2018年03月22日

鶏節スープ

/あずみ大崎店にて三種の天ぷら盛り合わせそば/らぁめん夢@東神奈川にてわんたんらーめん/

クリックすると拡大します

 朝は移動中に気になっていた、JR大崎駅改札内のDila大崎にある、あずみ大崎店ホームページ)。
 ジェイアール東日本フードビジネスの経営、現在は北松戸店、熊谷店、国際展示場店の全4店舗。
 公式ホームページで「あずみ大崎店」と表しているにもかかわらず、口コミサイトでは「生そば・うどん あずみ 大崎店」と独自に冠が付いています。

クリックすると拡大します

 自動ドアを入ると目の前にタッチパネル式の券売機が2台あり、好みの券売機で食券を買って左に進みます(店舗自体が左右に長い構造)。
 券売機は厨房と通じていないので、店員さんに食券を見せて「そば」と伝える必要があり、好みで「ネギ多め」と伝えます。
 10カウントより早く出来上がるので、負けない早さで少し先にある給水器でコップにお冷やを注いで戻り、おそばを角盆で受け取ります。

クリックすると拡大します

 注文カウンター反対側に9席のカウンター。
 店内奥は左側に6人ほどの立ち食いスペース、中央に向かい合わせカウンター10席、そして窓沿いに10席のL字型カウンター。
 サボテンのようにぽつりぽつりと置かれた七味唐辛子が入った調味料ボトル。

クリックすると拡大します

 期間限定 三種の天ぷら盛り合わせそば540円。天ぷらはちくわ天、小海老天、鶏のほぐし天。
 関西だしまでは行かないまでも、関東だしからはかなり離れたあっさりした味わいの蕎麦つゆです。
 天ぷらはあげ置きですが固いほどでは無く、分けネギが良く合います。

クリックすると拡大します

 生そばは思っているほどは悪くなく、ギリギリ美味しく頂けます。
 途中で七味唐辛子を振って緩んだ味わいをキリッと締めて、最後まで飽きること無く頂きます。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 東神奈川駅から徒歩10分程度の、らぁめん夢@東神奈川(横浜市神奈川区)
 2014/1/18オープン、今さら出身店を説明するのは恥ずかしいので伏せます(気になる人はググって下さい)。
 ラーメン好きの殆どは訪問済みと思われ、地元客のみの半数程度の入りで、初訪問。

クリックすると拡大します

 厨房に面した7席のL字カウンター台が低めと言うこともあって、店内に入った瞬間に全体が見渡せるほどのこじんまりさです。
 左隅の券売機で食券を買います。メニューはらーめん、つけ麺、にぼし。デフォ増しのトッピング、ご飯もの、ビール。

 そのまま振り向くようにしてカウンター席に座り、カウンター台に食券を置いて、コップにお冷やを注ぎます。
 卓上にはガーリックパウダー、一味唐辛子、ブラックペッパー。

クリックすると拡大します

 店主さんの流れるような所作を眺めていると、出来上がってきたわんたんらーめん950円。続けて「お好みでどうぞ」と注射器を渡されます。
 厨房の煩雑さや、壁や床の不衛生さを一変させる美味しいスープ、店主さんの門地を知らずにふらりと入って食べたら、椅子から転げ落ちること必達。

 比内地鶏の丸鶏スープに感じましたが、言い切る自信が無いので調べてみたら、鶏節(国産の良質な鶏むね肉を鰹節と同じ製法で仕上げた節)の荒削りを煮出してスープにしているとのこと。
 最近になって、比内地鶏をやめて鶏節にしたらしい。
 初めて味わいました、こんな食材もあるんだ、私はラーメンのことをあまりにも知らないです。

クリックすると拡大します

 妖艶ささえ感じるぬるりとした三河屋製麺の細麺(こちらも調べましたが合っていました)、するりと喉を通り過ぎていきます。
 チャーシューは燻製と漬け込みの2種類、シャキッとした青菜、メンマに板海苔。
 ワンタンは5個入っていて、むっちりした餡が美味しいけど、彗星のように長い皮を楽しむタイプに感じました。

