2018年05月09日

拉麺、焼鳥、焼肉

/古民家バルあじるく日本橋@三越前にて焼鯵煮干し塩らあめん/焼き鳥JACO@大井町にて二人お疲れ様会/治郎丸大井町店にて虹会/

クリックすると拡大します

 雨の日本橋、、いや、東京メトロ半蔵門線三越前駅A3出口から徒歩5分の、古民家バルあじるく日本橋@三越前(中央区日本橋本町)
 昼間っから飲みたい日本酒バル、夜営業の〆に提供していたラーメンを月火水のみの昼営業にて提供されています。
 メニューを眺めると、〆では塩らあめん以外には汁なし担々麺も提供されていて、複数人で飲みに行ってシェアしたい。

クリックすると拡大します

 店内はハイチェアのカウンター4席、同じくハイチェアの4人掛けテーブルが2卓、奥にはローチェアのテーブルが2人掛けと6人掛け。
 卓上にはメニューが置かれていて、ラーメンと茶漬け用ごはんだけ、折角なので両方頂くことにしました。
 調味料の類いを探しましたが、夜営業の料理用と思われ、ラーメン用では無い感じです。

クリックすると拡大します

 先客はいませんでしたが、後客一人、雨だから空いているのかな。
 店内には一升瓶が所狭しと並べられ、まあ、日本酒バルなので当たり前なのですが。
 ああ、日本酒に囲まれてラーメンを食べる。なんて幸せな時間だろう。

クリックすると拡大します

 程なくして焼鯵煮干し塩らあめん800円
 「ラーメンに関しては独学です」と提供された一杯、美味しい料理は美しいの古語を具現化したかのような麺相。
 焦げを強く感じる鯵煮干し出汁スープ、ラーメンのスープと言うより味強めのお出汁の様な味わいです。
 一般的な居酒屋の取引先では化調を取り扱っていないことが多く、居酒屋の二毛作ラーメンは殆どが無化調、こちらも踏襲されています。

クリックすると拡大します

 「夜(営業)だけの時は手打ちでしたが、昼(営業)でも提供するとなると数が必要になり、今は製麺所にお願いしてます」と、三河屋製麺の全粒粉入り平打細麺。
 つるりとした食感、するりとした喉越し、スープとも好相性でとても美味しい。
 トッピングはラーメン店の発想とはちょっと異なり、レア気味チャーシュー、素揚げの蓮根、クレソン、半身味玉、つみれ。

クリックすると拡大します

 美味しいスープを残すようにしてラーメンを食べて、残ったスープをお茶漬け用ご飯100円に回しかけます。
 ご飯には刻みチャーシュー、レンコン味噌、あられが乗せられていて、途中から山葵を合わせて美味しく頂きます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は焼き鳥JACO@大井町(ホームページ)、ネット表記は「JACO」ですが暖簾や立て看板では「JAKO」となっています(理由は不明)。
 食べ飲み歩きの大先輩オススメの焼き鳥屋、わざわざ食べに行って万が一にも満席だと悲しいので、事前にネット予約して伺いましたが、万が一の予約で満席でした。
 個人店にも関わらず飲み放題だけに加えて焼き鳥食べ放題も4,500円なんだけど(刺身を付けると5,000円)、8人以上で予約した場合だけです。

クリックすると拡大します

 カウンターの予約席案内され、一部英語表記のメニューを眺めます。
 焼き鳥は鳥取大山鶏肉を中心に純国産鶏肉を使い、部位は標準的ですが通えば希少部位もあるかも。
 個人的には希少部位を勿体つけて提供するより、食べ慣れている部位をより美味しく焼いてくれる方が嬉しい。
 飲み物は焼き鳥に合わせて焼酎中心のラインナップ、最近、焼酎を飲んでいなかったので楽しみです。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール490円、今夜は大井町で二人お疲れ様会
 付け合わせは大根おろしにジャコ、おお、それでJAKO(JACO)って屋号なんですね。
 友達は観光旅行好きで、来月だかに北海道へ行くそうです。羨ましいなぁ。

クリックすると拡大します

 焼き鳥の前に「冷たいもの」とのリクエストで、セロリの浅漬け480円。
 さっぱりしていてとても美味しいセロリ、葉っぱの部分も付いています。
 私も夏には東北を食べ歩きたいなぁ、何となく考えているだけだけど。

クリックすると拡大します

 焼鳥はバラで頼んでも良いけど、串焼き盛り合わせ950円をお願いしました。
 盛り合わせは全部を一皿に盛り付ける店と、一本ずつ出してくれる店と、塩とタレで分けて出してくれる店とあります。
 2人の女性店員さんの一人が焼き台に向き合って、先ずは1本目のはつが焼き上がってきました。
 食べやすさでは手前に串ですが、写真の構図としては奥に串、ほっくのほくの美味しい焼き鳥です。

