2018年02月16日

河津桜まつり

/河津桜まつり/夫婦で一泊旅行/

クリックすると拡大します

 去年は行かれませんでしたが、何回も行っている河津桜まつりホームページ)へ。
 行く度に渋滞は酷くなり、観光客も増え続けているので、今年は宿を取って一泊することにして、さらに平日に行くことにしました。
 桜がいつ咲くかは誰も分からないことだけど、まあ、少しでも咲いていれば(散っていたら少しでも残っていれば)、と。

クリックすると拡大します

 いくら河津桜が早咲きだと行っても、事前の情報通り、今年は2分咲きです。
 それにしても道が空いていて、三時間半で着きました。
 でもね、年に一度くらいは女房と2人で旅行に行っても良いんじゃ無いかと、去年くらいから思い始めて。
 どんなことでも、後ろ向きの捉え方があれば、前向きの捉え方もあるし。

クリックすると拡大します

 例年だと人がごった返していて、半分も歩いたら嫌になってしまうほど混み合っています。
 ペットカートを押していても迷惑にならないほど、今年はガラガラ、行ったことの無い海辺まで行ってみたりして。
 食べ物屋とかお土産やは例年通りやっていましたが、今年は立ち寄らず。

クリックすると拡大します

 それでもメジロは来てますね。
 人が少ないので鳴き声が良く聞こえ、花も少ないのですぐに見つけられます。
 幾つか上手く撮れたので、その中で視線が合った一枚を。

クリックすると拡大します

 一通り見ましたし、宿の時間もあるので、切りがいいところで引き上げました。
 ここから宿までも渋滞していたらグッタリするところですが、今日はカーナビ通りに30分で到着。
 受付の人達はちゃんと分かっていて、「いらっしゃいませ」ではなく「お帰りなさい」と声を掛けて下さいます。

クリックすると拡大します

 部屋で少しゆっくりしてから、1人露天風呂へ。
 足が思いっきり伸ばせるのは、なんとも形容しがたいのんびりさ。
 自宅ではカラスの行水ですけど、今夜はゆっくりと長湯。

クリックすると拡大します

 大きめのラウンジでの食事、こんな夜くらいは女房とビールで乾杯して。
 飲み物は飲み放題になっていますので、心ゆくまで飲めます。
 さてさて、料理に舌鼓を打ちながら、日頃はあまり話せない話しでもしながら食事を楽しみますか。

クリックすると拡大します

 八寸として鰤照り焼き、ずんだ餅、あん肝ソテー、鴨ロース赤ワイン煮 オレンジ掛け、小松菜と桜海老お浸し、ごま豆腐、イカとサーモンオリーブ漬け。
 ずんだ餅は食べてしまうのが可愛いほどの兎の形になっています。
 この繊細な淡い味付けの料理にはビールが良く合いますね。

クリックすると拡大します

 造りとして真鯛、平目、鮪。
 刺身にはもちろん日本酒、静岡の蔵元 花の舞(ホームページ)、造りは分かりませんが、飲んだ感じでは純米しぼりたて。
 結局この後も日本酒を飲み続けてしまいました。

クリックすると拡大します

 蒸し物として鱈の友蒸し。
 鱈の身と白子なので「友蒸し」なのかな、柚子をあしらったりしてとても美味しい。
 日本酒に良く合います。

クリックすると拡大します

 温物として冬野菜温サラダ リンゴカルパッチョ。
 冬野菜は蓮根と里芋とブロッコリー、食べやすく温めてあります。
 薄くスライスされたリンゴも美味しいです。

クリックすると拡大します

 強肴(しいざかな)としてローストビーフ 高原野菜。
 懐石料理とも会席料理とも謳っていないので、魚料理に肉料理があっても全く違和感の無い創作料理。
 おろしリンゴのソースが抜群に美味しいですね。

クリックすると拡大します

 食事として止椀 香の物。
 御飯が出てきたら、お酒はおしまいです。
 楽しかったお喋り、美味しかった料理もこれまで。

クリックすると拡大します

 デザートとしてホワイトアスパラプリン 葡萄 善哉。
 結構飲んだけど、最後のデザートは食べるし、ホットコーヒーも飲みます。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 部屋に戻って30分ほど休憩したら、バーラウンジに向かいます。
 夕飯と同じ飲み放題に加えて別料金の飲み物が用意されていますが、食べ物はお茶漬けだけ。
 いずれにしろ、宿泊料に含まれているので飲んだり食べたりしないと損です。
 さてさて、パソコンは持ってきていないのでブログは更新しないで、ぐっすり寝ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

健康診断

/麺や金座@人形町にて焼き鰆の中華そば(醤油)/麺屋いし川@人形町にて渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん/

