2018年04月08日

チューリップ祭り

/チューリップ祭り/らーめんよし坊@茅ヶ崎にてみそらーめん/中華蕎麦とみ田の通販用つけそば/

クリックすると拡大します

 女房に誘われて、市内の戸川公園で開催されているチューリップ祭りに行きました。
 戸川公園は子供が小さい頃に、子供を遊ばせに行ったきりですので、10年以上ぶりになります。

クリックすると拡大します

 駐車場は川の両側にあるのですが、どちらも満車、野球場の脇にある広場(普段は何に使っているのだろうか)に用意されていた臨時駐車場へクルマを停めます。
 この手の駐車場にしては珍しく、2時間までと2時間以上で料金が異なります。

クリックすると拡大します

 臨時駐車場は川沿いなので、少し勾配のある坂を10分か15分掛けて登っていくと、チューリップが数え切れないほど植えられています。
 チューリップに限らず、この時期に咲く花の殆どは、秋から冬にかけて植えたり、年間を通して伐採などの手入れをしてあるものばかり。

クリックすると拡大します

 手入れをして下さる人に感謝しつつ、まだまだ一般的に知られていないので人もまばらで助かります。
 私達を含めて、全員が写真を撮っている時代ですね。

クリックすると拡大します

 写真を誰かに見せるとかネットにアップするとかの人もいるでしょうけど、撮影する行為そのものを楽しんでいるようです。
 ある意味、メモリカードがなくてもファインダー(モニター)を通してシャッターが切れたらそれで良し、なんだろうな。

クリックすると拡大します

 青空と、八重桜と、菜の花と、チューリップと吊り橋まで入って、春の全部入り。
 ああ、三脚を持ってきて、人が途切れるまで待って撮影したいなあ。

クリックすると拡大します

 折角ここまで来たので、風の吊り橋を渡ってみる。
 初めて渡ったときは、その景観に「おおっ」と驚きましたが、久し振りに見渡すとあまりの変わっていなさに「おおっ」と。

クリックすると拡大します

 駆け足で一周して帰宅、なんだかんだでとても楽しかった。
 来年、忘れていなければ、しっかり時期をウオッチして、ちゃんと撮りに行きたいなぁ。

クリックすると拡大します

 遅い時間になってしまいましたが、通し営業に変わったので安心して向かいました。
 らーめんよし坊@茅ヶ崎、通し営業に変わったからと言ってずっとお客さんがいるわけではないでしょう。
 と思っていたら先客一人、遅いお昼は私だけじゃなかったんだ。

クリックすると拡大します

 いつ頃からか分かりませんが、「今日のトッピング」と書かれた立て看板が立っています。
 今日はホウレン草かワカメがサービスになっています。
 店内に入って券売機を見ると、19時以降にお得セット100円(半どんぶり、餃子3個)が増えていました。

クリックすると拡大します

 少し待ってみそらーめん780円。家系のお好みは柔らかめ、サービスはワカメをお願いしました。
 豚骨ダシの旨さをしっかりと感じられるスープ、鶏ガラダシの奥深さが丸く全体をまとめていて、美味しいスープです。
 合わせ味噌の味噌ダレが、とても良い感じで、ここまで味噌ダレに合う豚骨スープも珍しいです。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の角中太麺、モチモチとしたとてもスープに合う麺です。
 醤油と塩は中細麺だった記憶があるので、味噌だけ違う麺なのか、そもそも麺を替えたのか、確認を忘れました。
 トッピングは柔らかくて美味しいチャーシュー、たっぷりの茹でほうれん草、板海苔三枚、半身の味玉、そしてサービスのワカメ。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、おろしニンニクと豆板醤で味変を楽しみます。
 いつもの量だと味噌に負けてしまうので、今日は多めに入れて良くかき混ぜて食べると、これがまた旨い。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 中華蕎麦とみ田の通販用つけそば通販サイトでは3食2,650円ですが、とあるルートからの入手なので2食。
 この手の通販は利用したことがないので初めてなのですが、作り方を見てびっくりしました。
 冷凍されているスープを湯煎で10分、麺を10分、最後に湯煎したスープを煮立てなければなりません。
 薬味の準備とか含めると、調理に30分も掛かってしまいました。

クリックすると拡大します

 スープの中にはチャーシューとメンマが入っていましたが別にも用意して、スープに麺を浸して食べてみると、丼の中だけならとみ田の味そのもの。
 再現性が高いというか、お店で販売している麺とスープをそのまま冷凍しているとしか思えません。
 これはつまり、ライブ演奏をCDで聞くことに似ていて、音楽そのものは会場にいるより良く聞くことが出来ますが、会場では音楽だけを楽しんでいるわけではないですし。
 かなり食べ応えがあると思ったら、一玉250gかよ、いやはや、こんなところで山岸マスターの気概を感じられるとは。

