2018年05月16日

大安吉日に新規開店

/麺処あす花@水道橋にてらーめん/麺屋 まほろ芭 (MAHOROBA)@蒲田にて旨味だし淡麗中華そば(塩)/

クリックすると拡大します

 今日は大安吉日。
 この現代社会で六曜を気にする人も少ないかと思いましたが、そうでもないんですね。
 人事を尽くして天命を待つ、最後は運任せ、神頼み。

クリックすると拡大します

 麺処あす花@水道橋(千代田区西神田)、新橋時代(2016/5/19-2018/3/30)を経て、本日5/16に移転オープン。
 ラーメンゼロPLUS時代には「女はラーメンを作らせてもらえない」だった店主さん、せたが屋の前島さんから祝い花が届いていました。
 30分前到着で開店前10人待ち、開店時には30人以上が店先に並んでいました。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、すぐ左手の券売機で食券を買います(新橋時代は口頭注文前会計でした)。
 メニューは前店踏襲でらーめん750円、赤いらーめん800円、しおらーめん800円。
 ご飯物のだし炊きごはんは無料サービスを継続されていて、他にマヨ玉まかない丼250円、ピリ辛まかない丼250円が用意されています。
 味玉などのトッピング、ビールやハイボールなどの飲み物。

クリックすると拡大します

 オーダーミスを防ぐためか、無料サービスであっても食券を用意されていますので、忘れずにポチッとします。
 店内は左壁側に壁向きカウンター6席、右手がテーブル席で4人席、隣り合わせに座る2人掛けテーブルが2卓、計14席。
 決して広いわけではないけど、ラーメンを食べるには十分な広さです。

クリックすると拡大します

 鞄を空いた席に置き、食券を持って店内奥の厨房前の受付台で店員さんに渡し、半券を受け取ります。
 半券を受け取って席に戻るときに、コップを取ってお冷やを注ぐのを忘れずに。
 卓上にはミックス胡椒、一味唐からし。
 食券の番号で呼ばれるので、今や遅しとドキドキしながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って番号を呼ばれ、半月盆に乗せられたらーめん750円を受け取ります。
 あす花でラーメンと言えば醤油ラーメンのことです。
 ラーメンは前店踏襲で、王道的な醤油ダレを合わせた鶏ガラスープを中心に昆布、煮干し、鰹節出汁などをブレンドしたほんわかする美味しい味わい。
 この、自分でも作れそうでいて絶対に作れないスープ、これまでは新橋のお客さんを魅了してきたので、これからは水道橋界隈のお客さん達を魅了することでしょう。

クリックすると拡大します

 ストレート細麺はあさひや製、柔らか仕上げでとても美味しいです。
 個人的な印象では現代風のラーメン専門店向けの麺ではなく、少し前の中華料理店向けの麺、スープとの相性を考えた末の選択なのでしょう。
 トッピングは大ぶりの煮豚チャーシュー、ほうれん草のお浸し、板海苔一枚。

クリックすると拡大します

 さて、麺を食べ終わったら、残ったスープをだし炊きごはんに掛けて、おじや風にして頂きます。
 この、自分でも作れそうでいて絶対に作れない炊き込みご飯、あっさりした味わいでとても美味しいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。 

クリックすると拡大します

 麺屋 まほろ芭 (MAHOROBA)@蒲田(大田区蒲田)、ねむ瑠@本郷三丁目(2015/9/16-)のセカンドブランド。
 厨房にはねむ瑠の店主さんがいらっしゃったので、ねむ瑠をスタッフに任せての出店は、にし乃@本郷三丁目に似ています。
 しばらくは夜営業のみ(土曜日は昼間のみ)、明日からは17時スタートですが本日は18時スタート、なのに45分遅れて到着するも外待ち4人。

クリックすると拡大します

 15分程待って店内へ、店内中央に設置されている券売機が正面となりますので、先ずは食券を買います。
 メニューは牡蠣煮干、濃厚煮干、淡麗醤油、淡麗塩の四種類が開店初日から販売されています。
 今や煮干しラーメン店で当たり前になった替え玉、和え玉。
 ご飯物にアルコール飲料、私の在店中に飲んでいるお客さんは見当たりませんでした。

クリックすると拡大します

 券売機の右手前側のカウンター6席のみで営業さていますが、これって一時期のねむ瑠@本郷三丁目とそっくりです。
 カウンター台に置いた食券を引き取るときに「替え玉はお声掛け下さい」と説明があります。
 本日は使われていませんでしたが、券売機裏手に2人掛けテーブルが3卓用意されていて、テーブル席に向いた厨房で調理をされています。

