2018年03月31日

厚木で二軒

/ラーメンまこと屋厚木山際店にて牛じゃんラーメン、チャーハン/ラーメンショップ129厚木関口店にてネギラーメン/

クリックすると拡大します

 特に用事のない土曜日は、惰眠を貪ることにしています。
 都内に気になるラーメン店もあるので、出かけて行って食べてきたい気持ちもありますけれども。
 お味噌汁を作ってご飯を食べ、溜めてしまったブログをアップしていたら、すっかり遅くなってしまいました。

クリックすると拡大します

 自宅からバイクを飛ばして1時間ほど、国道126号線沿いの汁力(閉店)と山岡家の中間、ラーメンまこと屋厚木山際店(厚木市山際256番)ホームページ)。
 3/26オープン、大阪、兵庫、京都で30店弱を店舗展開する一大チェーン店、海外にも進出されていて、今回が関東初進出となります。
 店先に専用駐車場が26台分、常時半分以上が埋まっていて、注目の度合いが伺えます。
 満席ですのでウェイティングシートに名前を書いて、店先に立て掛けられているメニューを見ながら名前を呼ばれるのを待ちます。

クリックすると拡大します

 メニューは牛じゃんラーメン、鶏じゃんラーメン、背脂醤油ラーメン。1日20杯限定のつけ麺。
 麺の茹で加減は「バリ固」「固め」「普通」「やわらかめ」から選べ、牛じゃんラーメンは背脂の量をこってり味、並味、あっさり味から選べます。
 替玉は牛じゃん用の細麺、鶏じゃん用の玉子麺から選べます。期限は不明ですが、替え玉1玉無料サービス中でした。
 サイドメニューは餃子、若鶏の唐揚げ、チャーハン、ご飯もの。

クリックすると拡大します

 少し待って名前を呼ばれて店内へ。
 店舗縦4分の1ほどが厨房で、厨房に面したカウンターが16席、右手と左手に6席のテーブル席が3卓ずつ。
 カウンター席に案内され、いったんは決めてきたメニューを再度確認します。

クリックすると拡大します

 店員さんがお冷やと小鉢に盛った辛子高菜を運んできてくださり、注文します。
 卓上には醤油、お酢、辣油、ラーメンコショー、唐揚げ用スパイス、一味唐からし、白胡麻、ニンニクチップ。紅生姜、生ニンニク。
 お土産として韓国キムチ、辛子高菜が案内されています。

クリックすると拡大します

 自然な動作で小皿に辛子高菜と紅生姜を取り、軽くつまむとビールを無性に渇望しますが、バイクで来ているので無理。
 大阪にはチェーン店に限らず、辛子高菜とかキムチとか食べ放題ののラーメン店(ずんどう屋など)が散見されます。
 カウンター台の隙間から厨房を覗くと、ドでかい圧力釜でスープを炊いています。
 ファサード、店内共に大型ラーメンチェーン店然としていますが、スープを店内炊きし、しっかりした接客と細かい好みに対応されたら、個人店と差は詰まるばかりです。

クリックすると拡大します

 調理されている人が違うのか、ラーメンより先に提供された半チャーハン、黄金半チャーハン定食と命名され、ラーメンに付けると240円。
 この値段でこのポーション、玉子とかネギとか入っているしっとり系、美味しい。
 いつもは途中から黒胡椒を振って楽しむのですが、一気に食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 食べ終わって少ししてから牛じゃんラーメン680円、麺の茹で加減は普通、背脂はあっさり味。
 圧力釜で炊き出したスープの特徴であるシルキーな口当たり、鶏ガラ豚ガラの炊き出しスープにカエシとして牛骨ダシを使っていて、大型チェーン店とは思えないほど美味しいスープ。
 香味油(マー油)の香りもいい感じで、途中から混ぜるといい感じです。
 この味をこの値段で中休み無し年中無休で提供されたら、個人店はますます厳しくなるばかりじゃないですか。