クリックすると拡大します

 麺を殆ど食べたところで注射器から煮干油注入、味わいより煮干の香ばしさが素晴らしい。
 麺を食べ終わったところで、試しにガーリックパウダーを振ってスープを味わってみたら、これが意外に面白い。
 スルッと食べて、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月21日

ステーキ・デート

/いきなりステーキ厚木田村店にて本格熟成国産牛サーロインステーキ、マイリブ/

クリックすると拡大します

 朝から雨が降っていたので、一日中引きこもっていました。
 ご飯を炊いて、おかずを作って、コーヒーを飲んで、テレビを見て。
 こうして何もしない日も、良いものですな。

クリックすると拡大します

 夜は3/13にオープンしてガイアの夜明けで取り上げられた、いきなりステーキ厚木田村店ホームページ)へ。
 いきなりステーキと幸楽苑が業務提携し、幸楽苑からいきなりステーキ店へ転換した初店舗です。
 看板を付け替えて、店内改装しただけ、で営業が始められるはずはありませんが、努力とか苦労とか全く見せないのがさすがですね。

クリックすると拡大します

 いきなりステーキのメニューは全店共通のメニューと、店舗個別のメニューに分かれます。
 厚木田村店のステーキはリブロースステーキ、ヒレステーキ、ワイルドステーキ、US産アンガス牛サーロインステーキ、本格熟成国産牛サーロインステーキの5種類。ハンバーグはワイルドハンバーグのみ。
 ランチはワイルドステーキ、ワイルドハンバーグ、乱切りカットステーキなど。
 サラダやライス、アルコール類は全店共通メニューです。

クリックすると拡大します

 店内は全席椅子が用意されていて、奥の十数席はお子さんや年配者向けのローチェア、残りの40席弱はハイチェアのいきなりステーキ仕様です。
 人数を告げると空いている席に案内され、先ずは飲み物やサイドメニューを注文します。
 ステーキは量り売りですので、お客さん自身が受付に足を運びます。

クリックすると拡大します

 受付で、ステーキの種類(部位)とグラム数を告げると、店員さんがスパッと切って下さいます。
 もちろん、450gと告げて450gにならないこともありますので、店員さんに「こんなもので、どうでしょうか」と確認されます。
 450gぴったりで無ければならない論理的な理由は無いので、そのままでお願いしました。

クリックすると拡大します

 合わせて焼き加減を伝え、席に戻って焼き上がりを待ちます。
 透明ガラスで仕切られた厨房で焼き上げる姿は、何度見ていても楽しいです。
 部位によって焼き方が違うらしいのですが、その辺はよく分かっていません。

クリックすると拡大します

 焼き上がるまでに飲み物を、私はいつもの黒烏龍茶、女房は生ビールを。
 電車で移動している都内で食べる場合はビールを飲みますが、クルマで食べに来ているので女房だけ。
 それにしても店内は混み合っていて、ひっきりなしにお客さんが入ってきて、満席店内待ちになっています。

クリックすると拡大します

 大根とレタスの和風サラダ(レギュラー)250円。
 卓上に用意されているいきなりドレッシングかペッパードレッシングの好みの方を掛け、いきなりステーキだけど先ずはサラダから。
 これが意外にいけるんですよね。

クリックすると拡大します

 先ずは女房の本格熟成国産牛サーロインステーキ312g
 300gと言われても実際の量がイメージ出来なかったけど、この量ならペロッといけるわ、と。
 調味料に黒胡椒と山葵を勧めたら、喜んでくれて嬉しい。

クリックすると拡大します

 同時に運ばれてきた私のマイリブ460g
 一口食べてみて、これまでの肉とは仕入れを変えたんじゃないかと疑うほど、美味しい。
 もちろん仕入れを変えるはずはないので、焼き方が違うのか、調理器具が違うのか、私の舌が間違っているのか。

