2018年03月19日

焼野菜の会

/ぶるず@亀戸(江東区亀戸)にてつけ麺/肉と日本酒にて第一回焼野菜の会/

クリックすると拡大します

 夜は雨が降るというので、明日のことを考えて今日はバイクを置いて駅まで歩いて行きました。
 小田急線のダイヤが変わっていることを忘れていて、いつもの時間にいつも電車が走っていなくて、プチびっくり。
 歳を取って感動が薄れてきた人生、こんなところに感動があって、嬉しい。

クリックすると拡大します

 お昼を食べ損なったので、何か食べていくかと亀戸駅から徒歩数分のぶるず@亀戸(江東区亀戸)へ。
 2018/2/14オープンの牛骨ラーメン店、フレンチ出身の店主さんとのこと。
 フレンチと言っても個人店からホテル、チェーン店などピンからキリまであるけど、そこをツッコまないのがラヲタの矜持ですな。

クリックすると拡大します

 店内に入りすぐ左手の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油800円、味噌850円、つけ麺900円。生ビール550円、ハイボール400円、赤ワイン400円。
 牛骨スープ推しなので800円の醤油で味見を、と財布を用意したら、「つけ麺がオススメです!」と店主さんから声が掛かります。
 値段が高ければ味は良いだろうし、売上的にも二重丸だろうけど。100円をケチるほど切羽詰まっていないので、食べてみますか。

クリックすると拡大します

 店内はかなり狭く、7脚並べられた椅子は、引かなければ座れないほど。
 テーブルが低いのであまり前にも出られず、座高の高い私は丼を置いたままだと食べにくい。
 卓上には山椒と胡椒のミックス、酢。

クリックすると拡大します

 少し待ってつけ麺900円。パンチが欲しい場合は牛脂スープを加えて下さいと保温ポットを渡されます。
 牛骨スープのつけ汁はエスプーマ的に泡だててあり、口当たりがまろやかです。
 スープ自体は野菜出汁が支配的で、牛骨スープの経験値が低い私では牛骨の味がよく分かりません。

クリックすると拡大します

 浅草開化楼の細麺は驚きの美味しさで、食べ初めはつけ汁で美味しく頂きましたが、途中でディッシュにあしらわれた味噌に直接付けて美味しく食べます。
 付け合わせはチャーシュー、タケノコ、揚げレンコン、ベビーリーフ、水菜、かいわれ。
 ラーメンのトッピングですのでつけ汁に浸けて食べたましたが、バーニャカウダのソースでもあれば試してみたかったです。
 そうするとラーメン(つけ麺)では無くなってしまいそうですけど。

クリックすると拡大します

 カップに味変用の魚粉、トマト、ネギのスムージーが用意されていて、上から入れるしか無いので結局全部入れることになります。
 香り、味ともかなり印象が変わり、結局、牛脂スープは使いませんでした。
 食べ終わるとスープ割り、割りスープはラーメンスープとほぼ同じ牛骨と牛スジ、温かったつけ汁が温かくなって美味しく頂けます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 亀戸駅から徒歩5分のリトル 肉と日本酒ホームページ)にて、第一回焼野菜の会
 食べ切れないほどの熟成肉と飲み切れないほどの日本酒で、身も心も奪い去る店での、特別イベントになります。
 これまでは、特定の蔵元の日本酒イベントは何度かありましたが、料理メニューでのイベントは初めてかな。

クリックすると拡大します

 お店はイベントで貸し切られていて、飲み放題にビールはありますが、今日は特別に用意されている生ビールで乾杯。
 付き出しはいつものコースと同じ、醍醐(肉と日本酒の経営母体)のナムルとキムチ。
 春キャベツのナムルは初めて食べました、ビールに合いますなぁ。

クリックすると拡大します

 ツブ貝のキムチ、そもそも貝のキムチを食べたのが初めてで、驚きの美味しさ。
 ここで会の説明があり、いつもはコースで二個しか食べられない焼野菜(この店では餃子を「焼野菜」と称しています)を、お腹いっぱい食べてみたい、な。
 どうせなら他の餃子も一緒に食べたい、と。
 餃子だけだと間が空いてしまうので、つなぎに肉を出すとのこと。

クリックすると拡大します

 先ずは焼野菜、焼き器の関係で一度に16個、1人分4個から。
 餃子を食べる度に思うのですが、本当に美味しい餃子というのはタレが要らないのか、いやいやタレを付けての餃子なのか。
 今日は数があるので、タレなしで食べ、タレを付けて食べ、自家製コチジャンを乗せて食べ比べが出来ます。
 結論、本当に美味しい餃子は、タレが無くてもタレを付けても自家製コチジャンを乗せても、美味しい。