クリックすると拡大します

 バックカウンターにはパブロ・ピカソ 3人の踊り子の絵画が飾られています。
 卓上には穀物酢、山椒オイル、黒胡椒。
 回転は良くないけれど全員が替え玉を食べており、替え玉を食べているから回転が悪いのかも知れません。

クリックすると拡大します

 程なくして旨味だし淡麗中華そば(塩)780円
 スタンダードの牡蠣煮干、濃厚煮干に対しては淡麗かも知れないけど、ぬるりとした口当たりの鶏清湯スープはググッと盛り上がってくる旨味。
 濃厚の表現は白湯スープに使われる事が多いので、清湯スープでは「濃密」でよろしかったでしょうか。

クリックすると拡大します

 スープの重さを受け止める菅野製麺所の細麺、未確認ですが全メニューで共通のようです。
 しかしして、ねむ瑠は村上朝日だったと記憶していますがセカンドブランドなので製麺所も違うのかな。それとも、ねむ瑠も製麺所を変えたのかな。
 丼からはみ出すほどのミディアムレアチャーシュー、板海苔一枚、味付けメンマ数本、カイワレ大根、刻みタマネギ。

クリックすると拡大します

 タイミングを見て替え玉(油そば風)180円をお願いしました。
 この替え玉はそのままでも食べられるけど、牡蠣煮干や濃厚煮干に合わせる前提の味付けです。
 平皿にタレを敷いて細麺を乗せ、刻みチャーシュー、刻みタマネギ、煮干粉。

クリックすると拡大します

 食べた感じではラーメンと同じ麺で、これまたまぜそばとして食べてもとても美味しい。
 「まほろば」の由来は未確認ですが、言葉の意味としては「素晴らしい場所」「住みやすい場所」とのこと。
 フェイスブックのアドレスを見るとマホロバケーション、、、ももクロ?
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月15日

火曜日のラーメン店

/せたが屋品川品達店@品達にて春野菜ちゃんぽん/ラーメン大至@御茶ノ水にてパンプキンポタージュつけ麺、カレー南蛮つけ麺/

クリックすると拡大します

 ここのところ、文庫本はBOOKOFFで購入していましたが、久し振りに書店で新品を購入しました。
 一冊千円近いのは直感的に高く感じてしまいますが、食事にしたら1食分に満たない値段、それでいて1週間くらいは楽しめますしね。
 それはそれとして、読み終わってBOOKOFFへ持って行く本も貯まってきているな。

クリックすると拡大します

 お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)、先週から始まった品達×けいきゅんスタンプラリー狙いで伺ってみました。
 丼をゲットするには全店のスタンプが必要ですけど、今になって大きな問題があることに気が付きました。
 どうしたものなぁ、なんとかなるかなぁ。

クリックすると拡大します

 店先には数人が並んでいたので、先に食券を買って待ち行列に続きます。
 せたが屋のスタンプラリー用の限定メニューは、なんつッ亭の限定メニュー同様に「春野菜」なので、ラリーの期間中に野菜が変わるんじゃないかと。
 まあ、未来のことは何一つ決まっていません。

クリックすると拡大します

 外待ちしている内に食券を渡してあるので、店内奥のカウンター席に案内され、座ったらすぐ春野菜ちゃんぽん1,030円が運ばれてきました。
 小さめのどんぶりに溢れんばかりの野菜タンメン、キャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン、タマネギに加えて、タコ、エビ、絹さや、アスパラガス、豚バラ、なるとをあっさりめの鶏ガラスープで煮込んでいます。
 全部の具材が一堂に煮込まれていて、色々な味が楽しめる味の一体感、美味しいです。

クリックすると拡大します

 ほくほくした中太麺がちゃんぽんを食べていることをさらに盛り上げてくれます。
 さすがはせたが屋、ちゃんぽんの事を分かっていますねぇ。
 煮込まれている野菜の所々に焦げ目が付いているので、中華鍋を振って調理されているのでは無いでしょうか。

クリックすると拡大します

 せたが屋のちゃんぽんって事で期待してたけど、期待以上に美味しかった。
 途中でガツン汁発動、掛け過ぎるとあれなので、さっと掛けての味変です。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はラーメン大至@御茶ノ水(文京区湯島)、大至の春の名物であるつけ麺乱打が3年ぶりに復活と聞いて、今週も食べに行きました。
 前回は金曜夜だったので飲み客も多くて(オレもそうだけど)、かなり混み合っていました。
 んじゃぁ、と火曜日に来てみたら先客数人、ゆっくりとラーメンに集中できそうです。