クリックすると拡大します

 関東人の好みに外れた麺を「ご当地の味」として売り出して伸び悩むラーメンチェーン店もありますが、関東人の好みを知り尽くした菅野製麺所の細麺。
 全く違和感なくスープに合っていて、スルスルと食べられます。
 大阪の店舗では未食ですが、大阪は大阪、関東は関東で麺(の味)を変えているのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 麺を1/3ほど残して味変を楽しみます。
 先ずはニンニクチップ、続けて辛子高菜、紅生姜、全体を軽く混ぜて頂くと、これまた美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 会計すると次回以降のサービス券をもらったので、せっかくなので使ってみようと思います。

クリックすると拡大します

 次の店はすぐ近くなのですが、せっかくなので辺りを走り回って桜を愛でるかと。
 バイクなので減速も停車も自由自在で、ちょっと路地裏に入って停めるのが簡単。
 写真を撮る前にしばらく眺めるので、さらにバイクだと便利。

クリックすると拡大します

 先の店から厚木寄りにバイクですぐのラーメンショップ129厚木関口店@厚木市関口へ。
 厚木豚骨マル正(2011/09-)、珀竜家(2016/4/15-2017/3)の跡地へ、2017/6/1にオープンしました。
 前々店から駐車場スペースは変わっていませんが、改めて数えてみると12台分です。
 店内はまんま居抜きでラーショらしいU+L字ロングカウンター26席、先ずは券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 ラーメンがワンコインで安いとか、つけめんが550円でコスパ最高とか、そんなことはラーショ素人の戯言。
 ラーショ好きならばネギラーメン一択、ネギラーメンがあればあとは何も要らない。
 要らないけど一応は説明しておくと、ラーメン、ミソラーメン、つけめん、ミソつけめん。
 トッピングはネギ、岩のり、チャーシュー。ご飯ものにビールなど。

クリックすると拡大します

 ノーゲスの店内、適当に座って店員さんに食券を渡すと、お好みを聞かれます。
 麺の茹で加減、油の量、タレの量、なんだ家系ラーメン店みたいだなと思う人もいるかもですが、家系ラーメン店はラーショの模倣ですから。
 営業時間は朝ラー対応、火曜日は7時からですが、水〜日は6時開店。冬ならまだ陽が出ていないんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 卓上には今も昔も椿食堂の生ニンニクとらあじゃんのボトルがドンと置かれています。
 他にはブラックペッパー、酢、七味唐辛子。
 厨房はワンオペですが、途中から奥さんと思われる方が控え室から出てきて洗い物をされていました。
 はイイとして、麺茹ではテボなんだ、、、時代は変わっていきますね。

クリックすると拡大します

 程なくしてネギラーメン700円、好みは普通でお願いしました。
 シャバい豚骨醤油スープこそ安定したラーショクオリティ、うんめぇな。
 この味は出そうと思って出せる味じゃない。最高じゃん。
 店舗によって、時間帯(調理人)によって微妙に異なる味わいのスープ、違うからこそラーショであり、毎日通っても毎回違う味を楽しめます。

クリックすると拡大します

 ぬめりとした麺肌の細麺がスープに思いっきり絡んでいて、ずずっと美味しく食べられます。
 ネギラーメンのネギラーメンとしてのネギトッピング、チャーシューの細切りと太めの白髪ネギを胡麻油で和えてあり、豚骨醤油スープにベストマッチ。最高ですなぁ。
 板海苔、わかめ、浮いた背脂もいい感じです。

クリックすると拡大します

 途中から生ニンニクとらあじゃんをドボンと入れて味変、ああ、椅子から転げ落ちそうです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰る頃にはお客さんが多く見えていて、こんな時間から夕飯の人もいるんだなぁと。

クリックすると拡大します

 あと一時間待てば夕日に映える桜が撮れるかもしれないけど、今日のところはこの辺で。
 早めに帰って、アマゾンプライムビデオでブレードランナーを観る。
 長いな、しかも一回では良く分からないほど難解。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月30日