クリックすると拡大します

 年に一度の健康診断、会社で一斉に受診すると素早く終わるけど、一斉で無いと結構面倒。
 どんなに仕事が大切でも、身体あっての仕事、、、とは言いながら、現実は仕事優先のことも多く。
 ま、何とか時間を調整して、健康診断を受診して、打ち合わせの前にラーメンでも。

クリックすると拡大します

 麺や金座@人形町(中央区日本橋人形町)、2018/2/8にプレオープンした後、2/14にグランドオープン。
 店主の上塘さんは(この地で営業していた)麺や航で修業を積み、独立を目指して退職後に鳥居式らーめん塾(説明のサイト)へ入塾されました。
 卒業後に麺彩房の各支店で働いた後、麺や航が亀戸に移転したのを機に、跡地へ出店されました。

クリックすると拡大します

 店先では大成食品のスタッフさんが呼び込みをされていて、誘われるままに券売機へ。
 メニューは焼き鰆の中華そば(醤油、塩)、濃厚鶏白湯らーん、濃厚鶏白湯つけめん。 
 トッピングは味玉、ねぎ、海苔、メンマ、チャーシュー。
 ライス、ご飯、飲み物は生ビール、ハイボール、レモンサワーなど。

クリックすると拡大します

 店内は居抜きでしょうか、右手は壁向きカウンター5席、左手は4人掛けと3人掛けのテーブル、厨房は奥になります。
 カウンター席が空いているにの何故かテーブル席を案内され、断るのも何ですので、案内されるままに座ります。
 おしぼりが出され、卓上には黒胡椒、一味唐辛子、酢。

クリックすると拡大します

 程なくして焼き鰆の中華そば(醤油)800円。麺相は説明が無ければ煮干ラーメンですね。
 焼き鰆は鰆を使っているわけでは無く、鰆の幼魚のサゴシを煮干しにして、出汁を取っていると説明があります。
 片口鰯や平子、アゴなどより遙かに美味しい出汁スープ、合わせる醤油ダレがスープに深みと広さを与えてくれます。

クリックすると拡大します

 極細麺は(鳥居塾だけに)大成食品、ここまで美味しいスープであっても、この麺はきっちりと合わせてきています。
 トッピングは豚バラチャーシュー、鶏チャーシュー、穂先(風)メンマ、スライス玉ねぎ、紫タマネギ、カイワレ大根、板海苔。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって店主さんにご挨拶させて頂き、店を出て大成食品のスタッフさんとしばし、立ち話。
 大成食品の直営店である麺彩房は一通り行っているつもりでしたが、上海麺館には行っていませんでした。
 ああ失態、近くて遠い中野、どこかでタイミングを見て、食べに行かないと。

クリックすると拡大します

 打ち合わせに向かう途中で新店を見つけ、営業時間を聞くと、打ち合わせを終えて戻ってきてギリギリ間に合うかどうか。
 というか、先の店は通し営業で、こちらの店は昼営業のみですから、どう考えてもこちらの店を先に訪問するべきでしょう。
 しかしして情弱な私、ネット検索も下手くそで、この店のオープン(と営業時間)を全く知りませんでした。
 いくらダメ人間の私でも、打ち合わせをすっぽかしてラーメンを食べるわけにはいかないので、ダッシュで打ち合わせに向かって、戻ってきましたが。

クリックすると拡大します

 麺屋いし川@人形町(中央区日本橋人形町)、2017/12/10オープン。
 逢縁喜縁(あいえんきえん)@神保町の経営者が変わって麺屋とりくらぶにリニューアル(2017/12/11)し、店員さん総入れ替えになったので、こちらへ出店されました。
 つまり逢縁喜縁の店名変更を伴う移転リニューアル、つまり上野戸みら伊本舗(公式サイト)の系列。

クリックすると拡大します

 店先の右側にある券売機で食券を買います。
 メニューは鶏とんこつらぁめん(白醤油)、鶏とんこつらぁめん(黒醤油)、渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん、魚介鶏とんこつつけ麺。
 トッピングは煮玉子、チャーシュー、極太メンマ、ネギ、岩のり。ご飯ものには玉子かけ御飯もあります。
 飲み物がビール、サワー、日本酒、焼酎など、合わせてつまみも充実しているのが上野戸みら伊本舗系列の特徴でしょうか。

クリックすると拡大します

 店内に入ると先客1人、店員さんに食券を渡して席に座ります。
 右手の厨房に面したカウンター4席、左手には4人掛けテーブルが2卓、2階は18席あることしか分かりません。
 卓上には一味唐辛子、黒胡椒。お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん850円。大きな丼をレンゲと共に角盆へ乗せて提供。
 資本系(?)でも店内炊きですので、舌の上を滑るようなとろみのあるスープは豚ガラ、鶏ガラ出汁のブレンド。
 蟹味噌がタレに使われていて、食べ終わった後もレンゲでスープを飲んでしまうほど美味しい。
 トッピングされている渡り蟹の内子(蟹の卵巣)を全体に溶かして味わうと、さらに美味しい。

