2018年04月21日

あざみ野と鴨居

/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて汁なし担々麺/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にて味玉塩らぁ麺/

クリックすると拡大します

 今月辺りから、あちこちでラーメンイベントが始まっています。
 とても魅力のあるイベントなんだけど、どこかに伺うとどこかに伺えないこともあって、「なんであっちには行ってこっちには来ないんだよ」と言われかねません。
 そんな自意識過剰な私は、今年もラーメンイベントは極力伺わないつもりだけど、さて、どうなることやら。

クリックすると拡大します

 お昼はらーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)へ。
 よんどころのない事情で食べログにレビューを乗せているので、今日で何回目の訪問かを数えてみたら、たったの42回目。
 それっぽっちで常連面するのは自意識過剰にもほどがあります。

クリックすると拡大します

 県外からお客さんが来るような名店の場合、たとえラーメン一杯であっても、休日は遠征客用に訪問を避けています。
 自身が遠征して麺切れくらった悲しい経験からですが。
 しかしして、昼間はどんな感じかと、久し振りに開店前に着いてみると、外待ち5人。

クリックすると拡大します

 着席して食券を渡してラーメンの出来上がりを待っていると、店内待ち、外待ちができるほど。
 今年の夏で4周年になろうかというのに全く輝きを失っておらず、さらに輝きを増しています。
 そんな中でお客さん一人々々に丁寧な接客、当たり前のことを当たり前にしてきたからこそ今がある、んだな。

クリックすると拡大します

 程なくして月替わり限定メニューの汁なし担々麺1,000円、辛さと痺れが5段階から選べるのですが、お任せで。
 担々麺は挽肉、辣油、花椒、芝麻醤などの味のバランスが全てだと考えています。
 バランスというのは「同じ」ではなく「釣り合う」であり、特出した辛さと痺れがあって、挽肉と胡麻の旨味が引き立っています。

 このメニュー専用の特製平打太麺、いい感じで具材と絡まり合い、旨いなぁー
 多めに乗せた刻みネギ、ナッツ、糸唐辛子がこっそりとした隠し味ですね。
 食べ進めると麺が冷めるのが常ですが、何か特別な工夫をしているのか、最後までアツアツのまま食べられます。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ進めてしまうと何も残らないので、忘れないうちにひき肉をライスに乗せておきます。
 ライスも美味しくスルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わって店主さんの一言二言お話させていただき、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 お昼は支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)、前2回は鴨居駅から歩きましたが、今日は小机からバスに乗ってみました。
 どんな風に昼営業が終わっていくのかをこの目で見てみたくて、昼営業ラスト1時間前狙い。
 とは言え、ラーメン食べて、お冷やだけだと厳しいので、ビールが始まるのを待っていました。

クリックすると拡大します

 お店に着くと外待ち5人、しばらくして店内に入ると店内待ち5人、そんなに繁盛していて嬉しい限り。
 券売機を見ると、つけ麺はカミングスーンのまま、ビールと共にお子様ラーメン、極卵かけご飯が始まっています。
 ポチ、ポチと食券を買うと店員さんが引き取ってくれて、そのまま少し待ちます。

クリックすると拡大します

 空いたカウンター席に案内され、ビール500円。
 スーパードライの中瓶、二重構造のステンレス製コップ、良いですねぇ。
 お店によっては200円はするおつまみ(チャーシュー二枚、ほうれん草のお浸し、刻み紫玉ねぎ)が添えられます。

クリックすると拡大します

 たっぷりビールを飲んでいい気分になったところで、味玉塩らぁ麺880円
 鶏油がテカテカする出来立てホヤホヤのスープ、濃厚な淡麗スープとでも呼びましょうか、美味しいですねぇ。
 修業元の麺屋翔には三年ほどしかいなかったはずなので、その前はどこにいたのか聞いたら、、えっ、そうなんだ。
 でもその店のスープとはあまり関係ないような、、、つまり独学ってことかな。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の平打中太麺(醤油は菅野製麺所の細麺)、いい感じにスープに馴染んでいるけれども、まだまだ三か月目、もっと美味しくなるでしょう。
 チャーシューは仕上げに燻製していて、少し脂身が多いけど、その脂身も美味しいほど美味しい。
 ほうれん草のお浸し、刻み紫玉ねぎ、白髪ネギ。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べを終わったところで暖簾を仕舞われたので、四方山話を一つ二つ。
 また、食べに来ます。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月20日

リニューアルオープン

/SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋@銀座にて麻婆麺/九州豚骨らーめん藤之家@伊勢原市にて豚骨らーめん、替玉/

