2018年03月16日

アゴ出汁ラーメン

/つけ麺専門店三田製麺所イオンモール座間店にて濃厚豚骨魚介つけ麺/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にてあご煮干し中華そば/

クリックすると拡大します

 日産工場の跡地にオープンしたイオンモール座間(ホームページ)。
 地元だったら特別に用がなくても一回は言っておかないとなりませんが、座間は地元じゃ無いです。
 入っているショップも、わざわざ足を運ぶべきショップは無いんですけど、そこはそれ。

クリックすると拡大します

 3Fのフードフォレストの一角に3/16グランドオープンした、つけ麺専門店三田製麺所イオンモール座間店ホームページ)。
 海外に出店した時点で全店舗訪問は諦めましたが、こっそりと関東圏は回っておこうかと。
 これまでは全て路面店でしたが、初めてのフードコート店(のはず)。

クリックすると拡大します

 メニューはつけ麺のみで、ノーマル760円と辛つけ麺820円。麺量は並320g、中480g、大610gまで同額、小210gは30円引き、特大800gは100円増し。
 野菜盛りや味玉などをトッピングしたセットが4種類。
 ご飯ものは肉ネギ飯など3種類、一品料理は唐揚げと三田スティック。
 この三田製麺所でつけ麺を覚える人もいるだろうけれど、魚粉、スープ増しは他店ではあまり見かけませんので。

クリックすると拡大します

 受付で注文すると、麺をつめたいままか、温かいのがいいか、確認されます。
 代金を払うと、チャイムコールを渡されることなく、すぐ並びで待つように案内されます。
 調理に時間が掛かるので席に座って待つのでは無く、調理を効率化して殆ど待たせること無く提供しています。
 つけ麺専門店だからこそできること、やるなあ、三田製麺所。

クリックすると拡大します

 濃厚豚骨魚介つけ麺760円、麺量は並盛り、おすすめのつめたい麺でお願いしました。
 去年、新調された麺がすくいやすい麺皿、今回、新調されたつけ汁の器。
 三田製麺所の濃厚豚骨スープ(つけ汁)は工場一括調理ですので、路面店での美味しさがそのままフードコードでも楽しめます。
 そのスープは板海苔に乗せた魚粉を混ぜることで、香りがぐっと引き立ちます。

クリックすると拡大します

 自社製麺の角極太麺、箸で手繰ってつけ汁に浸けて美味しく頂きます。
 つけ汁にはサイコロ切りされたチャーシュー、メンマ、ネギが沈められていて、ちょっとした発見と共に楽しく食べ進められます。
 先着1,500名様にサービスされる「三田特製メンマ(小袋)」を忘れずに持って、トレーを返して、と。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はあざみ野駅で降りて、小雨の中を緩やかな坂道を登ります。
 らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)、毎月伺うと心の中で決めていて、今年はまだ守れています。
 いつもは1人で伺うのですが、今日は友達に声を掛けて2人で伺いました。

クリックすると拡大します

 駅などで待ち合わせて伺う、と言うことでは無く、だいたいの時間を決めてお店で待ち合わせましたが、ドンピシャで同じ時間。
 お店に迷惑を掛けること無く、カウンター席に並んで座ります。
 と言うことで、今夜はあざみので2人お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 私はハートランド、友達は青鬼で喉を潤しながら、ラーメン(ラーメン屋)談義、楽しい。
 ママさんもすっかり元気になって、厨房内を歩き回っています。
 急な雨だったらしく、店内は静まりがちでした。

クリックすると拡大します

 こちらどうぞと、喜楽長 新酒生酒 特別本醸造 あらばしり。
 ラーメン店なのに日本酒のセレクト、管理もばっちりで、しかもツマミにもぴったり合っています。
 いくらなんでも、ラーメンの食前酒には飲み過ぎ食べ過ぎな気がしますが。

クリックすると拡大します

 あご煮干し中華そば950円
 『長崎産の極上あご煮干し(トビウオ)を使用した、あっさりしているのに、上品な旨味がググッと押し寄せてくる美味し〜い煮干中華そばです。』
 アゴ出汁ラーメンの中でもあご煮干100%の煮干スープは、アホみたい美味しい。

クリックすると拡大します

 合わせる細麺は三河屋製麺、ちゅるんとした食べ応えが堪りません。
 チャーシューは豚肩ロース、鶏ムネ肉の2種類、全体に刻み玉ねぎ、青ネギになると。
 何度も食べていますが、何度も食べたい月替わりの限定メニューです。

クリックすると拡大します

 途中から納豆とご飯をだして頂き、先ず納豆を混ぜてからご飯に乗せます。
 その上からネギごと残ったスープを掛けて、なんて言うんですか、納豆雑炊って呼べばいいんですか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記