 美味しかったです、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月07日

ゆで太郎平塚桜ヶ丘店

/ゆで太郎平塚桜ヶ丘店にて季節のかき揚げそば(冷)/味噌の大将@平塚市にて濃厚大将味噌らーめん/

クリックすると拡大します

 桜はソメイヨシノから八重桜に移ろっていきます。
 この土日は各地方で桜祭りですけど、今年の桜は早かったからなぁ。
 ま、何でもかんでも関東基準で考えなくても、、、おっと、新店のオープン時間になるぞ。

クリックすると拡大します

 ゆで太郎平塚桜ヶ丘店ホームページ)、167店目の開店おめでとうございます。
 これまで自宅最寄り店舗は厚木でしたが、こちらは自宅からバイクで30分圏内、頑張れば朝食べられたりします。
 敷地内には駐車場が17台分、バイクや自転車置き場も用意されています。

クリックすると拡大します

 店内に入って、明るい声の挨拶に迎えられます。
 カウンター席は券売機裏手に4席、2人掛けテーブルは1卓、4人掛けテーブルは10卓、全46席。
 先ずは食券、と券売機に向かいます。

クリックすると拡大します

 お蕎麦はもりそば、ぶっかけの冷たいお蕎麦と、暖かいお蕎麦の両方が用意されています。
 数々の種物、多くのご飯物、お得なセットメニュー、季節の限定メニュー、何度通っても飽きない品揃え。
 お蕎麦とご飯だけではなく、ビールやハイボールも用意されています。

クリックすると拡大します

 店内は次から次へとお客さんが入ってきて、注目の高さが伺えます。
 さて、季節のかき揚げそば(冷)520円が出来上がってきました。
 季節のかき揚げは前半と後半に分かれていますが、この時期ですから後半であるホタテとアスパラガスです。

クリックすると拡大します

 ひょっとして、この器は未だ一度も使われていないのかも、と思うと、味も格別ですね。
 お蕎麦も、蕎麦つゆも、かき揚げもキッチリと仕上げれて美味しいです。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 11時の開店時間になったので、味噌の大将@平塚市へ。
 2017/6/30オープン、出生はイマイチ分かりません。
 先月、秦野市に暖簾分け店が出店したので、遅ればせながら暖簾分け元店へ伺いました。

クリックすると拡大します

 開店直後でしたのでノーゲス、後客はパラパラと言った感じです。
 店内に入ってすぐ左手の厨房に面したカウンター4席、奥は左手にカウンター10席、右手に4人掛けテーブルが4卓、計30席となります。
 卓上には一味唐辛子、酢、辣油、醤油、白胡麻、おろしニンニク。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、三つ折りメニューを眺めます。
 ラーメンは濃厚(鶏白湯)と淡麗(鶏清湯)に別れ、濃厚は大将味噌、大将海老味噌、大将辛味噌、大将痺れ辛味噌。淡麗は味噌、辛味噌、うま塩、タンメン。
 サイドメニューはせんろ餃子、おおきな唐揚げ、ご飯物など。
 アルコール類とおつまみも揃っています。

クリックすると拡大します

 程なくして濃厚大将味噌らーめん770円(税別)
 もやし、キャベツ、玉ねぎを豚骨スープをブレンドした鶏白湯スープで煮込み、背脂をたっぷりまとわせたスープ、唇にべとつくほどの濃厚な口当たり、濃厚な味わい。
 味噌ダレは北海道味噌、信州味噌、そして加藤兵太郎商店の木桶醸造の本格味噌を合わせ、しっかりとしたコクと風味を感じます。

クリックすると拡大します

 使われている麺は太陽食品の中細平打ち麺、麺そのものがとても美味しく、スープとのも好相性です。
 食べ始めは多めに感じられる麺量も、食べ進めるとするするといけちゃいます。
 トッピングは大きめのチャーシュー、わかめ、昔ながらの味噌ラーメンの麺相です。

クリックすると拡大します

 あまりにもお得なので、つい頼んでしまった半餃子セット150円。
 せんろ餃子3個と半ライスのセットですが、ライスは「半」とは到底思えません。
 秦野市のお持ち帰り専門生餃子店「せんろ」の餃子、小ぶりながら美味しいじゃないですか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は早めに晩酌。
 この時間から飲めれば、夜遅くなってご飯を食べたり、ラーメンを啜ったりしなくなるので、少しは痩せるかな。
 ま、たっぷり飲んでしまえば同じ事だろうけど。
posted by ふらわ at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月06日

美味しい日本酒

/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて台湾ラーメン、チャーシュー/彩酒亭洞にて地魚を中心にお刺身盛り合せ/

