2018年04月06日

美味しい日本酒

/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて台湾ラーメン、チャーシュー/彩酒亭洞にて地魚を中心にお刺身盛り合せ/

クリックすると拡大します

 毎月一回を目処に通院して、診察の後で薬をもらってきます。
 薬って1ヶ月分がマックスなんだろうと勝手に思い込んでいましたが、「来月、病院を工事してお休みするので多めに出しておきます」と多めにもらいました。
 なんでも勝手に思い込んだらダメなんだな。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、、、じゃなかった、通院が終わって、いそいそと駆け付けた元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)。
 最近では昼営業は麺切れ終了、たまに営業する夜は時間切れ終了の大盛況で、全く行かれず。
 と言うことで、月一の通院日を今や遅しと待っていました。

クリックすると拡大します

 先ずはビール500円で、蒲田で一人お疲れ様会。
 昼間っからお疲れ様と聞かれたら、もう人生に疲れちゃっていてと答えますか。
 いやまあ、付け合わせの辛玉子が旨すぎるんですけどね。

クリックすると拡大します

 ビールを飲みながら店内を見渡すと、メニューが貼り出されています。
 開店当初からの表メニュー、裏メニューは踏襲されていて、表メニューには堂々と「チャーシュー100円」が書かれています。
 トッピングに生玉子、わかめ、ほうれん草などもラインナップされていて、これで気兼ねなく(持ち込んだりせず)色々なトッピングが楽しめます。

クリックすると拡大します

 程なくして台湾ラーメン900円、チャーシュー100円
 注文が入ってから中華鍋を振って調理、特製スープをベースにタマネギ、ニラ、輪切り鷹の爪を煮込み、途中から辛味挽肉を合わせ、茹でもやし、薬味ネギととトッピング。
 突き抜ける旨さ、つんざく辛さ、解き放たれた愛。
 久し振りに荒木さんの都度料理限定メニュー、椅子から突き落とされる旨さ。

クリックすると拡大します

 特注のサッポロ製麺が嬉しくて飛び跳ねていて、食べにくいんだか食べやすいんだか。
 いつもは半玉にするのですが、今日は一玉にして正解でした。
 チャーシューは「端っこ」、写真では分かりにくいアングルにしましたので、あまり気にしないように。

クリックすると拡大します

 あまりにも色々なことがあった三年。
 酷いことを言われたり、根も葉もない噂を流されたことがあって落ち込んだとき、荒木屋のラーメンを食べて頑張ってきました。
 荒木屋が今こうして営業していることが全て。
 ありがとう、また食べに来ます、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田急線で移動中の途中駅で、通過待ち(つまり特急が追い越していく)していると、たまたまGSEが停まっていて。
 私の中での特急電車は通勤電車なので、わざわざ乗るという気にはならず、たまたま乗るものだと考えています。
 そのうち何かの機会で乗れるでしょう。

クリックすると拡大します

 日が延びたのでまだ外が明るいウチに、彩酒亭洞
 店先が移転前の「洞」に似せて改装するために2週間ほど休業していました。
 個人的に思い入れの深い前店、その店で三回目も満席だったら、私は今ここにいない。

クリックすると拡大します

 まだ早い時間なので、2階の宴会の準備に大忙し、1階はゆっくりした感じです。
 先ずは生ビール、付き出しはタコの吸盤の酢の物、小松菜のお浸し。
 身体中に溜まっていたおりがすーっと溶けて、身体から抜けていくような心地よさ。

クリックすると拡大します

 日本酒は色々と揃っていますが、今日は地元の中澤酒造(ホームページ)の松みどり 特別純米生原酒。
 まつみどりの特徴は、先ずは飲みやすさ、そこから広がっていったり、奥深く進んだり、暖かく包んでくれたり。
 お店で飲むことの素晴らしさは、日本酒の温度管理と、ぐい呑みで飲むことかなと。

クリックすると拡大します

 続けて中澤酒造の河津桜酵母仕込み 特別純米酒 亮。
 河津桜の花びらを採取し、分離した酵母で醸造されて、水は丹沢山系の伏流水、米は丹沢産の若水。
 この地産地消の日本酒に合わせるのは、小田原港で水揚げされたカンパチ、ホウボウ、タコなど。
 身体中から根っこが生えて、もう立ち上がれません。

クリックすると拡大します

 締めに鶏の唐揚げ。
 合わせる日本酒は山形県酒田市の蔵元 楯の川酒造 楯野川 純米大吟醸 清流。
 綺麗な透明感と軽やかさを感じつつも、どっしりとした日本酒の旨さが横たわっている1杯。

 いくらでも飲んでいられるので、初めから「日本酒は2杯まで」と決めておかないと帰れない。
 決めておいても3杯飲んでしまって、帰ることにしました。
 また飲みに来ます、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記