2017年09月05日

経堂と祖師ヶ谷大蔵

/ゆで太郎高輪店にて得ランチ/経堂麺希(めんき)@経堂にて特製トマトラーメン/香氣四川麺条祖師ヶ谷大蔵店にて紅冷やし担担麺/

クリックすると拡大します

 久し振りに朝食を食べようと思って、ゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 訪問したタイミングが良く、お客さん全員が座れる程度の混み具合です。

クリックすると拡大します

 たまに、というか、まれに、というか、店舗によっては常に、というか。
 無料クーポン券がトリホでした。
 今月末までなので(来月になればまた新しいのが、、、)もらっても使い切れないので、もらいませんでした。

クリックすると拡大します

 平日11時から16時までの得ランチ500円
 いつの日か役に立つかも知れないので記しておくと、月曜日から順にミニかつ丼セット、ミニ季節のかきあげ丼セット、ミニ高菜明太ごはんセット、ミニ豚バラ丼セット、ミニカレーセット。
 今日は火曜日ですからミニ季節のかきあげ丼セット、無料クーポン券で生たまごを付けました。
 美味しく頂いて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田急線で帰宅する途中、町田駅の次にラーメン屋が集結している駅、経堂駅。
 経堂駅周辺のラーメン屋には全部行っているような気がするけど、行けていないかも知れない。
 私自身がいけてないのと同じように。

クリックすると拡大します

 2017/9/1にオープンした経堂麺希(めんき)@経堂(世田谷区経堂)
 すずらん通りの花月嵐の跡地、と言うより、今年の3月に閉店した博多一幸舎(現ステーキ屋)の向かいの立地。
 店先と店内に祝い花が残されていましたが、贈り元にラーメン関係は見当たりません。
 それもそのはず、店主さんはラーメン店ので修業経験がない独学とのこと。

クリックすると拡大します

 前店を知らないので何とも言えませんが、壁紙を変えただけに思える店内、入ってすぐに4人掛けテーブルが2卓、奥に厨房向きカウンター9席、壁向きカウンター5席。
 券売機が見当たらず、空いていた席に座っての口頭注文後会計。
 メニューは特製トマトラーメン、台湾混ぜそば、鶏白湯ラーメン、鶏白湯つけめん。
 飲み物はビール、ウーロンハイ、ハイボール、焼酎、赤ワイン。ツマミ類はキムチ、ナムル。

クリックすると拡大します

 卓上を見渡すと、鶏白湯ラーメンに必須の調味料である黒胡椒どころか、何にも置かれていません。
 なるほどね、と考えを巡らしながらお冷やを頂きます。
 厨房ではスープを大きめの寸胴で炊いていて、営業中は保温程度、注文毎に雪平鍋で温めていました。

クリックすると拡大します

 意外にも早く特製トマトラーメン790円
 丼にはトマトソースを混ぜた鶏白湯スープ、鶏肉のトマトソース煮込み、と言えばいいでしょうか、が少なめに注がれ、ホールトマトが添えられています。
 全体的に甘めで酸味控えめ、ああ、胡椒を掛けたい。

クリックすると拡大します

 細麺は硬いのではなく茹で湯の温度が低く、まだまだ開店一週間も経っていないのだから、食べた感じでは富多屋生麺。
 トッピングは角切りチャーシュー、ヤングコーン、水菜。白胡麻が散らされ、うっかりかき混ぜてしまったスライスレモン。
 悪く言えばスープは炊き込みが足らず、パンチやフックを感じられません。

クリックすると拡大します

 しかしして、パンチやフックだらけのスープが蔓延る現代のラーメンシーンに対して、程々でいいんじゃないの、的な緩やかな味わい。
 独学の店主さんが作る台湾ませそば、見てみたい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 久し振りに経堂駅で途中下車したのだから、近くのラーメン屋に行ってみるかと、ちらちらっと手元のメモを確認します。
 特に理由はないのですが、二駅乗って祖師ヶ谷大蔵へ。
 駅の近くに円谷プロの撮影場があって、駅全体がウルトラマンです。

クリックすると拡大します

 駅から徒歩数分の香氣四川麺条祖師ヶ谷大蔵店@祖師ケ谷大蔵(世田谷区砧)ホームページ)、学芸大学前の本店は未食ですが、経堂店と千歳船橋店には行ったことがあります。
 他店舗展開されていますが、いずれの店舗も10人前後の箱、もう少し店員さんと距離が近くても良いと思うのですが。
 カランとドアを開けて店内に入ると、厨房を囲むカウンター10席のみ。

クリックすると拡大します

 右手の券売機があって、メニューは担担麺、坦坦つけ麺、冷やし担担麺、中華そばも一応あります。
 トッピングは肉味噌、香味たまご、パクチーなど担々麺に合う物が揃っています。
 ご飯もの、アルコール飲料、一品料理とかなりの品数が揃っています。
 卓上には青山椒、花椒、香味酢、黒胡椒、辣油。
 
クリックすると拡大します

 程なくして紅冷やし担担麺790円、なんとも綺麗な透明ガラス製の卵形丼で提供されます。
 このままかき混ぜるのがもったいないほど綺麗な盛り付け、麺は芝麻醤に浸され、茹でモヤシ、白髪ねぎ、水菜、肉味噌、小エビ(抜くこともできます)、鷹の爪。
 全体的にゆっくりと混ぜて食べてみると、ぐぐっとくる辛味に持ち上げられて芝麻醤をまとった麺の美味しさ。

クリックすると拡大します

 縮れ中細麺が色々なトッピングを引き連れて味を変えて楽しませてくれます。
 かなり山椒が効いているので更に効かせるのはどうかなと思い、陳皮、朝天辣椒を数日間漬け込んだ香味酢をさっと回しかけて頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 駅に戻って各駅停車で帰宅。
 健康診断が迫っているので、夜にラーメンを食べることは危険が危ないのですが、止めることができない。
 止めるどころか二杯も食べちゃって、、、頑張ります。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記