2018年02月08日

阿佐ヶ谷で二軒

/通院/らーめん いろはや@阿佐ヶ谷にてらーめん/横浜家系ラーメン志田家@阿佐ヶ谷にてラーメン並/

クリックすると拡大します

 月に一度の通院、気が長いと言うか一生付き合っていくみたいな病気ではあるけれど。
 すぐに終われば仕事にも行けますが、検査が長引いたり、病院が混んでいたりするとそういう訳にもいかない。
 今日もそれなりに掛かって、やっと終了。

クリックすると拡大します

 阿佐ヶ谷駅から徒歩15分、2016/4/5にオープンしたらーめん いろはや@阿佐ヶ谷(杉並区阿佐ヶ谷北)へ。
 支那そばや、春木屋郡山店などの有名店で修業され、鳥居式らーめん塾を卒業しての独立。
 この辺りの徒歩圏内飲食店の中でほんの僅かに美味しければ、商売は成り立つのでしょう。
 ※実際は、わざわざ食べに行くほど美味しい。

クリックすると拡大します

 引き戸を開けて店内へ、右手の券売機で食券を買います。
 メニューはらーめん680円、つけめん730円、みそらーめん780円、いずれも大盛同額です。
 トッピングは味玉50円、青菜50円、のり50円、メンマ50円、刻みねぎ50円。チャーシューはらーめんにのみ200円。
 ごはん70円、瓶ビール500円。

クリックすると拡大します

 厨房に面したカウンターが5席、壁向きが3席、厨房に面したカウンター席に座り、買った食券をカウンター台に置きます。
 先客3人、後客3人と常にお客さんが店内にいて、すっかり地に足のついた営業をされている印象です。
 卓上には白胡椒のみ、お冷やを自身で注ぎ、目の前に流れるような所作を眺めながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてらーめん680円
 修業先でのスキルをいかんなく発揮した浮いた脂さえ綺麗に見える透明なスープ、豚ガラと鶏ガラに昆布出汁でしょうか、美味しいですねぇ。
 醤油ダレがドンピシャなのですが、味噌だけではなく塩ダレでも味わってみたいのは食べ手の我儘でしょうか。

クリックすると拡大します

 平ざるで湯切りされた自家製麺の丸中太麺はスープとの相性抜群、自家製麺がどう、製麺所の麺がどう、ではなく、店主さんは自家製麺しか知らないのでしょう。
 トッピングは大きなバラ巻チャーシューが二枚、業務用と思われるメンマが数本、板海苔に薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 都内トップクラスと言うか、特出したスープでコアなファンが付いていた桂家が2017/10/8に閉店してしまいました。
 その桂家で働いていた2人のウチの1人が店主となって2018/2/2にオープンした横浜家系ラーメン志田家@阿佐ヶ谷(杉並区阿佐ヶ谷北)
 駅からちょっと歩くのは桂家譲りなのかな。

クリックすると拡大します

 店先には志田家のラーメンの説明として「ゲンコツ40s、ロース80s、鶏ガラ20s」とありますが、随分少ない印象です。
 翌1時までひっきりなしにお客さんが来たらとても足りないと思われますが、ツイッターを見ると23時くらいで麺切れ終了しているみたいです。
 ちなみに、酒井製麺の中太麺は直系店以外でも使えますが、(吉村家が配合を決めた)直系店専用麺は直系店にしか卸していないと聞いたことがあります。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、古き良き家系ラーメン店を彷彿させる白ねじりハチマキ、白シャツ、白ズボン、白長ぐつに威勢の良い掛け声。
 右手を振り返って券売機へ、メニューはラーメンのみ。麺量は並、中、大。
 トッピングはチャーシュー、のり、味玉、キャベツ、ネギ、ほうれん草、キャベチャー。
 餃子と生ビールとハイボール。ライスは100円で食べ放題。

クリックすると拡大します

 食券を買ってカウンター台に置くと、お好みを聞かれましたので、柔らかめでと伝えます。
 カウンターは窓側に5席、奥に6席の11席。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、おろし生姜、醤油、辣油、酢、白胡麻、ブラックペッパー。
 厨房を見ると羽釜風のどデカイ寸胴でスープを炊いていて、横浜の老舗家系ラーメン店を彷彿させるオペレーション、多数。

クリックすると拡大します

 たっぷりと待ってラーメン並680円、うーん、丼の向きがががっ(泣)
 トロリとした豚骨スープ、殆ど感じない鶏油、醤油タレがビシッと決まって、開店して1週間のスープの味とは到底思えないほど美味しい。
 しかしして何かを再現(模倣)しようとしてしきれていない感じが、漂ってきます。
 これまでのことはもちろん大切ですけど、これからのことを考えて自身で旨いと思う味を極めていくことも大切なんじゃないでしょうか。

クリックすると拡大します

 柔らかめでお願いした酒井製麺の短尺平打中太麺、この世ので一番美味しい麺、あと一歩、いや半歩。
 肩ロースチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、薬味ネギは先入れ式。
 海苔を食べながらご飯を頼まなかったことを思い出しましたが、今日のところはいいか。

クリックすると拡大します

 さて、家系ラーメンですから味変は必須、さて、どれにするかな。
 本来なら有り得ないおろしニンニク、そして豆板醤にするか。
 さっと全体に馴染ませて、さらに美味しくして頂きました。

クリックすると拡大します

 丼の中だけでなく外にも「桂家」を見つける事は出来ませんでした。
 しかしして、全体的には十分なパフォーマンスを持っていますので、これからまだまだ美味しくなるでしょう。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 せっかく阿佐ヶ谷に来たのでとは思いましたが、このまま帰ることにしました。
 地元に戻ってきて、百均でちょっと買い物をして、帰宅。
 途中、梅が咲き出していて、もう春はすぐそこだな。
posted by ふらわ at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記