クリックすると拡大します

 野暮用を済ませるために、午前休して、と。
 なんとか用事が済んで家を出たらすっかり遅くなってしまい、、あれもこれも行きたいお店があったのに。
 ま、何でもかんでも未食店、新店に限らなくてもいいので、イケそうでイケない身近なお店でお昼にしますか。

クリックすると拡大します

 やっと二回目の訪問となるSHIBIRE NOODLE 蝋燭屋@銀座(中央区銀座)、昨年秋のオープンですので、これから初めての梅雨と暑い夏を迎えます。
 ランチタイムばっちりの訪問になってしまい、外待ち10人、店先には以前はいなかった列整理の店員さんがいます。
 一般的なラーメン店だとお店のTシャツを着ているけど、そこは銀座、ビシッとスーツを着ています。

クリックすると拡大します

 日差しが暑いのでビルの影に入って並んでいましたが、隣のお店に迷惑が掛かりそうな雰囲気なので、並び直し。
 すると先の列整理の店員さんが日傘を貸し出していて、もちろん女性だけ。
 流石は銀座、日傘もちょっと上品に見えますね。

クリックすると拡大します

 20分ほど待って店内へ、券売機を見るとメニューに変更はなく、麻婆が売れ行き好調で夜営業では数量限定になるのも同じ。
 今日は麻婆麺で。辛さを薄辛、普辛、倍辛から選べるので普辛で。
 ランチタイムはライスがサービスされるので、お願いしました。

クリックすると拡大します

 程なくして麻婆麺1,000円。1,000円のラーメンを高いと言っていた時代は終わってしまいましたね。
 粗めの豚挽肉に花椒で程々の痺れ、唐辛子でまずまずの辛さ、僅かな長ネギ、たっぷりの豆腐、とても美味しい。
 これって麻婆豆腐ではないでしょうか。ベースのスープは鶏ガラの清湯でしょうか。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺が良い感じに麻婆にまとわりついていて、かなりの好相性です。
 辺りを見渡すと半数以上のお客さんが麻婆麺を食べていて、その人気ぶりが伺えます。
 途中、ぶどう山椒オイルをさっと掛けて味変、これがまた美味しい。

クリックすると拡大します

 サービスのライスに麻婆を乗せて、美味しくいただきます。
 食べ終わって店を出ても外待ちは途切れず、次はランチタイムを外して訪問しなければ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 味噌や  魚らん坂  伊勢原駅前店が閉店し、4/13にリニューアルオープンした九州豚骨らーめん藤之家@伊勢原市へ。
 以前の店舗もお客さんは入っていたと感じていましたが、聞けば「昼間が弱かった」とのこと。
 上手く行かないときにどこまで我慢するかはお店によってまちまちですが、1年とか2年で見切りをつけるのは英断ですね。

クリックすると拡大します

 営業時間は11時から15時30分、17時から23時まで、スープ切れ早じまいアリです。
 店内に入ると左手の厨房を囲むL字カウンター7席は変わっていませんが、テラス席は4人掛けテーブル3卓。
 前店と同じ場所に券売機、食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは豚骨ラーメン、焦がしニンニクラーメン、豚骨辛味ラーメンの3種類です。
 トッピングはチャーシュー、味付玉子、ネギ、きくらげ、のり、焦がしニンニク、辛味弾。
 替玉100円、替玉黒150円、替玉辛150円。ご飯ものはライス、チャーシュー丼、明太ご飯
 飲み物としてビール、ハイボール、コーラ、オレンジ。

クリックすると拡大します

 空いた席に座って食券を渡すと麺の茹で加減を聞かれますので、カタメンで。
 ※茹で加減は粉おとし、はりがね、ばりかた、かた、ふつう、やわの6段階。
 アレっと、もう一度店員さんを見ると、おお、元藤之家店長さんが復活しているじゃないですか。
 卓上にはおろしニンニク、白胡麻、ラーメンタレ、醤油、辣油、酢、紅生姜。

クリックすると拡大します

 程なくして豚骨らーめん680円。
 とろんとした豚骨スープは脂はかなり少なめで、全体的に軽めに仕上げてあってとても飲みやすく、馴染みやすい美味しさ。
 この手の豚骨ラーメンは平塚まで行かないと見当たらないので、とてもありがたいですね。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の極細麺はスープと好相性、少しダマ気味なのでちょっとゆがいて食べます。
 トッピングは小さめのチャーシュー二枚、キクラゲ、青ネギ。
 せっかくだから替玉、カウンター台に現金を置いて、お願いしました。

