2018年03月07日

創立記念式典

/鶏豚骨ラーメン麺屋笹苑(ささえん)@三田にて特製塩ラーメン/創立記念式典/あらかわ家@渋谷テイクオフ7/

クリックすると拡大します

 通勤の車窓から眺めると、あちこちで花が咲きだしています。
 圧倒的に梅、睡蓮とか日々草なども目に入り、まだまだ寒い日が続きながらも、春はもうすぐそこまで来ているのだろう。
 そんな季節に負けるわけにはいかないので、先ずはマフラーを外しました。

クリックすると拡大します

 たまたま通り掛かったら見知らぬラーメン店、さっと調べると既に何人かが訪問されていて、自身の情弱さを恨みます。
 2018/2/19にオープンした、鶏豚骨ラーメン麺屋笹苑(ささえん)@三田(港区芝4-4-14)
 「鶏豚骨」と言えばとりくらぶ@神保町(旧逢縁喜縁)、店長さんはとりくらぶからの独立、ではなく、とりくらぶの関連店としてオープンですね。
 店名の由来は「外国人がラーメン屋っぽく感じる名前にしました」とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手に券売機で食券を買います。
 メニューは醤油、魚介、塩、つけ麺。トッピングはデフォ増し以外に岩のり。
 玉子かけご飯、高菜魚介丼などのご飯もの、おつまみ用のメンマやチャーシュー。
 飲み物はビール、日本酒、焼酎などが揃っています。

クリックすると拡大します

 店内は右手の厨房に向かってカウンター8席、左手に4人掛けテーブルが3卓。
 先客は二組でしたが、その後、お客さんが続々と満席になっていました。
 店員さんに食券を渡すと「大盛り無料ですが」と聞かれますので、丁重にお断りしました。
 卓上には胡椒、唐辛子、醤油、酢。この唐辛子は上野戸みら伊本舗系列の店舗でよく見かけられる調味料です。

クリックすると拡大します

 ラヲタは多くの店舗を回るので、50円でも100円でも安くと言う傾向があるためにスタンダードメニューを食べることが多いですね。
 私もラヲタの端くれなのですが、何となく気分で今日は全部乗せである、特製塩ラーメン880円にしました。
 鶏ガラ出汁を主体に豚ガラをブレンドしたスープ、塩ダレが良く合い、細かい背脂が浮いていてスルスルと飲ませる美味しさ。
 系列店はスペースに応じて店内でスープを炊いていますが、こちらはセントラルキッチンと思われます。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中細麺は少し茹で方が足りていない印象で、スープとの相性も少し足りていない印象です。
 トッピングは強めに炙ったチャーシュー4枚、メンマ、青梗菜(券売機では「青菜」)、半身の味玉が一個分、キクラゲ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 場所柄、ラーメン店の隙間地帯で、ランチタイムはずっと満席でした。

クリックすると拡大します

 夕方になって創立記念式典、この会社としては初めて開催されるそうです。
 20年ぶりくらいに「同じ釜の飯を食った」戦友と再会、いやいや、びっくりしました。
 その後、旧交を温める、って言うんですかね。

クリックすると拡大します

 遅い時間になって、あらかわ家@渋谷テイクオフ7にてNo Music No Family
 そこに愛があるから、そこに友がいるから
 心の渇きを潤すために、どぼどぼと愛を注ぎ込む
 愛をありがとう
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記