2018年03月17日

鴨居で二軒

/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にて味玉醤油らぁ麺/濃厚豚骨スープ順吉家(じゅんきちや)@鴨居にて醤油らーめん/

クリックすると拡大します

 今月も鴨居へ。
 これから毎月一回は通うつもりでいるけど、未来のことは誰にも分からない。
 駅からお店へ向かう途中で花が咲いているのは、この時期だけだろうな。

クリックすると拡大します

 支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)、大通り沿いにラーメン店の開店を示す大きな看板が付きました。
 10時開店なので11時に到着したらもう駐車場が一杯、、、なんてのは何年後かにあるだろうか。
 未来のことは誰にも分からないけど、どちらの方向に進むかは自分で決めなければならない。

クリックすると拡大します

 入口には営業時間がパウチで貼り出されていますが、夜営業が1時間延びて21時までになりました。
 店内に入るとヘルプに来ていた前職の男性が戻ってしまい、店主さんがメイン、女性店員さん2人の3人で営業されています。
 券売機を見るとメニューに変更は無く、ビールはカミングスーンのまま、と言うか、ボタンさえ用意されていません。

クリックすると拡大します

 先客数人、調理や接客にまだまだ不慣れな部分が多く、ちょっとしたミスも見受けられるけど、「貴重な経験」として受け止めて頑張って欲しいな。
 程なくして味玉醤油らぁ麺880円
 開店直後の旨味過多なスープは見直され、随分とスッキリした味わいにシフトしてます。
 醤油ダレからは試行錯誤を感じられますが、丸鶏の美味しさがくっきり、美味いわぁ。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺は僅かに固め仕上げ。個人的には柔らかめ仕上げが好みですが、この地のお客さんを考えると、この茹で加減が向いているのでしょう。
 チャーシューの燻製はいったん封印され、ほうれん草のお浸しは茎(?)の部分まで使って見栄えを向上させています。
 白髪ネギの細さや青ネギの長さは変わっていますが、仕込みをされた調理人が変わったことに関係あるのかな。

クリックすると拡大します

 何人かのお馴染みさんには「こちらをどうぞ」と振る舞われていて、たまたま一緒にいた私もご相伴にあずかりました。
 炙りチャーシューに大根おろしが合わせてあり、一日も早いビールの投入が待たれます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 折角ここまでラーメンを食べに来ているのだから、交通費や移動時間の節約を考えると、近くのラーメン屋を回っておきたい。
 まあ、何が何でも杯数を稼ぐ必要はないけれども、ある一定以上の実食杯数、訪問件数は必要だと思います。
 その「ある一定」の数は、人それぞれだとは思います。私は年間400軒600杯を目安にしています(達成できる年もあれば出来ない年もある)。

クリックすると拡大します

 未食店でもあり、週初めに伺った鶏ガラとんこつしまもと@鶴見小野の修業元である、濃厚豚骨スープ順吉家(じゅんきちや)@鴨居(横浜市都筑区池辺町)へ。
 横浜市には数え切れないほどの家系ラーメン店があり、個人店の独立、大中小規模チェーン店の出店などなど、今でも毎月数軒がオープンしています。
 「家系ラーメン」と括るのはかなり無理があるほど裾野が広がった混沌とした業界の中、2016/3/1にオープンして、今月は創業二周年感謝祭です。

クリックすると拡大します

 感謝祭は3/1-4がラーメン1杯500円、3/9-11が3個餃子サービス、3月中は毎日ライスお代わりし放題。
 12時少し前の訪問ですが、ビールを飲んでいる先客2人、後客10人としっかり固定客を付けています。
 店内に入るとすぐ右手に券売機があって、食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは醤油、塩、赤辛。しまもとは「醤油、味噌、塩」でしたので符合しませんねぇ、気になりますねぇ。お子様ラーメンは双方にあります。
 標準的なトッピングにきくらげ(しまもとにもある)、ご飯ものとしてチャーシュー丼。
 餃子は3コ、5コ、8コのラインナップですが、しまもとは4コと8コ。
 比べてばっかりしても仕方ないのですが、焼酎やサワーなどのアルコール飲料とつまみが充実しているのは、需要があるからでしょう。

クリックすると拡大します

 食券を買って空いている席に向かおうとすると、すぐ左手の厨房にいる店員さんに「お好みはありますか」と聞かれ、その場で食券を渡しながら好みを伝えます。
 店内は台形カウンター9席、窓側に4人掛けテーブル1卓と2人掛けテーブルが2卓、奥に4人掛けテーブル1卓。
 卓上には醤油、辣油、酢、豆板醤、おろしニンニク、白ゴマ、ブラックペッパー。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油らーめん630円。お好みは麺柔らかめ。
 以前は業務用濃縮スープと呼んでいましたが、今はセントラルキッチンと呼ばれるスープ。
 ハレの日に飲みたいとは思わないけど、普段使いには十分過ぎる美味しさ。
 しかしして、美味しいか美味しくないかの前に、調理方法に厳しいラーメン好きにはウケが良くありません。

クリックすると拡大します

 私は、一から十まで全て店内で調理することが大切だとは考えていませんし、店内炊きして美味しくないスープを出されるより、仕入れた美味しいスープの方が良いと思うけど。
 大橋製麺多摩の中太麺、柔らかい食べ応えながら、しっかりとコシを感じられて、スープとも相性が良くて美味しいです。
 トッピングは大きめの肩ロースチャーシュー、大きめの板海苔三枚、たっぷりの茹でほうれん草。

クリックすると拡大します

 途中でおろしニンニクと豆板醤で味変してみます。
 思っていた以上に辛くて、毎日入れ替えているんだろうな、と、なんだかワクワクしてしまいました。
 水素水(ってなんだ?)と書かれたお冷やを飲みながらつらつらと考えるに。

クリックすると拡大します

 個人店でもチェーン店でも、ダメと分かったらさっさと味やメニューを変えるのが当たり前のご時世、一年前二年前の評価があてにならなくなってきました。
 一回食べておけば良かった時代が懐かしい。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記