クリックすると拡大します

 コーンとオニオンがこれまでの倍以上の量ですが、開店直後のサービス期間なのかも知れません。
 私もお気に入りの山葵を乗せて(他におろしニンニク、マスタード、黒胡椒、白胡椒、甘いソース、醤油が用意されています)、ペロリと頂きました。
 いやはや美味しかった、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月20日

串カツ屋のレセプション

/長崎ちゃんぽん華らんたん@大崎にて長崎ちゃんぽん、半チャーハン/串カツあらた神田店にてレセプション/

クリックすると拡大します

 お昼は移動中に気になっていた、JR大崎駅改札内のDila大崎にある、長崎ちゃんぽん華らんたん@大崎(品川区大崎)紹介のページ)へ。
 ジェイアール東日本フードビジネスの経営、現在は有楽町店を閉めて大崎店と赤羽店の2店舗。
 ネットの評価を読むと、「駅ナカのチェーン店にしては美味しい」と「長崎ちゃんぽんとしてどうなの」に真っ二つ。
 つまり、駅ナカのチェーン店の味や接客のレベルを「どう」分かっているか、で評価が分かれるようです。

クリックすると拡大します

 店外にメニューが貼りだしてあり、それから選んでおいて、店内に入って食券を買うスタイルですね。
 メニューは長崎ちゃんぽん800円、長崎皿うどん800円、野菜ちゃんぽん870円、焼きちゃんぽん800円、皿ちゃんぽん850円など。
 ランチタイムは半チャーハンセット230円、餃子3個セット150円も用意されています。
 朝九時までは玉子かけごはん360円、納豆定食390円、焼鮭定食460円などのモーニングを実施しています。

クリックすると拡大します

 ランチタイムど真ん中ということもあり、店内待ち数人、しばらくして空き席に座り、店員さんに食券を渡します。
 U字カウンター18席、隣のカレー厨房とは店内で行き来できるので、長崎ちゃんぽんを食べながら、カレーの香りも楽しめます。
 卓上には金蝶ソース、白胡椒、醤油、辣油、酢、マスタード。

クリックすると拡大します

 少し待って長崎ちゃんぽん800円、半チャーハン230円。
 豚ガラ、鶏ガラの出汁スープでキャベツ、モヤシ、ニンジン、キクラゲ、なると、豚ガラ肉などを煮込み、出来上がってから絹さやを乗せてあります。
 どの味も特出すること無いバランスの取れた美味しいスープに良く合っている太麺、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 800円、とピンポイントで捉えると高い印象になります。
 しかしして、大崎駅の駅構内で、平日ならば朝7時から夜10時の年中無休営業、完全のこちらの都合で食べたいときに食べられることを考えると、驚くほど安い。
 途中で白胡椒を振ってみると、ほんわかした甘い美味しさが、ぎゅっと締まった美味しさとしても楽しめます。

クリックすると拡大します

 たった230円の半チャーハン、具を少なくしてご飯の味を優先し、ちゃんぽんのスープに合うように仕立てられています。
 ちゃんぽんのスープを中華スープに見立て、レンゲでスープをすくいながら食べるチャーハン、美味しいですね。
 本場の長崎ちゃんぽんは知らないし、本番の長崎ちゃんぽんをこんなに手軽に味わう必要性も感じないので、色々と楽しんでみたいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 神田駅北口から徒歩1分以内の立地に、明日3/21にオープンする串カツあらた神田店ホームページ)。
 グランドオープン前のレセプションにお声掛け頂きましたので、他の用事を断ってでも全力で伺いました。
 祝前日で時間の調整が出来なかったのか、レセプションの集客が十分でなく、一般客も「生ビール一杯無料」の開店告知フライヤーを手に入店していて満席です。

クリックすると拡大します

 私の少ない食べ歩き経験では、関東の串カツ屋は専門店(高級店)と安価なチェーン店に二分される印象なので、後者だろうと伺いました。
 メニューを見て食べ物も飲み物も手頃な値段、やっぱりなぁと飲み食べ進めると、そのどちらでもない事に気が付きます。
 高級店に匹敵する食材を、そこそこの値段で提供するミドルレンジを狙ったチェーン店であると。
 場を借りるだけで串カツはそこそこという店は飽きたし、かといって美味しいけど予約が必要な店はちょっと、という客層がターゲットなのだと。