クリックすると拡大します

 細麺は丸山製麺の玉子麺、上野戸みら伊本舗の系列店は基本、丸山製麺ですが、このスープにはちょっと合わない印象です。
 トッピングは珍しくスープに沈めてあり、大きめの柔らかいバラチャーシュー、材木メンマ。青梗菜は乗せてありました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 この辺りには沢山のラーメン屋さんがあって、どのお店でも食べてみたいんだけど、時間とお金とやる気が足りない。
 それでもこうして、タイミングを見つけて食べに来れば、いつか全店で食べられるんじゃ無いかと。
 いや、難しいかな。
posted by ふらわ at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

バレンタインデー

/ゆで太郎芝浦4丁目店にて中華そばセット(ミニチャーシュー丼)、かき揚げ/らーめん とん駒@生田にて濃厚坦々麺/

クリックすると拡大します

 そろそろ年に一度の健康診断に備えてあれこれ制約しないといけないのに、もう、どうでもよくなってきた。
 もちろん、体重や血圧、中性脂肪とかいろいろな数値をないがしろにするつもりは全くないけど、あくまでも標準値、平均だからな。
 ま、皆の輪を乱さない程度に、静かに生きる。

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎芝浦4丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店、ゆで太郎システムと共同ブランドとして、どちらも繁盛されています。
 なんかものすごく天気が良くて、お見せに入る前からウキウキしてしまいます。

クリックすると拡大します

 中華そばを食べるとして、チャーシュー丼セットが終わらないうちに食べておくかと食券を買って店員さんに渡します。
 出来上がりを待っている間、「ふふ、(ミニかつ丼がセットになる)スーパーチューズディーに、あえて中華そばセットを食べるぜ」と一人ごごちしていると、ふと今日は今週2営業日目だけどウェンズディだと気づき。
 ウェンズディでの得セットはチャーシュー丼なのか、それならそっちでよかったじゃないかと。

クリックすると拡大します

 番号を呼ばれ、受け取った中華そばセット(ミニチャーシュー丼)650円、クーポンかき揚げ
 別皿の薬味ネギを入れたり、ラーメンにかき揚げを入れて天中華にしたり。
 揚げたてのかき揚げをラーメンスープに浸けて食べる美味しさよ、中細麺もこれが美味しい。

クリックすると拡大します

 チャーシューはスープに浸されているのと、ご飯の上のでは食感がかなり違っていて、ご飯の上の方がずっと美味しい。
 来週水曜日は忘れずに、と。
 美味しく頂いて、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 小田急線で帰宅途中に途中下車しようと思いつつノベルズをリーディングしていたら、乗り過ごしてしまった。
 慌ててて戻った生田駅南口に降りて右手に少し歩くと、らーめん とん駒@生田(川崎市多摩区生田)、麺処なると跡地に2017/2/3オープンしました。
 営業時間は11:30-15:00 18:00-25:00、駒込から同名店の移転、幾つかの有名店を経てとのことですので、興味がある人はググってね。
 店舗は大きめの部屋を仕切っていて、右手半分は居酒屋。厨房、トイレなどは共有していますが、出入り口は別です。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは濃厚坦々麺790円、とんこつラーメン690円、白醤油らーめん750円。潮州海老辛味を乗せての6種類。
 トッピングはからし高菜、キクラゲ、海苔、半熟味付玉子、チャーシュー、岩海苔。
 サイドメニューは焼餃子、明太子ご飯、あさりご飯、生ビールもあります。

クリックすると拡大します

 店内は奥に厨房、手前右手がカウンター7席、左手が4人掛けテーブル2卓の15席。
 卓上にはおろしニンニク、醤油、黒胡椒。
 先客は2人でしたが、後客5人、店主さんとは全く話が出来ません。

クリックすると拡大します

 少し待って濃厚坦々麺790円。店内は真っ白、丼も白いし、スープも白い。
 ベースは僅かにとろみを感じる美味しい濃厚な豚骨白湯スープ、芝麻醤と辣油を合わせていて、大ぶりに刻まれた歯応えの残る茹でキャベツ、ひき肉、キクラゲ、干しエビがトッピングされています。
 このスープのラーメンを担々麺と呼ぶのは抵抗がありますが、坦々麺と言われると、すとんと落ちます。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら中細麺はスープとあまり絡みませんが、そもそも麺料理はこのくらいでいいんじゃないかと。
 他のメニューも食べてみたいけど、わざわざ各駅停車の途中下車するかと問われれば、かなり厳しいかと。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記