2018年03月28日

練馬で二軒

/麺処こみね@練馬にて真鯛淡麗そば、鯛雑炊用鯛めし(小)/麺匠真しま@練馬にて中華そば(塩)/

クリックすると拡大します

 自身の飲食を記録しているだけのブログではありませんが、だからと言っても仕事の愚痴とか、家族の愚痴を記録するのもどうかと思いますし。
 とは言うものの、ラーメンブログではないのでラーメン(ラーメン店)だけ紹介するのは本末転倒。
 人間万事塞翁が馬、人間(じんかん)を人間(にんげん)と読み替える事がすなわち、人間万事塞翁が馬。

クリックすると拡大します

 前回振られたのでリカバリは早めにと、都営地下鉄大江戸線練馬駅A1出口から地上に出て、小走りに向かう麺処こみね@練馬(練馬区豊玉北)
 2018/2/28オープン、店名は小嶺店主さんから。
 営業時間は平日11:00-16:00 18:00-25:00、日祝 11:00-22:00ですが、開店直後は夜営業をされていなかったよう(あくまでも推測)で、慌てて伺って振られた間抜けは私です。

クリックすると拡大します

 店先の写真付きメニューで大まかに食べる料理を絞り込み、店内に入ってすぐ左手の券売機で食券を買います。
 メニューは真鯛濃厚そば、真鯛淡麗そば、真鯛まぜそば、真鯛つけそば。既に限定メニューを販売されていて真鯛トマト麺。
 サイドメニューはご飯物に鯛めし雑炊の大小、トッピング(味玉・チャーシュー)にビール。
 事前情報無しに訪問したら、券売機左上だし、20円しか高くないし、「濃厚」だから鯛出汁が多めに使われているだろうと、真鯛濃厚そば一択でしょう。

クリックすると拡大します

 私だったら間違いなく、そうする。
 事前情報をまとめると、濃厚は「鯛頭ダシ、鶏白湯スープ、昆布ダシ」、淡麗は「鯛頭ダシ、昆布ダシ、料理酒」のブレンド。
 何を持って濃厚と称するか、淡麗と名乗るかはお店の自由ですし、何を食べるかは食べ手の自由ですよね。

クリックすると拡大します

 店内を見渡すとノーゲス、厨房に面したカウンター4席、左手の壁伝いに2人掛けテーブルが2卓、4人掛けテーブルが1卓、計12席。
 カウンター席に座り、食券を店員さんに渡します。
 店内炊きしているとスペースがあるように思えない狭い厨房、店内には鯛の絵や手ぬぐい、店先にはオブジェもあるけどBGMはヒップホップ。
 卓上にはゆず胡椒、一味唐からし、すりごま。

クリックすると拡大します

 男性店員さん2人、1人が厨房、1人はホール、程なくして真鯛淡麗そば750円
 鯛だしラーメンの殆どが(全部ではないけれど)、麺が見えないほどトッピングが乗っていて、ご多分に漏れていない麺相です。
 先ず鯛のアラ出汁の美味しさ、続けて昆布や鰹節の美味しさ。ここまでは良いけど、ここまでしかない厚みのない味に感じます。
 しかしして開店1ヶ月ですから、現時点を評価するのではなく、方向性とか伸び代を評価するべきでしょう。

クリックすると拡大します

 大橋製麺の細麺、スープ自体が安定していないのか、相性はまだまだ調整中だと感じます。
 トッピングは炙りチャーシュー、穂先メンマ、岩海苔、水菜、彩り星形なると、柚子皮。
 卓上の調味料で味変を楽しもうかと思いましたが、そうだ鯛めしがあるじゃん、と思いとどまりました。

クリックすると拡大します

 鯛雑炊用鯛めし(小)200円。ランチタイムは無料サービスですが、ディナータイムなので有料。
 ご飯または炊き込みご飯にお茶やだし汁を掛けて食べる料理は「お茶漬け」じゃないかと思いますが、お店が雑炊といえば雑炊。
 刻み海苔、鯛のほぐし身、万ネギが乗せられたご飯に、残ったラーメンスープを掛けて頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先の店とは駅反対側、とでも良いでしょうか、豊島園に向けて急カーブとなる辺りに4軒の飲食店がほぼ同時にオープンして、その右端が麺匠真しま@練馬(練馬区練馬)
 2017/12/15オープン、店主さんは独学とのこと。
 辺りが住宅街になるほどの駅からは徒歩5分の立地、通り掛かるのではなく、ネットや口コミで知って目指してくる店ですね。