三年ぶりのつけ麺乱打

/ゆで太郎代々木東口店にて中華そば、生卵、コロッケ/ラーメン大至@御茶ノ水にて納豆つけ麺、チーズフォンデュつけ麺/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ここのところ、大嫌いな仕事に抱きつかれて、とんとご無沙汰していたゆで太郎。
 随分と間を空けてしまって、食券を買うシステムには身体が自然と反応したけど、注文を間違えてしまった^^;

クリックすると拡大します

 中華そば390円、生卵70円、クーポンコロッケ
 一般的なラーメン店ではあまり見かけないトッピングである、生卵、コロッケを乗せてみました。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は今日もお弁当。
 朝早起きしておかずを調理するなんてことは当然やっていなくて、夕飯の残りおかずを詰めるだけです。
 けれどもそれで一食分が浮くので、厳しいお小遣いが助かりますね。

クリックすると拡大します

 仕事を終えて、一路向かった御茶ノ水駅、駅から5分ほど歩いてラーメン大至@御茶ノ水(文京区湯島)
 大至の春の名物であるつけ麺乱打が3年ぶりに復活と聞いて、いてもたってもいられません。
 店内に入り、左手の券売機を見ると「夜は自席にて」と札が掛かっていて、ああ、そんなことも忘れてしまったのか、と。

クリックすると拡大します

 向かい合わせのカウンター、右手が6席、左手が7席、左手の方が空いていたので、空いている席に座ります。
 「ふらわさん、お久しぶりです」とご挨拶いただき、「ご無沙汰してしまいました、が、乱打は外せませんから」と挨拶しました。
 というか、店主さん自ら接客に回らないほどの人手不足、何とか頑張ってください。

クリックすると拡大します

 『春の限定細つけ麺乱打』、3/19から6月まで、4ヶ月に渡って10種類のつけ麺をほぼ並行して販売されます。
 2食ずつ食べられるように上手く日程を調整すれば5回の訪問でコンプですが、さて、どうなることやら。
 毎年(毎回)販売されるメニューは改良され、新しいメニューも加わって、楽しみな4ヶ月です。

クリックすると拡大します

 先ずはビール450円にミニサラダで、今夜は大至で一人お疲れ様会。
 ビールはアサヒ生ビール(通称マルエフ)、「拘って」という表現は嫌いなので(元来、悪い意味に使われていた)、店主さんが好きなビールを提供されています。
 麺類は麺少なめとすることで50円引きかミニサラダになるので、二杯目のつけ麺を麺少なめにして、言わなくてもビールのアテとして先に出して下さいます。

クリックすると拡大します

 一杯目は納豆つけ麺750円
 細かい食材の説明はポップを読んでいただくとして、納豆を玉子と共に泡立てて麺に乗せ、さっと青海苔を引き、そっと辛子を添えるところが大至流。
 つけ汁に浸けなくても、そのまま食べても美味しそうな細麺、もちろん浅草開化楼製麺。

クリックすると拡大します

 醤油ダレのつけ汁はあっさりした口当たり、納豆を絡ませた麺を浸けたら納豆が落ちてしまいそうになるので、さっとくぐらせてさっと食べる。旨いわぁ
 一口目はそのまま、二口目は青海苔を絡ませて、三口目は辛子を乗せて。どれも旨いわぁ。
 あっという間に食べ終わったあたりで、「(二杯目を)お作りしましょうか」と店主さんからお声がけいただき、快諾しました。

クリックすると拡大します

 二杯目はチーズフォンデュつけ麺880円、麺少なめ
 細かい食材の説明はポップを読んでいただくとして、チーズスープは麺に合わせてあるだろうから、付け合わせのソーセージ、ブロッコリー、カリフラワーとの相性はどうかなと、先ずはソーセージから浸けて食べてみる。
 トロミも塩味もしっかりと合っているじゃないか、一瞬でも疑った自分を恥ずかしく思います。

