2018年04月18日

開店二周年記念

/箱根そば本陣にて桜海老と霞ヶ浦産白魚のかき揚げ天/麺屋翔品川店にて媛っこ地鶏の白醤油らーめん、清流味わい鶏の西京焼き/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にてラーメン(並)/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 たまにはいいだろうと、箱根そば本陣ホームページ)へ。
 箱根そばは小田急線沿線を中心に展開する立ち食い蕎麦チェーン店、小田急レストランシステムの経営です。
 小田急新宿駅地下コンコースにある「本店」は、「箱根そば本店」と呼ばずに「箱根そば本陣」と呼びます。

クリックすると拡大します

 季節ごとに発売される本陣限定のかき揚げそば、春の限定として、桜海老と霞ヶ浦産白魚のかき揚げ天(税込600円)
 かき揚げが高密度で、サクサク、ではなく、ザックザクと頂きます。
 茹でほうれん草のトッピングも嬉しいですね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は本日で開店二周年を迎える麺屋翔品川店ホームページ)へ、開店二周年、おめでとうございます。
 店先には外待ち10人、ランチタイムの品達はどの店舗も似たり寄ったりで、先に券売機で食券を買ってから待ち行列に並びます。
 最後尾に並ぶと、私の後ろに年配のご夫婦が並ばれ、こんな混んでる店に何でわざわざ並ぶかなぁ、と気になります。
 並んでいる間、何があるのかなぁ、醤油ならあるだろう、と会話されていて、「ラーメンを食べにきた」のではなく「お店にきた」感じです。

クリックすると拡大します

 今日は大橋店主さんがモギリされていて、私に続いてその老夫婦を対応された時、「店長さんですか?」と尋ねています。
 向けるともなく耳を向けていると、「○○の母です。いつも息子がお世話になっております」と腰を折ってるじゃないですか。
 大橋店主さんはびっくりしながらも恐縮され、頭と頭がぶつかるんじゃないかと思うほどに頭を下げ「こちらこそ手伝ってもらい、大変助かっています」と。

クリックすると拡大します

 ○○さんとは品川店々長さんですが、ご両親には自分が店長である事を告げていないんですね。
 ええ、麺屋翔というラーメン屋は、店長のご両親が事前連絡せずに息子の働きぶりを見たくて来店する店です。
 程なくして店内に案内され、既に食券を渡してオーダーは通っているので、席に着いてお冷を飲んでいるとラーメンが運ばれてきます。

クリックすると拡大します

 開店二周年記念メニュー、媛っこ地鶏の白醤油らーめん1,000円
 西新宿本店で月一限定メニューとしている、媛っこ地鶏を使ったラーメンのリメイク版です。
 しかししてラーメンのスープは、食材やレシピが同じでも、調理器具や調理人が違えば、同じに味にはなりません。
 白醤油タレとの相性もありますが、その深み、その広がり、その喉越し、全くの別物のように美味しい。

クリックすると拡大します

 採算度外視と言うことはないと思うけど、かなり無理しましたね。
 心の味食品へ特注した切り刃8番の極平打麺、麺は麺、スープはスープで味わうラーメン。
 チャーシューはみちのく清流の若鶏と胸肉、鶏団子、穂先メンマ、板海苔。

クリックすると拡大します

 たまには食べてみるかと、サイドメニューの清流味わい鶏の西京焼き250円
 ひとくちご飯に鶏肉、卵黄味噌ダレで、美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は横浜家系ラーメン志田家蒲田店本店の公式ツイッター)、本日4/18プレオープン、明日19日がグランドオープン(かな?)。
 今年2/2に桂家から独立する形で阿佐ヶ谷に(1号店という意味で)初代志田家をオープン、続けて蒲田に二代目志田家をオープン。
 店主さんに聞くと「人が揃えば三代目も、、、」とのこと。
 店内に入り、「いらっしゃいませー」と元気いっぱいの挨拶を受けつつ、右手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 とはいえ、本日は開店初日ですのでワンコインセール、買える食券はラーメン並のみ、、、トッピングも買えるんだ。
 改めてメニューを確認すると、本店ではラーメンにサイドメニューだけでしたが、蒲田店ではレディースラーメン、学生ラーメン、つけめん、あぶらそばがカミングスーン。
 本店はラーメン680円でライス食べ放題100円、蒲田店は同700円でライス非食べ放題100円。
 店内はL字カウンター11席、固定椅子のカウンターは席間は狭め、多分居抜きのままだと思いますが、家系ラーメン店はこんな感じがよく合います。

クリックすると拡大します

 空いている席に座り、本店の厨房で見かけた店員さんに食券を渡すと、家系お好みを尋ねられます。
 卓上には白胡麻、醤油、酢、辣油、おろしニンニク、豆板醤、おろし生姜、ブラックペッパー。
 本店で見かけた2人の店員さんは2人とも来ていて(えっ、じゃあ本店は?)、1人が店先で接客を、1人が厨房で蒲田店々長さんを指導されています。
 厨房ではグワングワンと豚骨スープを炊き込んでいて、服にまで豚骨臭が染み込みそうです。今時、この手の調理は流行らないけど、個人的には大歓迎です。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン(並)700円(開店記念で500円)、お好みは麺柔らかめ。
 スープはど豚骨でありながら鶏ガラで甘みを引き出した味わい。営業中であっても生ガラを落とし込みながら炊き出している、本物の家系ラーメンスープです。
 本物の家系ラーメンスープとなれば時間帯によって味が変わり、この時間帯では浅めの味わい、おそらく二時間後が最高に濃厚なタイミング。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の短尺平打太麺は、柔らかめ指定することで芯まで熱く、エッジが透き通ります。
 スープとの相性はこれからに感じましたが、ハウザーならば海より広い心で見守ります。
 トッピングは肩ロースチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、薬味ネギは先入れ式、オープン記念の味玉。

クリックすると拡大します

 麺が3分の1程度になったら味変、今日はおろしニンニクと豆板醤で。
 浅めのスープなのでキリッと締まった味になりましたが、濃厚な味わいだったらどうなるんだろうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記