2018年02月03日

節分

/桜咲き始め/湘南豚骨ラーメン兎や@秦野市南矢名にて豚骨醤油ラーメン/恵方巻き/

クリックすると拡大します

 下の子が昨日から都内のホテルに泊まって試験に臨んでいて不在、朝はこれでもかと言うほど寝坊しました。
 その後、先週にスタンドが壊れてしまってエンジンは掛かるけど停めるが非常に不安になってしまったバイク、一週間の熟考を経て、買い換えを決意しました。
 バイクと言っても原付なので、近場のバイクショップに出向いて、型落ちで安くなっているのを契約して。
 書類手続きなどで納車は一週間後、今から来週の土曜日が楽しみです。

クリックすると拡大します

 その後、女房をドックランに送ってきて、待ち時間を利用して市内に新規開店のラーメン店へ。
 2018/2/1にオープンした湘南豚骨ラーメン兎や@秦野市南矢名、居酒屋などを数軒展開するTX@平塚市紅谷町(ホームページ)が経営する月の酒宴うさぎ東海大学前店のリニューアル。
 営業時間は中休み無しの11:00から翌5:00、駐車場は無く、バイクを店先に停めるのも厳しい立地です。
 飲食店経営のズブの素人の私には、「ほんとに、ここで?」と思ってしまう立地です。

クリックすると拡大します

 店内に入ると左手の券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨醤油ラーメン650円と自家製もつ煮カレー500円の2種類、セットだと1,150円が950円。
 大盛り設定はなくて替え玉対応ですので、細麺なのかなと想像します。
 トッピングは味玉、チャーシュー、メンマ、のり、玉ねぎみじん。ライスと中瓶ビール。

クリックすると拡大します

 振り向くと、壁向きカウンター6席、反対側には4人掛けテーブルが2卓、一段上ったボックスには6人掛けと4人掛けテーブル。
 カウンター席に座って食券を店員さんに渡すと、麺の茹で加減を聞かれましたので、普通でお願いしました。
 卓上にはおろしニンニク、ラーメンたれ、白胡麻、ブラックペッパー、粗挽きトウガラシ。

クリックすると拡大します

 程なくして豚骨醤油ラーメン650円
 長時間煮だした豚骨白湯スープに醤油ダレ合わせ、雑味や苦味がわずかに残りつつも、背脂や化調を殆ど使わず、魚粉を多めに使って臭いを抑えた味わい。
 先ずはこの味からスタート、これからどんどん美味しくなっていくのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 スープとも麺ともよく絡む細麺は食べ慣れた美味しさで、開店告知のポップには「自家製麺」とありますが、麻生製麺だと思います。
 スープとの相性はスープ自体の完成度が上がるにつれて、上がっていくのではないでしょうか。
 トッピングは板海苔一枚、半身の味玉、刻みタマネギ、小切りされた穂先メンマ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、女房を向かいに行き、世情に疎い私は、付き合ったスーパーの買い物で恵方巻きを見てびっくり。
 恵方巻きはいつの頃から太巻きに変わり、具材はマグロを使って一本1,000円超え。
 と言うことで、自宅のディナーはラーメンより高い太巻きとカットサラダ、女房と2人で恵方を向いて黙々と食べる、と。

クリックすると拡大します

 どこででも見かける家庭の風景に溶け込んでしまいました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記