2018年02月02日

ナンコツや

/ゆで太郎高輪店にて小柱と水菜のかきあげそば、カレー/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)新小岩店にてタンタンメン(めちゃ辛)、ニラ/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店、ゆで太郎システムと共同ブランドとして、どちらも繁盛されています。
 小雪がちらつくお昼下がり、お客さんの殆どが温かいお蕎麦を食べています。

クリックすると拡大します

 2月に切り替わった季節の野菜、1月までの食材が無くなったところで切り替わるので、「1月末頃から2月初旬にかけて切り替わる」という表現がより正確でしょうか。
 先月までの牡蠣と蓮根がとても美味しかったけれども、今月からの小柱と水菜もとても楽しみです。
 かき揚げとかき揚げ丼が用意されているので、先ずはかき揚げそばから。

クリックすると拡大します

 小柱と水菜のかきあげそば520円、クーポンカレー
 繁忙時間のランチタイムのかき揚げは揚げ置きですが、とても揚げ置きとは思えないサクサクの食感、小柱も美味しいですが一緒に揚げられている長ネギがとても美味しい。
 蕎麦つゆも良い感じで、気が付いたら飲み干してしまいました。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 来週末から厨房メンテナンスのため、来週末から数日間、休業となります。
 きっと忘れていて、きっと食べに来て毒づいてしまうだろうな。
 ああ、ゆで太郎にもまで振られたと言って。

クリックすると拡大します

 近くて遠い新小岩、駅南口からほぼ真っ直ぐに南下し、ショッピングモールに入って最初の曲がり角を右に曲がります。
 通路右手に2018/2/1にオープンした元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)新小岩店@新小岩(葛飾区新小岩)ホームページ)。
 五反田店に続く都内6店舗目、全体で36店舗目、恥ずかしながら全店訪問済みとなります。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、淡い橙色で統一された壁と椅子とテーブル、真っ直ぐ奥にカウンター10席のみ。
 卓上には醤油、酢、辣油、ブラックペッパーが用意されています。
 正面の厨房には店員さんが4人もいて、、、慣れてくれば2人で回すんじゃないでしょうか。

クリックすると拡大します

 メニューは非直系で、タンタンメン、醤油、味噌がありますがタンメンは無し。
 辛さはめちゃ辛までが無料、それ以上は1辛UPで30円です。
 サイドメニューは餃子、ポテトサラダ、枝豆。チャーシュー丼などのご飯物に、ビール、レモンサワーなどの飲み物。

クリックすると拡大します

 程なくしてタンタンメン(めちゃ辛)780円、ニラ150円
 豚ガラの白湯スープにニンニク、唐辛子、溶き卵を馴染ませて、日本中どこを探しても誰もやっていないニュータンタンメンのスープ。
 調理器具が水に馴染んでいないようでかなり味わいが薄めですが、この味わいこそが開店直後にしか味わえない期間限定のスープです。

クリックすると拡大します

 麺は全本支店共通の中細平打ち麺、スープとの馴染みはイマイチですが、日に日に馴染んでいくことでしょう。
 トッピングのニラは各本支店で乗せ方にパターンがあり、スープとは分けて茹でて、麺の上に乗せてからスープを掛けます。
 つまり、ニラとスープを混ぜる感じで食べます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わって、席を立って出口近くのレジでお会計。
 出身店と聞こうかと思いましたが、後客が多く、また機会があれば。

クリックすると拡大します

 さて、たまの金曜日。
 最近は自宅で熱燗を付けることを覚えたので、すっかり飲みに行かなくなってしまいましたが。
 新小岩からなら遠くないので、きっちりと寝て、向かいますか。

クリックすると拡大します

 ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)。
 『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 遅い時間に伺うことが多いのですが、今夜は比較的早めに伺いました。

クリックすると拡大します

 1席だけ空いていたカウンター席に案内され、いつもようにナンコツ、レバーを一人前ずつ、そしてレモンサワー。
 自宅でも、職場でも、飲み会でも、私の周りには常に人がいて、1人でゆっくり自身を見つめ直す時間が中々とれない。
 そんな中でも1人にしてくれる貴重なお店、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 ナンコツとは豚ナンコツのことであり、喉の骨を輪切りした部位、骨の固さや肉付きは個体毎に異なります。
 レバーも個体や管理によって色艶が違い、色々な焼き方を試して味を覚えられます。
 美味しいだけの肉を食べたければ、それなりのお店でそれなりのお金を払えばいいのですが、色々と試すのは難しい。

クリックすると拡大します

 牛タン、タンは塩焼きにレモン汁が定番ですが、塩の量やレモン汁を付けるタイミングをあれこれ試行錯誤したい。
 あれこれ試すからには失敗もあるけど、失敗がなければ成功もない。
 合わせた焼酎は鹿児島の芋焼酎、ロックとチャイサーで二杯、美味しくいただきました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記