2017年09月13日

汁なし担々麺

/麺屋坂本01(ぜろいち)@王子神谷にて汁なし担々麺/晩酌/

クリックすると拡大します

 仕事が山の日、朝食は自宅で、お昼は外に食べに出られないので自宅で詰めてきたお弁当を。
 もっと忙しければご飯を食べる余裕もないし、もっともっと忙しければ前日から会社に泊まり込むので、それに比べたら暇。
 綺麗な夕陽を眺めながら、今日は何時に終わるかなぁと。

クリックすると拡大します

 今月から夜営業が始まった麺屋坂本01(ぜろいち)@王子神谷(北区王子)、始まったんだったらすぐに行けよという話しなのですが。
 夜営業のみの新メニューも投入されているので、もっと早く食べたかったのですが、ちと、落ち着くまで待っていました。
 暗くなるとゆめやのネオンが点いているんだ、西から来た人も、東から来た人も、誰一人としてお店を通り過ぎることなく、お店に吸い込まれていきます。
 お店の写真を撮っていて、3人に抜かれました。 

クリックすると拡大します

 お見せに入って店員さんに挨拶して、券売機に向かいます。
 開店当初から最上段は変わっていませんが、二段目、三段目は少しずつ変わっています。
 炙焼豚ご飯が売り切れランプが続いてのメニュー落ち、の代わりに塩わんたん麺、汁なし担々麺が追加されました。
 夜営業は満席になるかならないかの混み具合ですが、仕事終わりにはビールが飲みたいところです。

クリックすると拡大します

 少し待って汁なし担々麺850円、ラーメンと同じ様に麺線が整っています。
 ここのところの私は、汁なしであっても圧倒的に冷やしを食べていたので、温かい麺の汁なしは随分と久しぶりです。
 汁なしの麺相は、丼に麺を平たく乗せ、中に上にと盛り付けていくのが一般的ですが、ここのはカレーライスのように、手前は麺、中央に肉味噌、奥に芝麻醤のタレを盛り付けあり、中央にはクレソン。
 カレーをライスに少しづつ混ぜて食べるように、麺を始めは芝麻醤のタレで、少し食べたら肉味噌で、続けて全体を混ぜて頂きました。

クリックすると拡大します

 これまでは直ぐに全体を混ぜていたので、辛さと痺れとひき肉の味を楽しんでいた担々麺ですが、今夜は麺の美味しさを楽しめて、これは一つの提案なのかな、と。
 卓上に調味料は用意されていないので、途中で味に飽きてしまうかもと思いましたが、全くの杞憂でした。
 麺を食べ終わったらサービスでセットになっている小ライスを割り入れて、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 辛さ増しができるといいのだけど、辛さ増ししないで食べるのが美味しいのだろう。
 店内待ちの人がいたのでお冷やだけで居座るわけにはいかず、ささっと席を空けて、お店を後にします。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、帰路を途中下車して次の店に向かいます。
 不定休のクセに定休日の札を掲げた店と、期限が掛かれていない夏休みの札を掲げた店と。
 二軒に振られたら三軒目は目に付いた店でいいや、というわけにはいかず、帰ることにしました。

クリックすると拡大します

 お風呂に入ってさっぱりしてから晩酌
 こうして毎晩晩酌できることの幸せ、ちっちゃなちっちゃな幸せ。
 今日も一日頑張って、明日も一日頑張る。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記