クリックすると拡大します

 店先に写真付きメニューが貼りだしてあり、壁側には営業時間も書かれていますが、ツイッターを読むと日曜日は早仕舞いが多そうです。
 店内に入り、左手奥の壁に設置された券売機で食券を買います。
 メニューは中華そばとつけそば。開店当初は醤油ダレのみでしたが、塩ダレが始まりました。
 トッピングはデフォ増し、ビール、ハイボール、コーラ、ウーロン茶。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンター7席、一番奥の席しか空いていなかったので、そこへ。
 卓上にはブラックペッパー、一味唐辛子。カウンター台に食券を置くときに「塩でお願いします」と伝えます。
 店内はこじんまりとしていますが厨房、カウンター台が高く、ワンオペの店主さんと物理的は距離はありますが、精神的な距離はかなり近い雰囲気です。

 満席でしたので、先客が食べ終わったら後客がすかさず入る流れで、たまたま先客が使われた食器がカウンター台に上げられていませんでした。
 後客はイヤな顔一つ見せず、むしろ「お店が忙しいならやれることはやるよ」的な空気感で、何食わぬ顔でカウンター台に食器とコップを上げ、ダスターでテーブルを拭いています。
 なんてことの無い風景にこそ未来が投影されている、神は細部に宿る。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば(塩)750円
 山椒の香りに乗った丸鶏スープの香りが立ち上ってきて、この店主さんはラーメンのセンスがあるな、と思いました。

 勝手に思うに。
 先ず1杯750円という値段を決め、メインのダシスープを決め、食材を重ねてはいくのですが、値段の壁は決して崩さない。

 丸鶏スープの美味しさを増すには、香味油とか背脂で味を濃くする手法も取れます。そこは深さより広さを選択し、鰹節や煮干しの出汁スープをブレンドしています。
 それでも狙いの味まで届かず、かといって原価を上げないために若鶏のほぐし身を混ぜ込みます。

 こうして狙った味を作り上げてはいますが、スープを飲み続けると、後半はダレるし、後味もべたっとしてしまいます。
 そこでレモン、お客さん自身に搾ってもらう形にしていて、敢えて「皮ごとスープに投入して」と説明しています。

 レモンを搾ると、後味がすっきりして、「また食べに来よう」という気持ちになるから不思議です。
 とあるネット記事には「かなり試行錯誤した」とありますが、正解を見つけるための試行錯誤ではなく、正解を裏付けるための検証だったのでしょうか。

クリックすると拡大します

 合わせる細麺は三河屋製麺のつるりとした麺肌、つけ麺には全粒粉を使っているそうです。
 丼の形状からは少し窮屈ですがけど、窮屈さを跳ね返すほど美味しい。
 トッピングにメンマではなくタケノコ、ネギは使わずにカイワレ大根、さっとミックスペッパーを振って。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月27日

タンメンの玉子とじ

/水仙/かみ山@経堂にてタンメン(麺少なめ)、溶き玉子/

クリックすると拡大します

 急に暖かくなる。
 もう三月も終わりにさしかかっているので、そろそろコートを脱ぎたいのだけど、夜はまだ寒い。
 ちょうど来週から四月なので、今週いっぱいはコートを着ていよう。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、久し振りに経堂下車。
 経堂駅から農大通りを真っ直ぐに南下していくと、はら匠(2011/8/10-2017/12/26)跡地に麺匠 億(見るからに武一系)がオープンしていて。
 さらに南下し、突き当たりにあるかみ山@経堂(世田谷区経堂)へ。

クリックすると拡大します

 店内はノーゲス、ビールでも飲みながらゆっくりするか、ビール中瓶500円。
 ラーメン三種類、焼きそば一種類、炒飯一種類でしたが、ここに来て一気にメニューを増やしてきました。
 と思ったら、肉ワンタンなどのトッピングを拡充し、スタミナご飯、チャーハンが追加されたくらいかな。

クリックすると拡大します

 店主さんは奥の厨房で中華鍋を振っているので、手隙で客間に来ているときではないと話が出来ません。
 まあ、話しをしたくてきているのではなく、ラーメンを食べに来ているのですけどね。
 さて、ビールを飲み終わった頃にラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 タンメン(麺少なめ)700円+溶き玉子100円
 タンメンに玉子を溶き入れてあって、なんてこと無いようで全く違う料理、野菜ひとつひとつの味がわかるほど、美味しい。
 スープも肩の力が抜けてきて、すっきりした喉越し、旨いなぁ。