クリックすると拡大します

 今日は10杯中7杯目と8杯目。どちらから食べるかで悩みたくないので、常に右側のつけ麺から食べることにしています。
 ホールの男性店員さんにラーメンを二杯食べる旨を伝えると、特に驚く様子はありません。
 ラーメン屋でラーメンを二杯食べることは一般的なことなのでしょう。

クリックすると拡大します

 先ずは麺少なめ指定時のサービス、ミニサラダから。
 さっとドレッシングが掛かっていて、ビールのアテにもいいけど、このままた食べても美味しい。
 店内はだんだん混み合ってきて、一番奥で飲んでいる人達の顔に見覚えがあるけど、人違いかも知れないので、そっと。

クリックすると拡大します

 パンプキンポタージュつけ麺890円
 『カボチャのスープと考えると甘くって、デザート感覚で麺に合うとは想像しにくい・・・でもキチンと麺と合うように食事として仕上る大至流です/カボチャにソテーオニオン/牛乳、大至のスープを加え/甘さを抑え、完成させました。』

クリックすると拡大します

 かぼちゃメインのつけ汁を使ったつけ麺って珍しい。
 甘過ぎないように味を調整されていて、細麺によく合います。
 付け合わせに鴨肉のコンフィ、これまた美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 カレー南蛮つけ麺870円
 『蕎麦屋の王道カレー南蛮を中華つけ麺にアレンジ/鰹・醤油を効かせ和に寄せ/懐かしさのあるスパイス使い/具材には王道の豚バラ・ネギ/シャキシャキの人参・男爵/甘く煮付けたお揚げを加え/食感も楽しい具だくさん』

クリックすると拡大します

 カレー味はかなり抑えられていて、鰹出汁と多めの野菜で日本蕎麦に近い味わい。
 豚バラ肉も入っていて、満足の一杯。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お会計を済ませると、奥の席から個人情報が漏れてくる音が(笑)
 やっぱり、日本一の牛骨ラーメン屋の店主さんですか、こんな所で会うとは(笑)
 お店は随分とご無沙汰しちゃっているので、機会を見つけて伺いましょう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月14日

座間にて

/ゆで太郎代々木東口店にて野菜たっぷり中華そば、かき揚げ/らーめん猿二(えんじ)@座間にてねぎみそらーめん/

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎が朝ラーを初めてからと言うものの、朝ラーが当たり前になってしまい、返って食べなくなるという体たらく。
 ダメですねぇ、このメニューも今月いっぱいで来月から新作が発売されるかも知れない、と言う噂もあるのに。

クリックすると拡大します

 野菜たっぷり中華そば540円、クーポンかき揚げ
 この野菜たっぷりな中華そばに、天かす、紅生姜を乗せて、すらっとかき揚げをトッピングして天中華。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はらーめん猿二(えんじ)@座間(座間市入谷)
 今月で開店1周年、来月末まで使える餃子サービス券を配布していました。
 店内に入ると店主さんワンオペ、先客ひとりがカウンターでラーメンの出来上がりを待っています。

クリックすると拡大します

 券売機を眺めて限定メニューや見慣れないメニューが無いことを確認して、メニューコンプに向けてのボタンをポチり。
 空いているカウンター席に座り、カウンター台に食券を置きます。
 ラーメンの出来上がりを待っている内に、先客が帰ったかと思ったら、後客が入ってきました。
 口コミサイトの評価やラーメン本関連のランキング、なんたら大賞とは全く別の世界で、地道に続けていく店だと感じているのですが。

クリックすると拡大します

 少し待ってねぎみそらーめん850円
 みそらーめんに辛味ネギをトッピングし、味噌ラーメンには珍しく、チャーシューが二枚トッピングされています。
 豚ガラ、鶏ガラを炊き出したスープに赤味噌タレを合わせ、野菜と共に煮出してあります。
 特別に何がどうと言うことはありませんが、この程々さ加減がお客さんの足をこの店に向かわせますね。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の縮れ中細麺、茹で加減などの麺使いは、通い出した頃に比べて随分と美味しくなりました(上から目線でスンマセン)。
 麺量が多いので途中で味変しようと思いましたが、適当な調味料が見当たりません。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記