クリックすると拡大します

 残りのかしわ(もも肉ねぎま)、とろレバー(白肝)、つくね、手羽先は、写真を撮るのも間に合わないほど早く出てきて、少し慌ててしまいます。
 秀逸の一本はとりレバー、周りだけを丁寧に焼いてある半生、盛り合わせではなくとろレバーだけ二本食べたいほど美味しい。
 焼鳥自体は大きくもなく小さくもなく、180円〜220円相応の程々の味わいです。
 何ヶ月も前から予約してハレの日に食べる焼鳥では無いし、かと言って気軽に立ち寄れるお店というわけではなさそうです。

クリックすると拡大します

 さて、ビールを飲み終わったので焼酎、芋焼酎とのリクエストでさつま島美人をボトル3,000円で。飲み方は水割りセットにしました。
 他の焼き鳥はどうしようかなと店内を見渡すと、短冊は一枚も無く、ホワイトボードに貼り出されたメニューも限定っぽくありません。
 ここで焼き鳥屋慣れしている人なら、店員さんに聞けば良いのだろうけど、聞き方が思い浮かびません。

クリックすると拡大します

 と言うことでしい茸220円、大きさから言ってどんこでしょうか。
 焼き目を付けずにみずみずしく焼き上げた椎茸、美味しいですねぇ。
 店内のバックカウンターにはネームタグの掛かった焼酎のボトルが、数え切れないほど並んでいて、常連さんの多さを物語っています。

クリックすると拡大します

 なんこつ180円。
 焼鳥の軟骨は、胸軟骨(やげん)と膝軟骨(げんこつ)があるので、どちらかを確かめるために必ず頼む部位で、こちらはヒザ軟骨。
 チクリチクリと細かいところで本格的な焼鳥屋、いくらでもお金を取って良いならいくらでも美味しい食材を使うけど、程々の舌代で美味しい料理を出すところが、この店の真骨頂なのだろう。
 他にも多くの焼鳥屋がある大井町において、足繁く通う常連さんの気持ちがよく分かります。

クリックすると拡大します

 すきみ(首肉)180円。
 首肉(ネック)はせせりと呼ぶのは知っていましたが、すきみとも呼ぶんですね。
 鶏の首はよく動くので身が引き締まっていて、脂身も少なくてとても美味しいです。
 ふと、ここまで食べて今夜も調味料を使っていないことに気が付きました。

クリックすると拡大します

 〆というか、食べ終わってお腹いっぱいになったので〆になったザンギ690円。
 薄めに味付けしてアッツアツに揚げ、それでいて鶏肉自体はしっとりしていて、レモンを搾って食べるととても美味しいです。
 ちょうど焼酎も飲み終わったのでご馳走様でした。
 二人で約9,000円、焼酎のボトル代を引くと一人3,000円、軽く一杯飲んだ感じです。

クリックすると拡大します

 滅多に二次会に流れたりしないのに、未来のことは何も決まっていないのだから。
 治郎丸大井町店ホームページ)、立ち食い焼肉で一世を風靡し、流行に乗り遅れないように歌舞伎町にある新宿店に外待ちして食べたのはいつだったか。
 その後、秋葉原店でも食べたことがあり、全店制覇するなら残りは6店舗、、、行かないと思います。

クリックすると拡大します

 用意されている肉は短冊として掲げられていて、全て一口大、値段は30円から300円まで。
 焼肉以外の料理も用意されていますが、まあ、焼肉だけ食べられれば問題なし。
 肉の部位はうろ覚えですので、間違っていたら済みません。

クリックすると拡大します

 友達は初めてだったらしく、先ずはビールを頼みます。
 焼肉は、先ずタン元220円、ブリスケ250円。
 一人一枚(一個)なので、自分の分は自分で好きなように焼きます。

クリックすると拡大します

 調味料はショーケースの上に置かれているので、忘れずにテーブルに下ろしておきます。
 ガス台なので焼いている間は目を離せませんけど、焼き上がったら、タレとか醤油とか塩とか好みで付けて頂きます。
 さっきまでお腹いっぱいでしたが、焼肉は別腹、ということでよろしかったでしょうか。

クリックすると拡大します

 続けてノドブエ50円、ウワミスジ300円(写真なし)、タン先190円、ソトモモ270円、チレ30円。
 個人的に好みな赤身肉とホルモンが混在して食べられるラインアップ、他の焼肉屋では簡単にできません。
 どの部位もしっかりと焼き上げ、タレか塩で美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 一通り食べて落ち着いたところで店員さんとの談笑、短冊に書かれていない部位を幾つか勧められますが、今夜は大山どりとレバーだったような。
 ということでレバー(値段は失念)、周りを炙った程度で焼き上げてさっと食べる、美味しい。
 再びお腹いっぱいになって、ご馳走様でした。
 二人で約4,000円でしたので、手軽に焼肉、もう少し足繁く食べてみたいですね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記