クリックすると拡大します

 都内某店でも使用されているという平打中細麺、スープにベストマッチで、目を開けていられないほど美味しい。
 途中で辣油を垂らしたり、ブラックペッパーを振ったりして味変を楽しんでいると、お客さんが次々と来て満席外待ちになるほど。
 とてもビールをお代わりしてる状況ではありませんが、応援している店が繁盛するのは、とても嬉しいですね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月26日

大安吉日

/麺屋Rai遥(らいは)@虎ノ門にて煮干し中華そば/麺や ふくわらい@矢向にてらーめん/龍吟軒矢向店@矢向にて牛ラーメン/

クリックすると拡大します

 今日は大安吉日なので、飲食店を始め、新規開店が多い日です。
 無宗教であっても、特にゲンを担ぐわけではなくても、人事を尽くして天命を待つ、という心境はよく分かります。
 ラーメン店の新規開店も多いのですが、私は注目を浴びていない、つまり多くの人が紹介しないであろう店舗に行ってみようかと。

クリックすると拡大します

 麺屋Rai遥(らいは)@虎ノ門(港区西新橋1-22-1)
 新橋駅と虎ノ門駅のちょうど中間辺りの立地、麺屋7.5Hz新橋店(2014/3/19-2018/1/31)の跡地に、本日3/26にオープンしました。
 店名の由来は、川崎遥香店長さんの名前と、「お客様に来(Rai)訪してほしい」から。
 ランチタイムはどの飲食店も混み合っていて、軒並み外待ちしていますが、こちらも外待ち6人。

クリックすると拡大します

 メニューは煮干し中華そば、濃厚煮干し中華そば、濃厚煮干しつけめん、濃厚煮干辛つけめん。
 見るからに武一系ですし、テイクユーの大澤社長から祝い花が来てますし、このまま並ぶかかなり悩みます。
 さらに開店初日と言うことでオペレーションが不慣れでしょうし、待たされるだろうなぁと思いながらも並んでしまうラヲタ1人。

クリックすると拡大します

 20分程して店内へ、レイアウトは前店踏襲ながらライトリニューアルされています。
 女性店員さんが6人ほど、男性店員さんは2人、長い営業時間を支える店員さん達なのでしょう。
 券売機を確認すると、ラーメン以外はご飯物、餃子、唐揚げ、ビールやハイボールなど。
 開店初日からフルメニュー、券売機のボタンからすると追加メニューの余地が見当たりません。

クリックすると拡大します

 L字カウンター13席ですが、2席には祝い花が置かれています。
 卓上にはフルーツ酢、自家製辛味、醤油、ブラックペッパー、煮干し粉。おろしニンニクは店員さんにお声掛けを。
 飴が置いてあるラーメン店はたまに見かけますが、レジなどにまとめて置かれていることが多く、卓上というのは珍しいです。
 プラスチック製のカラーグラスにお冷やを注いで、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてカウンター台越しに煮干し中華そば750円
 調理済みのスープやトッピングを仕入れていたとしても、盛り付けや接客は店舗毎に異なります。
 飲む前からかなりの部分が想定できる武一系煮干しスープであっても、熱々の口当たり、あっさりした喉越し。
 煮干し感ほどほどのスープは安定した味わいですので、趣味としてではなく食事として楽しむのであれば、全く問題ありません。

クリックすると拡大します

 宝産業と思われるの中太麺、全粒粉がどうとか、どこどこ産の小麦だとか、食べ疲れることなく食べ進められます。
 トッピングは大きめの豚バラチャーシューが2枚、穂先メンマ、刻み玉ねぎ、三つ葉。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、川崎経由で矢向へ。
 矢向駅から5分程歩いて麺や ふくわらい@矢向(横浜市鶴見区矢向)、2017/12/16オープンですので新店扱いする人も多いでしょう。
 店主さんの出身を調べましたが「数々の有名店で」以上のことは分かりませんでした。
 店先にはラーメンと調味料の説明が貼り出されていますので、一読してから店内に入ります。

クリックすると拡大します

 左手を振り向く形で券売機が置かれていて、メニューは醤油ラーメン、トッピングバラエティのみ。
 ご飯物、生ビール。ちょい飲みセットもありますが、お店は20:30までの営業です。
 店内はゆったりとしたカウンター7席、空いている席に鞄を置いて、食券をカウンター台に置いてから、お冷やを注ぎに行きます。

