2018年04月27日

麺なしラーメン

/横浜家系ラーメン横浜道品川港南口店@品川にてベジタブル家系、半玉/ラーメン大至@御茶ノ水にて明太クリームつけ麺、ハヤシつけ麺(麺少なめ)/

クリックすると拡大します

 やっと金曜日、明日からGWの予定なんだけど(とは言え実態はカレンダー通り)、未だに予定が立っていない。
 何も感も出掛けなくても良いし、今の時代、朝急に思い立っても調べたら何となるし。
 兎にも角にもNetflixでロストインスペースを見ることだけは決めました。

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン横浜道品川港南口店@品川ホームページ)。
 壱角家、一龍、情熱のすためしどんどん、東京トンテキなどを展開する(株)ガーデンが経営するブランドで、都内、千葉を合わせて8店舗を展開しています。
 一時、開店時間前から券売機を稼働させて食券を販売されていましたが、今はやっていない様子です。
 メニュー構成は豚骨醤油の家系ラーメンの壱角家メニューに油そばを加えた品揃えです。

クリックすると拡大します

 家系ラーメンは醤油、塩が揃っていて、マー油を掛けた黒家系ラーメン、辛味を加えた赤系家系ラーメン、そして麺なしのベジタブル家系。
 ベジタブル家系は2017/5/10-6/30に試行販売、2017/8/4から正式メニュー化(店舗によっては未販売)。
 いわゆる糖質制限嗜好者向けの麺が無い野菜スープのみの料理です。麺は半玉110円、一玉220円となります。
 油そばはトッピングの違いで7種類、標準的なトッピング、ライスは100円で食べ放題、ご飯物は6種類。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式の券売機で食券を買うと、いったん外で待つように案内され、少しして店内の空き席に案内されました。
 少し待ってベジタブル家系680円、半玉110円。お好みは全て普通で。
 温野菜(モヤシ、キャベツ、玉ネギ、ニンジン)350g以上が盛り付けられていて、油そばでは無いけど全体をかき混ぜて頂きます。
 スープはラーメンと同じ鶏ガラ豚ガラスープに醤油ダレ、茹で湯でかなり味が薄まっていますが、気になるほどではありません。

クリックすると拡大します

 トッピングは板海苔三枚、茹でほうれん草、刻みチャーシュー、ウズラ。
 四ノ宮商店の細麺は半玉だとかなり少ないけど、この位の量でも夕方まではお腹が保ちますね。
 味変の必要は全くありませんが、刻み玉ねぎ、豆板醤、おろしニンニクを乗せて味変を楽します。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はラーメン大至@御茶ノ水(文京区湯島)、大至の春の名物であるつけ麺乱打が3年ぶりに復活と聞いて、今週も食べに行きました。
 店内は大変混み合っていて、店内待ちかなぁと思ったら1席だけ空いていました。
 今夜食べるメニューを再度確認し、店主さんに告げます。

クリックすると拡大します

 2杯食べる場合、店員さんに何も告げないと、お店によっては同時に作られて同時に提供されてしまうこともあります。
 今夜は顔見知りと店主さんに対応して頂きましたので、世間話をしていれば良い感じですね。
 周りを見渡すとビールを飲んでいるお客さんが多いのですが、私は今日はバイクなので飲めないし。

クリックすると拡大します

 先ずは麺少なめ指定時のサービス、ミニサラダから。
 さっとドレッシングが掛かっていて、ビールのアテにもいいけど、このままた食べても美味しい。
 店内は常時満席で、にも関わらず飲んでゆっくりされているお客さん、羨ましい。

クリックすると拡大します

 明太クリームつけ麺870円
 『たっぷりの明太子ペースト/青じそときざみ海苔/大至スープをベースにホワイトソース仕立てに丁寧に伸ばしてつけスープ/くっつきにくい傾き奇者細麺だからこそ出来た和えつけ麺/正に和洋折中華麺料理です』

クリックすると拡大します

 麺皿で明太子と麺をよく和えてからつけ汁に潜らせます。
 辛さは全くなく、かと言って甘さはほどほどの優しい味わい。
 浅草開化楼製麺の傾奇者を使った細麺、いい感じで傾奇ますねぇ、美味しいっす。

クリックすると拡大します

 ハヤシつけ麺(麺少なめ)850円
 『フォンドボーとルーで作ったデミグラスソース仕立てのコクのあるハヤシソース/細麺に合うような濃度・粘度を大至スープで伸ばし調整/サラッとしてても旨み充分/マッシュルーム・牛バラ肉をたっぷり加えて仕上げました』

クリックすると拡大します

 細麺とデミグラスソース仕立てのつけ汁、合うじゃないですか。途中でジンジャーバケットを浸けて食べる、合うじゃないのー
 つけ汁には牛肉がたっぷりと沈めてあるんですね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記