クリックすると拡大します

 少なめでお願いした細麺、チーズフォンデュのようにじっくりとつけ汁に浸して、持ち上げて食べます。旨いなぁ。
 麺と付け合わせを交互に食べようと麺量を調整したつもりでしたが、麺があっという間に終わってしまいました。
 美味しいんだもの、自然の流れというものです。

クリックすると拡大します

 最後にブロッコリーを食べ、残ったスープにクルトンを浮かせて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わる頃、満席の店内待ちをしている席のあたりから、店内に響き渡る声で名前を呼ばれているような気がする(汗)

クリックすると拡大します

 その後、地元まで戻ってきて、ふと思い立って立ち寄ったホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 スッゴイ混んでいる日と、ガラガラで貸切な日の差が激しいのですが、ガラッと開けたら満席で席がない。
 何とか詰めて一席作ってもらいましたが、私以降のお客さんは入店を断れるほどの繁盛。

クリックすると拡大します

 地元にもこんな店があって、嬉しいです。
 ナンコツ2人前が定番ですが、今日は金曜日なのでレバーとナンコツ、それぞれ一人前をお願いします。
 レモンサワーで一人乾杯しながら、七輪でホルモンを焼き上げます。

クリックすると拡大します

 多くの人に囲まれて支えられている人生であっても、一人、炭火で肉を焼く時間は何物にも代え難い。
 その後、芋焼酎をロックで二杯お代わりして、退店。
 最近のトレンドは、バスがあるうちにバスで帰る。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月29日

夜桜

/中華そば 笑歩@綱島にて中華そば/RAMEN FACTORY TORISETSU(ラーメン ファクトリー トリセツ)@新百合ケ丘にて柚子香る鶏醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 身体の疲れは寝れば回復するけど、心の疲れを回復させるには時間が掛かる。
 まあ、ガチャガチャ言っていないで、さっさと仕事しろということではあるけれど。
 諸行無常とは響いたり響かなかったりするのだろうか。

クリックすると拡大します

 東急東横線綱島駅は自宅からも職場からもワンホップどころかツーホップでも行かれない駅で、さらに駅から歩くこと10分ほど。
 中華そば 笑歩@綱島(横浜市港北区綱島西)、2018/2/1オープン、店主さんは多賀野出身。
 可愛らしい女将さんが「いらっしゃいませ」「こちらへどうぞ」「お待たせしています」「お待たせしました」「ごゆっくりどうぞ」「七味、胡椒をお好みでどうぞ」「つけ麺のスープは温めなおします」「ありがとうございました」「また来てくださいね」と店内のBGMが要らないんじゃないかと思うほど、声を掛けてくる店。
 あまりにも接客が良くて、ラーメンの味はよく覚えていません、、、嘘です。

クリックすると拡大します

 12時20分前で満席、その後続々と来店されて常時満席をキープ。※ちなみに、対面の空月は店外待ち数人。
 店内に入るとすぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば、つけ麺の醤油味のみ。デフォ増しのトッピング、ライス、ビール。
 券売機のボタンはその殆どが空いていて、静かな船出、といった趣です。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンター8席、椅子に背もたれが付いていて、脚はゴム底になっていて、細かいようですけど、良い店というのは細かいことを積み重ねた先にしかないことを店主さんはご存知のようです。
 卓上には粟國の塩、ブラックペッパー(シルバー)、七味唐辛子。
 先に入ったお客さんを覚えていたので、そのお客さんにすぐ続いて出来上がってくると思ったら5分以上の間が空きました。
 茹で湯を替えていたのでしょうか。

クリックすると拡大します

 カウンター台越しに提供された中華そば730円、ずっと前からそっとそこに佇んでいたかのような、何ともクラシカルな麺相。
 比内地鶏の丸鶏をメインに出汁をとったと感じられる醤油スープ、すーっと身体に染み込んでいきます。久し振りだなぁ、この感覚。
 「シンプルで飽きのこない味」と称されることが多そうですが、一つの味とした感じられませんが実際には数えきれないほど多くの食材の味を組み合わせてあって、重ねきれないほどの修業の先に行きついた味わい。
 しかしして、この味はゴールでも目標でもなく、スタートであり通過点でしかないのだろう。

