2018年05月10日

回転寿司考

/BIOTOPIA/はま寿司/

クリックすると拡大します

 代休でお休みの日はのんびりしたかったのですが、女房の用事に付き合うことに。
 曇り空の中を出掛けていくと落雷を伴う大雨に見舞われましたが、30分ほどやり過ごすと晴れ上がりました。
 「未病」をテーマにした施設「me-byo valley BIOTOPIA(ミビョウバレー・ビオトピア)」
 とは言え、普通のショッピングですが。

クリックすると拡大します

 何を買うわけでも無く一通り見て回るのが好きな女房、私としては全く理解できないけれど、自分が分からないからと言って否定するのはあまりにも視野が狭すぎる。
 施設の中にはレストランもありますが、1,400円と1,900円のランチは長蛇の列。
 並んでいなければ食べてみたかったけど、またの機会に。

クリックすると拡大します

 地元に戻ってきて、いつもラーメンばかりではラーメンバカなので、今日ははま寿司へ行きました。
 この、お寿司が食べたいと思ったらすぐに食べられるのはとても嬉しいです。
 入店時は半分くらいの入りでしたが、徐々に混んできて、平日でもほぼ満席です。

クリックすると拡大します

 回転レールを流れているお寿司を食べても良いけど、どちらかというとタッチパネルから注文するスタイル。
 ネタの切り身は店内で調理されていますが、シャリの握りは人間では無いらしい。
 店内の調理風景は見えないので食べて判断するしかありません。

クリックすると拡大します

 蝦夷あわび150円。
 アワビは好まないのであまり食べませんが、クロアワビに比べて小ぶりなだけで食べ応えと味は見分け(食べ分け)がつきません。
 とても美味しかったので調べてみると、蝦夷あわびはクロアワビの亜種で、水温が高い海域で育てるとクロアワビとの見分けが困難らしい。

クリックすると拡大します

 特製漬けまぐろ90円。
 猫またぎのマグロを保存するための醤油などで浸けていましたが、現代では保存目的では無く江戸前寿司の仕事として。
 それでも醤油、みりん、昆布出汁などで浸けたマグロは独特の甘味があって大好きなネタです。

クリックすると拡大します

 まぐろ三種盛り150円。
 三種とはまぐろ、まぐろはらみ、とろびんちょうのことで、色々な三種類があるものですね。
 それぞれの味を楽しむと言うより、味の違いを楽しむ一皿、回転寿司ならではの楽しみです。

クリックすると拡大します

 赤貝90円。
 貝と言えば赤貝、必ずと言うことは無いけどできるだけ食べる大好きなネタです。
 回っていると乾き気味なので敢えて注文して、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 大とろサーモン90円。
 サーモンにとろとか大とろがあることは知りませんでした。
 程々の脂がいい感じで、回転寿司に来ると何となく食べている一皿です。

クリックすると拡大します

 鉄火巻き90円。
 いつまでも食べ続けてしまうので、いったん強制的に〆る意味でも、先ず間違いなく食べる巻き寿司。
 多くは求めていませんが、最低限のクオリティはしっかり保っています。

クリックすると拡大します

 えび三種盛り150円。
 生えび、えび、甘えびをもって3種類、色々な味を楽しみたい女房が食べました。
 どれも甘くて美味しかったそうです。

クリックすると拡大します

 肉三種盛り150円。
 ローストビーフガーリックソース、合鴨、生ハム。
 シャリに乗せたら何でもお寿司、ってことで。

クリックすると拡大します

 あじ90円。
 鉄火巻きを食べたけど、青魚が流れてくると食べざるを得ません。
 生姜と共に美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 カリフォルニアロール90円。
 平日は一皿100円が90円なんだ、150円のは150円だけど。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記