クリックすると拡大します

 替玉100円は別皿で提供され、青ネギが乗せられています。
 スープに入れて、さらに紅生姜、おろしニンニクを乗せてみます。
 全体をよく混ぜるととても美味しい。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 店内が混み合っていたので、元店長さんと一言二言だけ挨拶してお店を後にしました。
 美味しい豚骨ラーメンの店として、頑張ってください。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月19日

おみ乃デビュー

/ゆで太郎代々木東口店にて野菜たっぷり中華そば、クーポンかき揚げ/焼鳥おみ乃/

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 久し振りに朝ラーを、ゆで太郎にはシンプルな中華そばと、茹で野菜がたっぷり乗った中華そばの二種類があります。
 どちらにしようかな、というか順番に食べていて、どれにするか楽しみなのはトッピングです。

クリックすると拡大します

 野菜たっぷり中華そば540円、クーポンかき揚げ
 この野菜たっぷりな中華そばに、天かす、紅生姜を乗せて、ドカンとかき揚げをトッピングして天中華。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 なんか気が付いたら東武スカイツリーラインって名称に変わっていて、駅名は押上からスカイツリー前に変わる寸前です。
 お店に一番近い出口までが改札から遠くて、たどり着けないかと思った。
 辺りが薄暗くなっていくと、ついつい空を見上げて月を探してしまいます。

クリックすると拡大します

 押上駅周辺の飲食店街から一転して薄暗い住宅街に向かう途中にある、焼鳥おみ乃
 おみ乃がどんな店か、店主がどんな人かに興味がある人はネットを検索してみて下さい。
 ついに私も焼鳥デビュー、私の薄給ではこのレベルの飲食店に年に数回が精いっぱいです。
 ですので、去年は鮨屋、今年は焼鳥、来年以降は天ぷらとか、うなぎとか、まだまだ勉強は続きます。

クリックすると拡大します

 焼鳥の作法を知りませんし、おみ乃の作法も知らないので、幹事さんや店員さんに教わったり、聞いたりします。
 まず一杯目にビールを飲んでいいのかさえも分かりませんでしたが、ビールとウーロン茶で乾杯。
 付き出しはカブとキュウリの漬物、大根おろしはお替り自由ですが、無くなりかけると、どんどん追加してくださいます。
 もちろん料理以外の頼み方も分かりません。

クリックすると拡大します

 幹事さんが「コースにしようか」と言えば全員がはい、店員さんに告げると「苦手な食べ物はありませんか」と尋ねてくるので全員がありません。
 焼鳥と野菜焼はストップするまで提供されますので、お腹いっぱい少し前にストップし、〆の分のお腹を空けておかなければなりません。
 一本目はさび。ささみを焼いてわさびを乗せてあり、薄いピンクの鶏肉を薄いウグイス色の山葵と共に食べてみると、なにがなんだか分からないほど美味しい。
 鳥は全て契約農家の伊達鶏ですが、店内には全く説明がありません(必要ないですね)。

クリックすると拡大します

 ビールに続いて日本酒、メニューには日高見、奈良萬、百十郎、錦屋、満点星が書かれ、隠し日本酒もあるようです。
 日本酒を飲むこと以上に「一体、どんな銘柄が揃えてあるのか」が非常に気になるところです。
 他にも焼酎(ボトルキープもある)、グラスワイン、梅酒も揃っていて、ソフトドリンクもあります。
 して、今日のところは奈良萬純米無濾過生原酒中垂れ、微発砲さは全くなりを潜めています。

クリックすると拡大します

 血肝。鳥のレバーはタレ焼き、タレと塩はランダムに出てくるので、お皿に左側にタレを、右側に塩を置いた方がいいよと。
 銀杏。なぜこの時期で銀杏なのかは分からないところですが、小振りで絶妙な塩加減です。
 砂肝。周りはかなりの噛み応えなのに中は何もないかのようなスッと抜けていく、私がこれまで食べたことのある砂肝とは別の砂肝なのだろう。
 白玉。うずらの卵を半熟に焼き上げていて、ひとつづつではなく一気に三つ食べるべき。

クリックすると拡大します

 厚揚げ。修業元の鳥しき名物、皮の焼き加減と相反する中の豆腐は瑞々しい、何でどうやって焼いたのだろうか。
 串焼きはこちらから言わないからなのか、焼き方(塩かタレか)を聞かれることは一度もありませんでした。
 常時満席、ほぼ予約のみと思われるお客さんの隙間は5分もありません。急かして帰してる空気はみじんも感じられません。
 お任せで飲み食いする場合、お客さんによって食事時間はまちまちだと思いますが、どうやって時間管理をされているのだろうか。

