2018年02月25日

宗玄新酒の会

/蕗の薹/器楽亭にて宗玄新酒会2018/煮干し中華そば麺屋銀星海美風(ぎんぼしうみかぜ)@海老名ビナウォークにて濃厚煮干しつけ麺/

クリックすると拡大します

 本当のことは分からないけど、ウチの猫の額ほどの庭に芽を出す蕗の薹は、2週間ほどが旬です。
 つまり土日三回目で、もう食べられなくなってしまいます。
 逆に三回は食べられるので、後で女房に蕗味噌を作ってもらおっと。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べる用事でしか降りたことの無い久我山、南口に出て真東に数分歩いて行くと、「いったい何屋?」の店構え。
 独学の店主さんが腕を振るう器楽亭、初訪問ですが調べてみると「予約三ヶ月待ち」とのこと。
 こんなことでも訪問する機会すらない宗玄新酒会2018、お声掛け頂き、ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 もちろん満席、集合時間前には全員集合、みんな日本酒が好きなんだなぁ。
 ウェルカムドリンクは濁りの上澄み、、そんなウェルカムドリンクは初めてですけど、まさにウェルカム。
 全員に行き渡ったところで幹事さんの御発声で、乾杯。

クリックすると拡大します

 今日は1杯目から11杯目まで宗玄なので、仕込水ももちろん宗玄。
 日本酒の蔵元は日本酒の販売免許しか持っていないことが殆どで、仕込水は非売品、言い方を変えれば無料。
 しかしして水道水やミネラルウォーターのような殺菌をしていないこともあって、独特の味がします。

クリックすると拡大します

 お店の料理の前に、軽くつまめるエイヒレとタラ。
 驚きの美味しさで日本酒に合うのを何故かと問えば、宗玄に漬け込んでから炙ってあるとのこと。
 えー、そんなのがあるのか。

クリックすると拡大します

 一品目は茶碗蒸し、浮かんだ梅肉の酸味が玉子の甘味にぐっさりと刺さります。
 茶碗は九谷焼、これは店主の奥様が石川県の出身であることに由来します。
 料理も器まで楽しめるようになれば1人前、、、でしょうけど、私は「あー、模様がみんな違う」としか分かりませんでした。

クリックすると拡大します

 続けて瓢箪皿に盛り付けられた鰯の押し寿司、そら豆、菜の花、筋子の粕漬け、土佐文旦(トサブンタン)。
 どの一品も人肌の温かさで、お酒をぐいぐいとお代わりしてしまう美味しさ。
 というか、この手の盛り合わせは、予め仕込んでおいて冷やされていることが多いのですが、なぜ、冷たくないのだろうか。

クリックすると拡大します

 どの料理も「予約三ヶ月待ちは当然だな」と思わせる見せ方、味わいですが、このそうめんには参りました。
 なんと白子に浸したそうめん、軽く出汁を引いているようで、店員さんに聞くと「愛情が入っています」と。
 料理は発想なのかも知れませんが、発想したからと言って形に出来るとは限らないと思う。

クリックすると拡大します

 粕漬けのお吸い物、容器は山中漆器(ホームページ)、料理も器まで楽しめるようになれば(以下同文
 粕は粕でも宗玄の大吟醸の酒粕、日本酒を飲みながらお吸い物を味わう、贅沢だなぁ。
 しかし何か温かい料理が多いなぁ、、、寒い日だからか、とハッと気が付く、気が付くのが遅いよ。

クリックすると拡大します

 マグロのアボカドの山かけ、日本料理には混ぜて食べる料理が無いワケでは無いけど、会席料理で混ぜる料理は聞いたことがありません。
 それをマグロとアボカドで、当たり前ですがマグロが冷たいなんて事は無く、もちろん日本酒には合うしか無く。
 ここまででかなり飲んでるなぁ、一歩も引けないけど。

クリックすると拡大します

 天ぷらとしてタラの芽、椎茸の海老しんじょ揚げ。
 塩がどうの、天つゆがこうの、なんてのは全くなくて、そのまま食べます、全員が黙る美味しさ。
 いやいや、こんなに美味しい天ぷらは久し振りに食べたよ。

クリックすると拡大します

 友達の酒好きが何度も所望していた軍艦島、いわゆる辛口の晩酌酒。
 初めて飲みましたが、恐ろしくすっきりしてグイグイ飲めるやつ。
 これも宗玄なんだなぁ、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 で、居酒屋ですから肉料理、牛肉サンドイッチ(料理名は推測)。
 ヒレとかローストかミスジとか、そういうことでは無く、何の説明もせずに「どうぞ」と。
 これがまた全員が黙る一品、かなり飲んでいるので味はかなり曖昧。

クリックすると拡大します

 〆に炊き込みご飯、お味噌汁。
 ご飯はお代わりが出来ると言うことで、遠慮無くお代わりしました。
 いやいや、たっぷり飲んで、たっぷり食べて、たっぷりお喋りして、素晴らしい会でした。

クリックすると拡大します

 飲んだお酒を一覧で。
 にごり酒、しぼりたて生原酒、初しぼり、八反錦無ろ過生原酒、山田錦無ろ過生原酒、石川門無ろ過生原酒、見附島、随道蔵貯蔵純米酒、特別純米酒 純酔無垢、純米大吟醸酒「玄心」、斗瓶囲い純米大吟醸酒
 何はなくとも人の縁に感謝して止みません。

クリックすると拡大します

 海老名まで戻ってきて早めの夕飯を食べようと、ビナウォークらーめん処、ながた跡地に2/16オープンした煮干し中華そば麺屋銀星海美風(ぎんぼしうみかぜ)@海老名ビナウォーク
 麺屋武一出身である麺屋銀星高円寺の、池袋に続く支店。
 「銀星池袋店」ではなく「銀星池袋」であり、「銀星海老名店」ではなく「銀星海美風」。
 海美風の由来、意味は確認を忘れました。誰か知らないかなぁ。

クリックすると拡大します

 店先の立て看板をちらっと眺めて店内へ、行く手を阻むように券売機が設置されているので、先に食券を買います。
 メニューは濃厚煮干し中華そば、煮干し中華そば、しじみらーめん、濃厚煮干しつけ麺。麺匠くり原@本厚木と同一ですね。
 サイドメニューや飲み物は、こちらの方がずっと多く揃っています。

クリックすると拡大します

 お好きな席を、と案内されたのでテーブル席へ。
 カウンター席は厨房向きに4席、壁向きに3席、向かい合わせの5席、テーブルは4人掛けが3席、合計29席。
 卓上には自家製煮干し油、煮干し粉、自家製辛味、果実酢、ブラックペッパー。おろしニンニクは声を掛けて保冷庫から出してもらいます。
 先客数人ですが、その後もぽつりぽつりとお客さんが入ってきます。

クリックすると拡大します

 少し待って濃厚煮干しつけ麺800円
 鶏白湯スープで溶いた煮干し出汁のつけ汁、十分想定内の味わいですが、逆を返せば辿り着いた安定した味。
 ラヲタには到底受け入れられない食べ飽きた味に感じますが、たまにはラーメンでも、のお客さんには十分に訴求できます。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は、食べた感じではテイクユー系の宝産業、難しくこねくり回さずに食べやすさ優先です。
 トッピングはバラ肉チャーシュー、穂先メンマ、板海苔、薬味ネギ。
 ラーメンだと調味料で味変を楽しめますが、つけ麺だとそこまでは必要ない気がします。

クリックすると拡大します

 スープ割りも用意されていますが、今日の所はそのまま飲んでみました。
 温度低下を気にしなければ十分に美味しいです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記