2018年03月23日

おにやんまコンプ

/おにやんま人形町店にて冷[並盛]とり天ぶっかけ/豚ラーメン板橋駅前店@板橋にてカレーらーめん/

クリックすると拡大します

 朝は積年の宿題店である、2017/12/18にオープンしたおにやんま人形町店へ。
 食べるだけならいつでも食べられたけど、私の中では絶対に朝食として食べたかったので、今頃になっての訪問になりました。
 おにやんまは本店として五反田店が2010/6オープンし、新橋店、東品川店、中目黒店ときて、人形町店が5店舗目(一応、全て訪問済み)。
 私がおにやんまが好きな理由はうどんが美味しいことではなく(もちろんうどんは美味しいのですが)、「自分が食べたいものを出すだけ」を実現している希有はうどん屋だからです。

クリックすると拡大します

 メニューはうどんだけで、ご飯とかそばとかラーメン(中華麺)などは扱っていません。
 うどん汁の形態として温かいの、冷たいの、冷たいのはぶっかけとおろし、つまり3種類。
 あとは種物の違いで、とり天、ちくわ天、きつね、豚バラ肉など。
 「自分が食べたいものを出すだけ」なので、アルコール類だけでなくソフトドリンクもありません。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買うと、厨房の連動機からレシートが出るので、食券はそのまま捨てちゃっても並んでいる順番に出来上がってきます。
 逆に言えば、外に並んでいても食券を買わずに並んでいたらいつまで経っても出来上がってきません(全店舗共通です)。
 しかしして、その「先行逃げ切り方式」は都内でも一般的ではなく、買った食券を受付に出したがるお客さんが多く、そのための籠が用意されています。
 店内は立ち食いスペースのみ10人ほど、先客がいれば食べる場所を確保して、鞄を持っていたらフックに掛けて、出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 卓上には天かす、七味唐辛子、おろし生姜。以前は分けネギも入れ放題でしたが、今は昔。
 ここで、店内に入っても特に挨拶がないことに気が付きます(必ずではないので、挨拶されることもあります)。
 これこそがおにやんまの真骨頂で、その理由が気になる人は大下社長のインタビュー記事を読んでみて下さい。

クリックすると拡大します

 冷[並盛]とり天ぶっかけ420円
 五反田店ならば目の前に配膳されますが、こちらでは順番に受け取ります。受け取るときに箸を忘れずに。
 記念写真を撮影したら、先ずは好きなだけ天かすを掛けてから、ガシッと箸を差し入れ、バサッとうどんを持ち上げて食べます。
 つるんとした麺肌にすーっと出汁をまとい、くっとしたコシのあるうどん、旨いなぁー

クリックすると拡大します

 信頼する香川の製粉会社から取り寄せた小麦で店内製麺して打ったうどん、厳選した高品質の伊吹いりこの出汁、それがたったの300円。
 天ぷら類ももちろん店内揚げ、長かったり短かったりのブレこそが手作り感、今日のは上ブレした当たりのとり天。
 旨かった、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します


クリックすると拡大します

 東京の東にいたので、夜は東の方のお店で食べるかと板橋へ、、、板橋って東京の東じゃなくて北かも知れない。
 板橋駅東口から出て1分の豚ラーメン板橋駅前店@板橋(北区滝野川)、今年の1/6で開店1周年でした。
 店内に入ろうとしたら満席、桂店主さんは「たまたま」と仰っていましたが、たまたまでも満席になるのは凄いですね。

クリックすると拡大します

 1人、2人とお客さんが出てきたので足を進め、右手の券売機で食券を買います。
 メニューはらーめんとまぜそば、トッピングは味玉、生たまご、メンマ、魚粉、チーズ、豚。
 赤富士(辛味増し)は高見山、富士山、キリマンジャロ、エベレストと揃っています。
 黒ウーロンとビールとライス。そして本日お目当ての限定メニュー。

クリックすると拡大します

 カウンター10席、空いている席に座り、食券をカウンター台に置きますが、麺量の少なめや茹で加減の好みは合わせて伝えます。
 ビール350円、うずら50円。桂店主さんに無沙汰を詫び、今夜は板橋で一人お疲れ様会。
 卓上には一味唐辛子、酢、かえし醤油、白胡椒。
 厨房には店主さんと御母堂がいらっしゃって、店主さんとツーオペ、中々見られない光景っす。

クリックすると拡大します

 高度な政治的戦略の議論を交わしていると、(気を遣って)「限定の方ぁ〜」と声がかかり、ヤサイとニンニク。
 カレーらーめん820円、ライス付きです。
 ここのヤサイはもやし、キャベツだけでなく、ニンジンも入っていて、どうという事のない量でも気持ちが嬉しい。
 ド豚骨、ド背脂、などなどから作り出されるスープ、カレーがこんなに合って美味しいんだから、レギュラーにしてくれよ。

クリックすると拡大します

 力強い極太麺はもちろん自家製麺、しっかりと茹で上げられていて、ガッツリと喰らいます。
 この麺はラーメン二郎直系店、ラーメン二郎出身店、ラーメン二郎インスパイア店では明確に異なりますが、この店はその線引きを脅かす出来映え。
 ブタは薄めですが個人的には全く問題なし。神豚もあればチャーシューもある、と。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらインライス。
 J系のスープにライスが合うだろうと思っていたけど、こんなに合うのか、、、スープと共に食べきってしまったら、そーとー身体に悪いだろうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記