クリックすると拡大します

 毎月一回を目処に通院して、診察の後で薬をもらってきます。
 薬って1ヶ月分がマックスなんだろうと勝手に思い込んでいましたが、「来月、病院を工事してお休みするので多めに出しておきます」と多めにもらいました。
 なんでも勝手に思い込んだらダメなんだな。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、、、じゃなかった、通院が終わって、いそいそと駆け付けた元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)。
 最近では昼営業は麺切れ終了、たまに営業する夜は時間切れ終了の大盛況で、全く行かれず。
 と言うことで、月一の通院日を今や遅しと待っていました。

クリックすると拡大します

 先ずはビール500円で、蒲田で一人お疲れ様会。
 昼間っからお疲れ様と聞かれたら、もう人生に疲れちゃっていてと答えますか。
 いやまあ、付け合わせの辛玉子が旨すぎるんですけどね。

クリックすると拡大します

 ビールを飲みながら店内を見渡すと、メニューが貼り出されています。
 開店当初からの表メニュー、裏メニューは踏襲されていて、表メニューには堂々と「チャーシュー100円」が書かれています。
 トッピングに生玉子、わかめ、ほうれん草などもラインナップされていて、これで気兼ねなく(持ち込んだりせず)色々なトッピングが楽しめます。

クリックすると拡大します

 程なくして台湾ラーメン900円、チャーシュー100円
 注文が入ってから中華鍋を振って調理、特製スープをベースにタマネギ、ニラ、輪切り鷹の爪を煮込み、途中から辛味挽肉を合わせ、茹でもやし、薬味ネギととトッピング。
 突き抜ける旨さ、つんざく辛さ、解き放たれた愛。
 久し振りに荒木さんの都度料理限定メニュー、椅子から突き落とされる旨さ。

クリックすると拡大します

 特注のサッポロ製麺が嬉しくて飛び跳ねていて、食べにくいんだか食べやすいんだか。
 いつもは半玉にするのですが、今日は一玉にして正解でした。
 チャーシューは「端っこ」、写真では分かりにくいアングルにしましたので、あまり気にしないように。

クリックすると拡大します

 あまりにも色々なことがあった三年。
 酷いことを言われたり、根も葉もない噂を流されたことがあって落ち込んだとき、荒木屋のラーメンを食べて頑張ってきました。
 荒木屋が今こうして営業していることが全て。
 ありがとう、また食べに来ます、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田急線で移動中の途中駅で、通過待ち(つまり特急が追い越していく)していると、たまたまGSEが停まっていて。
 私の中での特急電車は通勤電車なので、わざわざ乗るという気にはならず、たまたま乗るものだと考えています。
 そのうち何かの機会で乗れるでしょう。

クリックすると拡大します

 日が延びたのでまだ外が明るいウチに、彩酒亭洞
 店先が移転前の「洞」に似せて改装するために2週間ほど休業していました。
 個人的に思い入れの深い前店、その店で三回目も満席だったら、私は今ここにいない。

クリックすると拡大します

 まだ早い時間なので、2階の宴会の準備に大忙し、1階はゆっくりした感じです。
 先ずは生ビール、付き出しはタコの吸盤の酢の物、小松菜のお浸し。
 身体中に溜まっていたおりがすーっと溶けて、身体から抜けていくような心地よさ。

クリックすると拡大します

 日本酒は色々と揃っていますが、今日は地元の中澤酒造(ホームページ)の松みどり 特別純米生原酒。
 まつみどりの特徴は、先ずは飲みやすさ、そこから広がっていったり、奥深く進んだり、暖かく包んでくれたり。
 お店で飲むことの素晴らしさは、日本酒の温度管理と、ぐい呑みで飲むことかなと。

クリックすると拡大します

 続けて中澤酒造の河津桜酵母仕込み 特別純米酒 亮。
 河津桜の花びらを採取し、分離した酵母で醸造されて、水は丹沢山系の伏流水、米は丹沢産の若水。
 この地産地消の日本酒に合わせるのは、小田原港で水揚げされたカンパチ、ホウボウ、タコなど。
 身体中から根っこが生えて、もう立ち上がれません。

クリックすると拡大します

 締めに鶏の唐揚げ。
 合わせる日本酒は山形県酒田市の蔵元 楯の川酒造 楯野川 純米大吟醸 清流。
 綺麗な透明感と軽やかさを感じつつも、どっしりとした日本酒の旨さが横たわっている1杯。

 いくらでも飲んでいられるので、初めから「日本酒は2杯まで」と決めておかないと帰れない。
 決めておいても3杯飲んでしまって、帰ることにしました。
 また飲みに来ます、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記