クリックすると拡大します

 付き合ってくれた友達が大のビール好きなので、先ずはキリン クラシックラガー550円。
 ビールと言えばラガーと、日本全国を制覇する勢いがあった頃のラガー、冷やしすぎていないビールで泡がそこそこ、苦味がきゅっと効いていて美味しい。
 そう、ビールって美味しかったんだ、私としては非常に珍しく、ビールのお代わりをしてしまいました。

クリックすると拡大します

 すぐに食べられる仕込み料理のポテサラ、手造りポテトサラダ350円。
 個人店ならばその日の分はその日に仕込むのでふんわりした食感が望めますが、この手のチェーン店で冷えすぎていないふんわりした食感のポテサラが食べられるのは、何故だろうか。
 ビールに合いますねぇ、美味しいですねぇ、卓上の山椒塩を振ると、さらに美味しい。

クリックすると拡大します

 野菜を食べようと、あらたサラダ680円。ドレッシングはごまと青しそから選べるので、青しそ。
 『豆腐と10品目の海鮮野菜のサラダ』、レタスや水菜などの低価格な野菜だけがたっぷりなサラダを想像していたら、トマト、ベビーコーン、玉ねぎ、舞茸など驚きの美味しさ。
 このサラダが美味しいのは分かったので、次回はシーザーサラダを食べますかね。

クリックすると拡大します

 少し時間が掛かって揚げ上がってきた串カツの盛り合わせ、あらたセット680円。
 串カツ120円、豚120円、鶏120円、イカ120円、エリンギ120円、うずら120円ですので、40円お得です。
 二度付け禁止のソースに串カツを浸しますが、「いつもの」感覚でどっぷり浸すとソースが付きすぎてしまいます。
 上質な衣を牛脂で揚げているからか、半分だけ浸けて食べてみると、これがまた恐ろしく美味しい。

クリックすると拡大します

 串カツが美味しすぎるので、合わせる日本酒にも頑張ってもらうと、愛知県半田市の蔵元 中埜酒造 特撰國盛 彩華 大吟醸。
 控えめな吟醸香とすっきりした辛口感が、あらたの串カツをさらに美味しくしてくれます。
 升にはあらたのイラストが刻印され、次回、飲みに来たときにお土産で買って帰ろう。

クリックすると拡大します

 私は料理人の腕は鶏の唐揚げで決める人なので、いわゆる鶏の唐揚げに相当する、旨唐揚480円。
 うっとりする盛り付け、色合いがいい感じです。
 串カツと同じ牛脂で揚げているようで、鶏肉の旨味が昇華しているような熱々、これは日本酒じゃ無くてサワー系だな。

クリックすると拡大します

 生搾りレモンサワー550円。
 すっきりした飲み口で、油物を食べるときには必須の飲み物です。
 ジョッキにもしっかりあらたのイラストがあります。

クリックすると拡大します

 さて、もう少し串カツを食べるかと、椎茸140円、子持ち昆布280円、ニンニク120円、茄子120円、海老240円。
 子持ち昆布の串カツを初めて食べましたが、ソースではなく山椒塩で食べるべきだったと後悔するほど、美味しい。
 この手のチェーン店で、280円にしなければならない食材を使った串を出しますかね。
 海老はぎゅっと身が詰まっていて、こちらも同様、240円は安すぎます。

クリックすると拡大します

 いやはや、最近、串カツやで飲んでいなかったのですが、ここまで進んでいるとは知りませんでした。
 味は美味しく、値段は抑えて、と食べ手にとってはいいことずくめですけど、お店もちゃんと儲かる形でお願いしますよ。
 店内がとても明るいので、1人で立ち寄って本を読みながら串カツを喰らってみますか。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記