クリックすると拡大します

 自家製麺の細麺は「未だ完成に至らず」と店主さんが首を垂れている姿が透けて見えますが、スープによく合っていてとても美味しい。
 トッピングはチャーシュー2枚、メンマ5本、板海苔と、「この値段でこのトッピングはコスパ最高」とネットから声が聞こえてくるようです。
 途中、七味唐辛子を試して見ると、柚子の香りが漂ってきて、味変というより香り変ですね。

クリックすると拡大します

 ブラックペッパーもいい感じ、なんだけど、初めから使うのは勿体無いし、途中から使うのでは足りないし。難しいなぁ。
 というか、この「シルバー」って何だろう。たまに見かけるので調べたけど分からず。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 桜、満開ですね。
 わざわざ名所に見に行っても、見物人を見るだけになってしまうので、こうして人知れず咲いている桜を愛でるだけで十分。
 花見もすっかりやらなくなったなぁ。
 この時期に外で飲むのはもの凄く寒いし、「桜を見る」はまるっきり口実だしな。

クリックすると拡大します

 前回来たときはビル全館が休館していて振られ、4ヶ月位ぶりになってしまった、RAMEN FACTORY TORISETSU(ラーメン ファクトリー トリセツ)@新百合ケ丘(川崎市麻生区)
 塩鶏白湯と醤油鶏清湯、全く異なるメニューが提供されているので、どちらか片方しか食べないのは、ラーメンの紹介ではなくお店の紹介になるんじゃないかな。
 ということで、ラーメンの紹介をしたくて二杯目を食べに来ました。
 前回と間が空き過ぎているので、どちらが美味しいか、どちらの提供が早いのか、の判断はできません。

クリックすると拡大します

 21時過ぎの到着、店先に立て掛けられたメニューを見ると開店当初と何も変わっていない様子。
 カーテンのような暖簾をくぐって入店、特に声を掛けられませんでしたが、空いている席に適当に座りました。
 俺って影の薄いんだなぁ、と気にせずにメニューを眺めていると店員さんが御茶の入ったボトルを持ってきてくださったので、その場で注文しました。
 男性店員さん2人、女性店員さん1人。麺上げの店員さんは麺が傷つくほどテボを振っていました。

クリックすると拡大します

 先ずはスーパードライ480円、少し待って鶏餃子3個200円
 『自慢の鶏スープを餡に混ぜ込んだ自家製鶏餃子 隠し味に味噌を使用していますのでタレなしでも美味しく召し上がれます 大分産の粗い柚子胡椒を添えてますのでお好みでどうぞ』
 やや厚手の皮がカリッと焼き上げられた餃子、自流に則り、辣油と醤油を混ぜたタレを掛けて美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 続けて柚子香る鶏醤油ラーメン880円
 白い鶏白湯の丼はライトグレー、焦げ茶の鶏清湯の丼はオフホワイト。
 さつま若軍鶏をメインに炊き出したスープ、挽肉や香味野菜で味を調整されていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 鶏白湯スープは中太麺でしたが、こちらは極細麺。
 経営母体が某0ダ9系列なので、Hそばの製麺所製かと思っていましたが、食べてみたら浅草開化楼製麺です。
 トッピングは全て詳細に説明があり、低温調理の胸チャーシュー、燻製ぼんじり、ヤゲンナンコツのコンフィ、竹の子のマリネ、焼き葱、ベニーナ、ブロッコリースプラウト、自家製季節野菜のピクルス。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 自宅近郊に、桜が咲いているので、夜桜を撮ってみました。
 以前は長い時間撮影していましたが、今は昔、ただでさえ怪しいオヤジなんだから、道端で三脚とか立てていたら通報されかねません。
 ささっと撮影して、撤収。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記