クリックすると拡大します

 先客ゼロのノーゲス、店主さんご夫婦での営業であっても、麦茶はセルフなんですね。
 いや、セルフが嫌いだとか、麦茶ぐらい注いでくれてもいいだろうとか、そんな目先の良い悪いの話しでは無く。
 多くの飲食店の中でこの店を選んでくれたお客さんのことをどう考えているんだろうなぁ。

クリックすると拡大します

 お待たせしました、と、カウンター台越しにらーめん700円
 ざらついた手触りが独特での大きな切り立ち丼、豚骨出汁と鰹の骨出汁をブレンドした、とんこつかつおスープ。
 豚骨も鰹節も特出しないバランスを保っていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の中太麺、ジャストの茹で上がりで、するすると食べられます。
 炙りチャーシュー、穂先メンマ、水菜に薬味ネギ。
 途中でオススメの天かすを入れてみると、意外に美味しいです。

クリックすると拡大します

 さて、この店のもう一つのウリは、しょうが、こしょう、わさび、自家製辛味、ゆず酢の調味料で味変が楽しめることです。
 ラーメンスープに直接、調味料を入れてしまうと味が重なってしまうので、別に用意された小鉢に麺とスープを小分けし、それぞれの味変を楽しむ。
 のですが、小分けする度にどんどん冷めると思われるスープと麺、私には味変を楽しめる自信がありません。

クリックすると拡大します

 ですので、途中の味変は生姜と自家製辛味だけ試してみました。
 どちらも毎日入れ替えていると思われる新鮮な味わい、自分としてはこの二つだけで十分満足です。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 矢向駅の改札を出て、踏切脇にあったラーメン店に本日3/26にオープンした龍吟軒矢向店@矢向(横浜市鶴見区矢向6-4)
 調べた限りでは、現存するのは東武東上線大山駅近く、西武新宿線鷺ノ宮駅近く、総武本線新小岩駅近く、東京メトロ丸ノ内線中野新橋駅近く、相模原市緑区の津久井湖近くの5軒。
 チェーン店としか思えませんが、各店舗が離れた立地ですので、店名や料理名、レシピを共有してはいるけど、麺や野菜などの食材は各店舗で仕入れている暖簾分けのような経営形態でしょうか。

クリックすると拡大します

 開店初日ということもあってか、外待ち6人、店内外やラーメンの写真を撮っている人は私一人(寂しい
 店外に大きく替え玉無料とありますが、一玉だけの博多天神方式です。
 メニューは博多系と醤油系に分かれ、博多系の白龍、赤龍、黒龍のみ替え玉無料。豚骨魚介つけ麺は大盛り無料。
 醤油系の醤油、塩、味噌、牛はライス無料です。

クリックすると拡大します

 20分程待って店内へ、左手奥に券売機があり、開店初日からフルメニューです。
 ラーメン以外のメニューは「炙りチャーシュー丼」「ネギチャーシュー丼」などのご飯物、「チャーシュー炒飯」「キムチ炒飯」などの炒飯。
 焼餃子、水餃子、わんたん、ライス。飲み物はビール、サワー、ウーロンハイなど。
 この手の店舗にしては厨房が広めだと見ていたら、中華鍋を振ってチャーハンを調理されていました。

クリックすると拡大します

 厨房に面したカウンター9席、テーブルには辣油、餃子タレ、酢、ブラックペッパー、白胡麻。辛もやし、辛高菜、紅生姜。
 食券を店員さんに渡すと、「(開店記念で)トッピングか飲み物がサービスです」と言われますので、味玉をお願いしました。
 他のお客さんのを聞いていると、焼餃子やビールをお願いしていて、、、失敗しました。
 涙をこらえて、無料サービスの辛モヤシ、辛高菜、紅生姜を小鉢にとって水で頂きました。

クリックすると拡大します

 少し待って牛ラーメン680円
 この手の店とは思えない綺麗な盛り付けで、サンプル写真ではカイワレ大根のところを、豆苗に黒胡椒が振ってあります。
 『国産牛の脂を焦がした「特製香味油」をふんだんに使用し、塩ダレで仕上げました』とあるので、牛骨スープではなく鶏ガラスープ。
 しかしして、大量に炊き込んで化学の呪文をかけた鶏ガラスープは、魔法が掛けられたように美味しい。

クリックすると拡大します

 横浜製麺の細麺は博多系と共通と思われ、麺量が170gはあると思うほどたっぷりです。
 炙りチャーシューは分厚く、穂先メンマは2本、刻み玉ねぎ。
 ライス無料サービスですが、流石に食べ過ぎ、勧められなかったので、こちらからも声を掛けませんでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記