2018年02月15日

健康診断

/麺や金座@人形町にて焼き鰆の中華そば(醤油)/麺屋いし川@人形町にて渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん/

クリックすると拡大します

 年に一度の健康診断、会社で一斉に受診すると素早く終わるけど、一斉で無いと結構面倒。
 どんなに仕事が大切でも、身体あっての仕事、、、とは言いながら、現実は仕事優先のことも多く。
 ま、何とか時間を調整して、健康診断を受診して、打ち合わせの前にラーメンでも。

クリックすると拡大します

 麺や金座@人形町(中央区日本橋人形町)、2018/2/8にプレオープンした後、2/14にグランドオープン。
 店主の上塘さんは(この地で営業していた)麺や航で修業を積み、独立を目指して退職後に鳥居式らーめん塾(説明のサイト)へ入塾されました。
 卒業後に麺彩房の各支店で働いた後、麺や航が亀戸に移転したのを機に、跡地へ出店されました。

クリックすると拡大します

 店先では大成食品のスタッフさんが呼び込みをされていて、誘われるままに券売機へ。
 メニューは焼き鰆の中華そば(醤油、塩)、濃厚鶏白湯らーん、濃厚鶏白湯つけめん。 
 トッピングは味玉、ねぎ、海苔、メンマ、チャーシュー。
 ライス、ご飯、飲み物は生ビール、ハイボール、レモンサワーなど。

クリックすると拡大します

 店内は居抜きでしょうか、右手は壁向きカウンター5席、左手は4人掛けと3人掛けのテーブル、厨房は奥になります。
 カウンター席が空いているにの何故かテーブル席を案内され、断るのも何ですので、案内されるままに座ります。
 おしぼりが出され、卓上には黒胡椒、一味唐辛子、酢。

クリックすると拡大します

 程なくして焼き鰆の中華そば(醤油)800円。麺相は説明が無ければ煮干ラーメンですね。
 焼き鰆は鰆を使っているわけでは無く、鰆の幼魚のサゴシを煮干しにして、出汁を取っていると説明があります。
 片口鰯や平子、アゴなどより遙かに美味しい出汁スープ、合わせる醤油ダレがスープに深みと広さを与えてくれます。

クリックすると拡大します

 極細麺は(鳥居塾だけに)大成食品、ここまで美味しいスープであっても、この麺はきっちりと合わせてきています。
 トッピングは豚バラチャーシュー、鶏チャーシュー、穂先(風)メンマ、スライス玉ねぎ、紫タマネギ、カイワレ大根、板海苔。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって店主さんにご挨拶させて頂き、店を出て大成食品のスタッフさんとしばし、立ち話。
 大成食品の直営店である麺彩房は一通り行っているつもりでしたが、上海麺館には行っていませんでした。
 ああ失態、近くて遠い中野、どこかでタイミングを見て、食べに行かないと。

クリックすると拡大します

 打ち合わせに向かう途中で新店を見つけ、営業時間を聞くと、打ち合わせを終えて戻ってきてギリギリ間に合うかどうか。
 というか、先の店は通し営業で、こちらの店は昼営業のみですから、どう考えてもこちらの店を先に訪問するべきでしょう。
 しかしして情弱な私、ネット検索も下手くそで、この店のオープン(と営業時間)を全く知りませんでした。
 いくらダメ人間の私でも、打ち合わせをすっぽかしてラーメンを食べるわけにはいかないので、ダッシュで打ち合わせに向かって、戻ってきましたが。

クリックすると拡大します

 麺屋いし川@人形町(中央区日本橋人形町)、2017/12/10オープン。
 逢縁喜縁(あいえんきえん)@神保町の経営者が変わって麺屋とりくらぶにリニューアル(2017/12/11)し、店員さん総入れ替えになったので、こちらへ出店されました。
 つまり逢縁喜縁の店名変更を伴う移転リニューアル、つまり上野戸みら伊本舗(公式サイト)の系列。

クリックすると拡大します

 店先の右側にある券売機で食券を買います。
 メニューは鶏とんこつらぁめん(白醤油)、鶏とんこつらぁめん(黒醤油)、渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん、魚介鶏とんこつつけ麺。
 トッピングは煮玉子、チャーシュー、極太メンマ、ネギ、岩のり。ご飯ものには玉子かけ御飯もあります。
 飲み物がビール、サワー、日本酒、焼酎など、合わせてつまみも充実しているのが上野戸みら伊本舗系列の特徴でしょうか。

クリックすると拡大します

 店内に入ると先客1人、店員さんに食券を渡して席に座ります。
 右手の厨房に面したカウンター4席、左手には4人掛けテーブルが2卓、2階は18席あることしか分かりません。
 卓上には一味唐辛子、黒胡椒。お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめん850円。大きな丼をレンゲと共に角盆へ乗せて提供。
 資本系(?)でも店内炊きですので、舌の上を滑るようなとろみのあるスープは豚ガラ、鶏ガラ出汁のブレンド。
 蟹味噌がタレに使われていて、食べ終わった後もレンゲでスープを飲んでしまうほど美味しい。
 トッピングされている渡り蟹の内子(蟹の卵巣)を全体に溶かして味わうと、さらに美味しい。

クリックすると拡大します

 細麺は丸山製麺の玉子麺、上野戸みら伊本舗の系列店は基本、丸山製麺ですが、このスープにはちょっと合わない印象です。
 トッピングは珍しくスープに沈めてあり、大きめの柔らかいバラチャーシュー、材木メンマ。青梗菜は乗せてありました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 この辺りには沢山のラーメン屋さんがあって、どのお店でも食べてみたいんだけど、時間とお金とやる気が足りない。
 それでもこうして、タイミングを見つけて食べに来れば、いつか全店で食べられるんじゃ無いかと。
 いや、難しいかな。
posted by ふらわ at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記