クリックすると拡大します

 マルハツ。ハツは鳥の心臓ですが、開いて焼くのではなく、心臓の内幕を裏返して円錐形のまま焼き上げてあります。
 これまで私が食べてきた焼鳥は「やきとり」であり、この焼鳥が焼鳥なのだろうか、そもそも焼鳥とはどういいう料理なのだろうか。
 同じ食材で同じ料理名なのに全く異なる料理、つまり調理と料理は違うのだと教えてくれるお店。
 軽々しく「美味しいねぇー」と言えない、この焼鳥のために言葉を考えたいほど。

クリックすると拡大します

 かっぱ。やげんなんこつ、この日は16本(平均20本に対して少なめ)を楽しみましたが、二番目に美味しい串。
 これまでコリっとした食感を楽しんでいた気がしますが、こんなに身が付いていたら肉焼きではないでしょうか。
 店内満席(17席)ですが焼き場はひとつ、一度に4串しか焼かないので、次が焼き上がるまで部位によって5分から20分の間が空きます。
 串焼きを食べるのは2分も掛からないので、圧倒的に待っている時間が長いのですが、この待ち時間こそが焼鳥屋の醍醐味ではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 色々な日本酒を飲むのも楽しいですが、同じ日本酒を飲み続けるのが一番性に合っていると感じています。
 飲み終わる頃を見計らって「お次は何をお持ちしましょうか」とお声がけいただくので、「おなじものを」と伝えます。
 大将は基本的に焼きと会話に専念しているので、飲み物関係はお弟子さんの担当です。
 ベテランのお弟子さんもいれば、ひょっとして今日が初めてか、的なお弟子さんもいて、そのお弟子さん全ての給料を含めての値段なのでしょう。

クリックすると拡大します

 キャベツ。ミニキャベツを強めに焼き上げていて、箸休め的な野菜焼きです。
 せせり。適度な脂身をまとう鳥の首周りの部位、すっきりした脂身を油の味を残して焼き上げてあります。
 どんこ椎茸。レギュラーメニューなので一年中食べられる椎茸、味付けは醤油だけです。
 茄子。こういう小さめの切り口も面白いですね。

クリックすると拡大します

 ちょうちん。内臓にあった殻と白身に覆われる前の卵黄、驚きの半熟卵、名古屋の焼鳥屋で食べて以来。
 既に日本酒は三杯目、ここまで食べていて気が付きましたが、一切、調味料を使わずに串を食べています。
 テーブルには七味唐辛子、柚子胡椒、濃口醤油が用意されていますが、レモンでさえ使ったのは一回だけ。
 女性陣は使っていたようで、味は好みだから何に何をしようと食べ手の自由ですが、手羽先以外は一口で食べてしまうので、調味料を使うタイミングがありません。

クリックすると拡大します

 手羽先。もちろん骨付きですので、箸をおいて両手で大口を開けて食べます。全ての串にレモンが付けられていますので、ここでだけ使ってみました。
 つくね。いわゆる砕いた軟骨を合わせてあり、目をつぶり黙って味わう串です。
 肩。食べ慣れない部位ですが、希少部位と言うことはなく、上品な味わいの串です。
 アスパラ。三品目の野菜、もっとあるみたいですが私の席からは伺えず。

クリックすると拡大します

 串もいいけど丼もね、と。
 日によって種類、杯数が変わるので、幹事さんが店員さんとやり取りしているのを横目で見ながらテーブルを綺麗にして。
 親子丼(多分)、写真が悪くてトロトロ感やふんわり感が全く伝わらないと思いますが。
 大将は焼き方に専念しているので、裏手でお弟子さんが作った一品、一杯いくらなんだろう。

クリックすると拡大します

 もう一杯は鶏ガラスープ漬け、全く味がしないと言っていいほどの薄味仕上げ、こんな薄味のスープを味わったことが無い。
 焼きの間隔が長いので途中までメモしながら食べていたけど、その間隔でも味わえるようになってしまい、途中からメモを忘れています。
 一度も時計を見ませんでしたが、19時にお店に入って出たのは22時頃、とても素晴らしい3時間。
 というか、22時頃に予約して入ってくるお客さんもいるんですね。

クリックすると拡大します

 さて、お会計の段になってマスカット。
 お茶も出たような気がしますが記憶がはっきりしません。
 ずっと飲んでいれば別ですけど、ビール一杯、日本酒三合相当、串もの16本、丼物で〆て1万円でお釣りが来ます。
 帰り際に次回の予約を取ったので、もう次回を楽しみにしている自分がいます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記