計らって積もる話を心ゆくまで。
 今日の話題は、北府中のラーメン店主の話し、ラーメン二郎系の野菜の話し、赤羽の高級ラーメン店の閉店の話し、などなど。
 一番盛り上がったのは、もちろんラーメン二郎三田店の話し、そうこうしているうちにラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 ラーメン720円、富士山60円、コールはヤサイ、にんにく、からめ、ネギ。コールに加えて店主さんの愛も表現されています。
 スープは豚骨と生肉がラーメン二郎(及びインスパイア)の定番ですが、ここは豚より鶏の割合を多くしています。
 何種類かの出汁スープをブレンドする黄金比は店舗によって異なり、ひいては店主さんのセンスに依存することを意味します。
 ただ美味しいスープは数え切れない程あるので、店主さんの顔が見える(実際、目の前にいますけど)スープが私には好きで、とてつもなく旨い。

クリックすると拡大します

 縮れ極太麺は蕨本店で毎日打っている自家製麺、一般的な太麺は薄い麺帯を太く切り分けますが、ここのは麺帯を厚くして細く切り分けています。
 美味しく感じるのはちゃんと理由があって、断面積の広い麺がスープによく馴染む硬いのに柔らかい麺、旨いなぁ。
 ヤサイはモヤシ9割キャベツ2割、ラーメン二郎系では珍しいニンジンが混ぜられています。
 辛さ増しの富士山は一味唐辛子だけで作った辛味、自家製辣油が回し掛けられていて、日本一繊細なラーメン二郎系を目指しているとかいないとか。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 もう9月なので年内にはもう一度くらい来たいけれども、どうなることやら。
 埼京線で新宿に出て帰宅、明日は早いので早く寝ないと、ではなくて寝ていられないか。

 クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記