2018年03月25日

能登料理と能登の日本酒

/食ぱん道鶴巻南店にてぷれーん、ブルーベリージャム/東京煮干屋本舗@中野にて湘南しらす油そば/エストレーラカフェバーにて能登の鮮魚を食す会 能登日本酒付き/

クリックすると拡大します

 昨年の12月1日にオープンした食ぱん道鶴巻南店ホームページ)、都内でも簡単に見つけることが出来ない食パン専門店です。
 ホームページによると、都内4店舗、横浜大岡山、愛知県豊橋市に次いで地元の鶴巻に出店です。
 場所は鶴巻中学校入口交差点のセブンイレブンの隣、以前は看板が出ていないパン屋で、その前はリサイクルショップだったかな。

クリックすると拡大します

 営業時間は朝9時から夜7時まで、駐車場が2台分しかないので、隣のセブンイレブンにクルマを停めて、生ハムとサラダを買ってから、と。
 店先にはパンの種類毎に焼き上がる時間が告知されていて、好みのパンの焼き上がりに合わせて来店される人もいるのでしょう。
 店内に入ると、こんな田舎にパン好きがこんなにいたのかと思うほど混み合っています。

クリックすると拡大します

 イートインのコーナーもあって、焼きたてのパンをドリンクバーとかサラダとか、スープとかシチューとか、一緒に楽しめます。
 色々と楽しむつもりですので、先ずはテイクアウト、角食とジャムを買って帰ります。
 ジャムはブルーベリー、林檎、檸檬マーマレード、紅ほっぺ苺、甘夏柑マーマレード。バターや蜂蜜もあります。

クリックすると拡大します

 角食としてぷれーん、れーずん、ゆたか、ちーずゆたか、山食としてぷれーんとっぷの計5種類、全て1斤売りでカットもして下さいます。
 焼きたては4枚切りがオススメでしたが、無意味な意地を通して6枚切りでお願いしました。
 「焼きたてですので締めないでおきますね」と包装のビニール袋を開けたまま渡して下さいました。

クリックすると拡大します

 ぷれーん290円とブルーベリージャム650円を買って帰ってきて、安物のトースターで焼きます。
 焼いている間にサラダを袋から開け、生ハムを並べ、スクランブルエッグもどきを焼いて、と。
 焼き過ぎ、、、ブルーベリージャムを塗って出来上がり。
 ふわっふわの角食、とってもおいしい、2人で1斤食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 その後、あれこれ雑用を片付けながら少し早めに家を出て、近所の桜を撮影します。
 私の場合、カメラを向ける前に10分ほど桜を眺めてしまうので、無駄に時間が掛かります。
 今から考えると、立ち止まってじっと桜を眺める小汚いオヤジ、社会の迷惑だろうな。ごめん。

クリックすると拡大します

 日曜日の昼下がり、中野に着いたのはランチタイムを超えた16時を過ぎ。
 急いで16:30までやっている店に向かうも30分前で「スープ切れ終了」で振られ、17:00までの店に急ぐも「先に同じ」と45分前に振られ、通し営業のこちらへ。
 東京煮干屋本舗@中野(中野区新井)、2013/4/24オープン、新井薬師前にあるRYOMAのセカンドブランド。
 セカンドブランドなので、RYOMAで販売しない(できない)商品を販売する店舗なのでしょう。

クリックすると拡大します

 こんな時間なのでノーゲス、もちろんワンオペです。
 メニューは油そば、台湾まぜそば、煮干らーめん。店名から考えと、券売機の商品ボタンの並びが逆じゃないかと。
 トッピングはパクチー、しらす、ガブリ豚、味玉など。限定メニューもありました。
 食券を買って振り向くとカウンター12席、パッと店内を見渡して、照明が良さそうな席に座ります。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、スタンダードか、煮干増しか、鰹節増しか、を訊かれます。
 何となく味は想像できるけど、いきなり訊かれてちゃんと好みを答えるのは難しく感じてしまいました。
 煮干し粉なら小鉢で、煮干し油ならボトルで出して頂き、お好みでどうぞが、が個人的には嬉しいです。

クリックすると拡大します

 卓上にはフライドオニオン、ブラックペッパー、香味辛油、やさしいお酢。
 私が油そばを食べ始めた20年前頃の食べ方というのは、先ず辣油と酢を回しかけるべし、でした。
 いつの頃からか、先ずはそのまま味わって、次に好みで辣油と酢を掛ける食べ方に変わりました。
 が、この店は、先ず掛けるべしのスタイル。

クリックすると拡大します

 少し待って湘南しらす油そば900円
 辣油、酢、共に三周掛けて良くかき混ぜて食べると、どちらかと言うとサッパリ方向に美味しい。
 丼が大きめなので、混ぜやすく食べやすいです。

クリックすると拡大します

 途中から味変もないし、ライスは有料なので、ささっと食べ終わって終了。
 麺量が物足りないとは思いましたが、麺大盛り無料だったんですね。
 言われなかったので、言いそびれてしまいました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 夜は恵比寿のエストレーラカフェバーで開催された、「能登の鮮魚を食す会 能登日本酒付き!」に参加してきました。
 特別な著名人やタレントが参加するわけではありませんが、築地を通さずに能登の鮮魚を直接食べられる招待客のみの貸切パーティー、、、パーティーなのか。
 ひょんなことの縁でお声掛け頂き、ありがとうございます。
 ドレスコードはありませんけどね、なんで一介のサラリーマンがこんな会に参加できるのは、私自身がよく分かっていません。

クリックすると拡大します

 料理は能登の食材づくし、ビールはありきたりですが、日本酒はUFO、谷泉、手取川正宗、白菊。
 特に谷泉のあらしぼりは石川に行っても飲めないほど、貴重酒です。
 何と言っても魚が美味しかったのですが、サバのみりん焼き、真鯛の塩焼き程度しか覚えていなくて。 
 でもね、いいの。楽しかったから。

クリックすると拡大します

 和服の女性も参加していて、お重に入った石川の手料理。
 かぼちゃのきんとん風、能登なまこのみぞれ和え、五郎島金時、中島菜の吟醸和え、
 私にとっては初めて食べる料理ばかりで美味しかったですけど、石川出身者には涙モノの地元料理ばかり。

クリックすると拡大します

 刺身はさざえ、カンパチ、甘海老、イカなど盛りだくさん。
 醤油に幻の醤油を用意されていて、味わい深い醤油というのは初めて知りました。
 乾杯のビール以外はずっと日本酒を飲んでいて、立食でここまで飲むと結構辛い。

クリックすると拡大します

 初めっからご飯もの登場、牡蠣の握り、イカの握り、さざえごはん、なんか魚の卵的なやつ。
 ぶつからないと動けないほど混み合っていて、それでも何とか場所を確保して食べる、飲む、喋る。
 全くの初対面、と今後会う予定が全くない人とひとときの楽しい時間を過ごす。
 場が白けるとか、料理がどう、飲み物がこう、じゃなくて、自分の気の持ちようですな。

クリックすると拡大します

 かなりお腹が膨れているのに、アジフライに悶絶。
 サクッ、ではなく、ざくっとした歯応え。ソースも醤油も必要ない、そのままの美味しさ。
 カフェバーなのにしっかり揚げ物が出来る調理器具があることに驚き。

クリックすると拡大します

 なぜか最後にテリーヌ。多分美味しく食べた、良く覚えていない。
 友達申請合戦は辟易しているのですが、今夜は自分から声を掛けてしまいまして。
 何かの飲み会で、また会えるとイイな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記