クリックすると拡大します

 一品目の焼肉は、大山どりを塩焼きで。
 いやいや、普段の焼肉コースの一品を、焼餃子の会の箸休めにするなんて。
 贅沢すぎます、美味しいから問題ありません。

クリックすると拡大します

 ビールを瞬殺したので、日本酒を飲めるだけ飲みます。
 先ずは岩手県花巻市の蔵元 河村酒造店の酔右衛門 無濾過純米酒阿波山田錦70%、2016と2015の飲み比べから。
 8勺程度を味わって飲みながら、ああじゃないこうじゃないと日本酒の感想(薀蓄)を語るのが楽しい。

クリックすると拡大します

 続けて焼野菜、一皿目と同じ16個、1人4個。
 餃子を食べる度に思うのですが、本当に美味しい餃子はビールに合うのか、日本酒に合うのか、それとも。
 今日は先ずはビールと合わせて食べ、次に日本酒に合わせて食べ、ての食べ比べ。
 結論、本当に美味しい餃子はビールにも日本酒にも合う。

クリックすると拡大します

 神亀山廃ブラック生、神亀で山廃、さらに生(生酒)があるなんて。
 うろ覚えですが400本限定生産で、飲食店には一店三本までとのこと。
 餃子ってふわっとした味の広がりで、そんな広がりをきゅっと締めてくれる日本酒、素晴らしい。

クリックすると拡大します

 二品目の焼肉は大山どりをタレ焼で。
 振れ幅の少ない料理が続くので、ここでのタレ焼はかなり効果的です。
 日本酒をごくごくと飲みながら、焼肉を味わいます。

クリックすると拡大します

 次は亀戸餃子。
 先の焼野菜が野菜中心の餃子だったのに比べ、こちらは肉中心の餃子、美味しいですねぇ。
 1人4個ですので、2個はそのまま食べ、残りはタレを付けて美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 Takachiyo 59 AIMACHI 愛町 純米吟醸生原酒。
 愛山を麹米に、雄町を掛米に使用した、その名も「AIMACHI」。完全に海外販売を意識したラベルに返って和風の美が感じられます。
 なぜ60ではなく59なのか、なぜ愛山だけではなく愛山と雄町なのか、そこをガッツリ語り合える友と飲んでこそ、だと。

クリックすると拡大します

 お店の訪問することを「登山」と称される「肉山」、肉山の光山社長さんイチオシのチャンピオン餃子。 
 大阪の餃子専門店チャンピオンで飲み販売されているチャンピオン餃子、先ずは焼きで頂きましたが、たっぷりの野菜と肉を薄皮で包んであって、とても美味しい。
 ま、先の二つに比べるとバランス系餃子、という分類でしょうか。

クリックすると拡大します

 店員さんの手が空いてきたので熱燗で。
 チンチンするほどの熱燗でも良かったのですが、この温度も美味しいです。
 飲んだ日本酒の全てを紹介しているわけでは無いですし、日本酒を飲みに行っているのであって写真を撮りに行っているのでは無いですし。

クリックすると拡大します

 何かの計算ミスがあったのか、こちらの計算ミスか、ここで焼餃子14個。
 出されれば喜んで頂きますので問題ありませんが、これで餃子は終わりでは無いのに。
 さて、美味しい餃子は熱燗にも合うか、もちろん合います。

クリックすると拡大します

 最後にチャンピオン餃子の水餃子。
 薄皮の餃子はあまり水餃子に合わないのですが、そこはチャンピオン餃子、皮が破れること無く美味しく頂けます。
 ネギを合わせたタレが用意されましたが、これがとても良く合います。

クリックすると拡大します

 折角なので、ラストにカルビ。
 カルビって口切りで食べることが多いので、〆に食べたのは初めて、〆でも美味しいカルビ。
 この辺りは記憶が曖昧になるほど酔っ払っているので、美味しい味は覚えているけど、逆向きで写真を撮っちゃったりして。

クリックすると拡大します

 コースだと〆に最強激辛スープ(カレー)ですが、今日はユッケジャンスープ。
 これがかなり辛くてドストライクな美味しさ、いいですねぇ。
 あまり餃子が得意では無いので、ここまで食べるのは初めて、美味しくて楽しかった。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記