2018年02月12日

過去の家系と未来の家系

/らーめんよし坊@茅ヶ崎市円蔵にてあっさりしおらーめん/横浜家系ラーメン源絆家厚木本店にて醤油豚骨並/

クリックすると拡大します

 昨夜はついついアマゾンプライムビデオを見てしまい、朝早起きしてからブログを更新するという体たらく。
 その日のことはその日のうちに、とは思っているけれど、中々思うに任せられない。
 誰のためでもない、自分のためだから、のんびりやりますよ。

クリックすると拡大します

 びゅーんとバイクを飛ばして、らーめんよし坊@茅ヶ崎市円蔵へ。
 メニューコンプするまでは月一で伺いたいのですが、これがまた、言うほど簡単ではありません。
 クルマだと停めるところを探さないとなりません(店舗専用が2台分ありますけど)、今日はバイクなので、店先に停めます。

クリックすると拡大します

 店先には営業時間が貼り出されていて、中休み無しの11:30-22:00、定休日は変わっていません。
 通し営業はお店の負担は高くなりますが、食べ手の通いやすさはぐっと高くなります。
 ガラッと戸を引いて店内へ、先客が1人、先ずは右手の券売機へ。

クリックすると拡大します

 メニューに変更はありませんでしたので、予定していたメニューのボタンをポチッとな。
 セルフサービスに変わったお冷、ぐぐっと注いで、席に座ります。
 アイドルタイムに差し掛かったので、店主さんのワンオペになっていました。
 テーブルにはおろしニンニク、練り唐辛子、テーブルコショー、醤油、酢、辣油、白胡麻。

クリックすると拡大します

 少し待ってあっさりしおらーめん680円、お好みは柔らかめ。
 薄い山吹色の熱々の鶏ガラスープ、塩ダレだったらあっさりだと読んでいましたが、アタリの味わい。
 とても家系ラーメン店出身とは思えない出来栄えです。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の中細麺、ノーマルとあっさりでは形状が違う事前情報でしたが、同じに感じました。
 とても美味しいチャーシューは燻製タイプでしょうか、多めの茹でほうれん草、板海苔三枚に半身の味玉。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 何かが間違っているような気がしますが、気がするだけで確認することはできません。
 確認に一歩でも近づきたく、店主さんと話をしたかったのですが、一人、二人と後客が来店されて、タイミングが掴めず。
 また来た時に聞けばいいや、とお店を後にしました。
 天気はいいけど風が寒く、もうしばらくはバイクに辛い季節ですね。

クリックすると拡大します

 何となく行きそびれていた、横浜家系ラーメン源絆家厚木本店@厚木市
 壱六家厚木酒井店(2012/10/17-2016/2/29)跡地に2017/12/1オープン、支店から独立店(壱六家大和店出身)に変わった感じです。
 営業時間は10:00-20:00ですから、未だプレオープンといった位置付けでしょうか。
 東名厚木IC近くには魂心家、丸源、ぎょうてん屋と箱の大きさでも味の系統でも被る店があるので、厳しい戦いを勝ち抜いていくことになるでしょう。

クリックすると拡大します

 店内に入ると2人の男性店員さんから威勢のいい挨拶で迎えられ、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油豚骨、塩豚骨。感覚的には味噌もつけ麺もやりませんという面構えですな。
 トッピングは山盛り野菜、山盛りネギ、チャーシュー、レアチャーシュー、焼きメンマ、のり、味玉、味付けうずら、温泉卵、ほうれん草。粗挽き生にんにく(無料)。
 ご飯もの、餃子、ビール、黒烏龍茶。

クリックすると拡大します

 お好みを伝えながら店員さんに食券を渡し、空いていたカウンター席に座ります。
 厨房を囲むL字カウンターは短い辺の5席は使っておらず、長い辺の10席、テーブルは4人掛け、6人掛け。
 卓上には黒胡椒、ごま、酢、醤油、辣油、豆板醤、おろしニンニク。おろし生姜は用意されていないようです。

クリックすると拡大します

 少し待ってカウンター台越しに渡された醤油豚骨並750円、お好みは柔らかめ。
 少しずつ小さくなる一方の家系ラーメン丼事情の真逆をいく、一回りも二回りも大きな黒光りする丼。
 屋号が隠れるくらい注がれたスープはずっしりと重みを感じる美味しさ、いいですねぇ。
 直系とは違う独自進化した壱系とはいえ、ここまで炊き込みますか。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は長多屋製麺ですけれど、ここまで濃密は味わいの麺は初めてです。
 特注麺だとは思いますが、ここまでスープに絡む麺には、中々お目に掛かれません。
 トッピングのチャーシューは大きくてとても美味しく、板海苔はしなっとしない厚みで、茹でほうれん草は多く、味付けウズラ、そして薬味ネギは後乗せ。
 無料トッピングの粗挽き生にんにくが、スープの味全体を引き上げています。

クリックすると拡大します

 途中で豆板醤で味変、これがまたいい感じです。
 相当なハイレベルに感じましたが、750円にしたとたん、「高い」と言われてしまう。
 そりゃ、安ければ安いほどいいけど、旨いのを継続して提供するにはそれなりのお金はかかるんじゃないかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記