2018年03月22日

鶏節スープ

/あずみ大崎店にて三種の天ぷら盛り合わせそば/らぁめん夢@東神奈川にてわんたんらーめん/

クリックすると拡大します

 朝は移動中に気になっていた、JR大崎駅改札内のDila大崎にある、あずみ大崎店ホームページ)。
 ジェイアール東日本フードビジネスの経営、現在は北松戸店、熊谷店、国際展示場店の全4店舗。
 公式ホームページで「あずみ大崎店」と表しているにもかかわらず、口コミサイトでは「生そば・うどん あずみ 大崎店」と独自に冠が付いています。

クリックすると拡大します

 自動ドアを入ると目の前にタッチパネル式の券売機が2台あり、好みの券売機で食券を買って左に進みます(店舗自体が左右に長い構造)。
 券売機は厨房と通じていないので、店員さんに食券を見せて「そば」と伝える必要があり、好みで「ネギ多め」と伝えます。
 10カウントより早く出来上がるので、負けない早さで少し先にある給水器でコップにお冷やを注いで戻り、おそばを角盆で受け取ります。

クリックすると拡大します

 注文カウンター反対側に9席のカウンター。
 店内奥は左側に6人ほどの立ち食いスペース、中央に向かい合わせカウンター10席、そして窓沿いに10席のL字型カウンター。
 サボテンのようにぽつりぽつりと置かれた七味唐辛子が入った調味料ボトル。

クリックすると拡大します

 期間限定 三種の天ぷら盛り合わせそば540円。天ぷらはちくわ天、小海老天、鶏のほぐし天。
 関西だしまでは行かないまでも、関東だしからはかなり離れたあっさりした味わいの蕎麦つゆです。
 天ぷらはあげ置きですが固いほどでは無く、分けネギが良く合います。

クリックすると拡大します

 生そばは思っているほどは悪くなく、ギリギリ美味しく頂けます。
 途中で七味唐辛子を振って緩んだ味わいをキリッと締めて、最後まで飽きること無く頂きます。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 東神奈川駅から徒歩10分程度の、らぁめん夢@東神奈川(横浜市神奈川区)
 2014/1/18オープン、今さら出身店を説明するのは恥ずかしいので伏せます(気になる人はググって下さい)。
 ラーメン好きの殆どは訪問済みと思われ、地元客のみの半数程度の入りで、初訪問。

クリックすると拡大します

 厨房に面した7席のL字カウンター台が低めと言うこともあって、店内に入った瞬間に全体が見渡せるほどのこじんまりさです。
 左隅の券売機で食券を買います。メニューはらーめん、つけ麺、にぼし。デフォ増しのトッピング、ご飯もの、ビール。

 そのまま振り向くようにしてカウンター席に座り、カウンター台に食券を置いて、コップにお冷やを注ぎます。
 卓上にはガーリックパウダー、一味唐辛子、ブラックペッパー。

クリックすると拡大します

 店主さんの流れるような所作を眺めていると、出来上がってきたわんたんらーめん950円。続けて「お好みでどうぞ」と注射器を渡されます。
 厨房の煩雑さや、壁や床の不衛生さを一変させる美味しいスープ、店主さんの門地を知らずにふらりと入って食べたら、椅子から転げ落ちること必達。

 比内地鶏の丸鶏スープに感じましたが、言い切る自信が無いので調べてみたら、鶏節(国産の良質な鶏むね肉を鰹節と同じ製法で仕上げた節)の荒削りを煮出してスープにしているとのこと。
 最近になって、比内地鶏をやめて鶏節にしたらしい。
 初めて味わいました、こんな食材もあるんだ、私はラーメンのことをあまりにも知らないです。

クリックすると拡大します

 妖艶ささえ感じるぬるりとした三河屋製麺の細麺(こちらも調べましたが合っていました)、するりと喉を通り過ぎていきます。
 チャーシューは燻製と漬け込みの2種類、シャキッとした青菜、メンマに板海苔。
 ワンタンは5個入っていて、むっちりした餡が美味しいけど、彗星のように長い皮を楽しむタイプに感じました。

クリックすると拡大します

 麺を殆ど食べたところで注射器から煮干油注入、味わいより煮干の香ばしさが素晴らしい。
 麺を食べ終わったところで、試しにガーリックパウダーを振ってスープを味わってみたら、これが意外に面白い。
 スルッと食べて、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記