2018年05月22日

新橋と大口

/らーめん谷瀬家@新橋にて特製らーめん/中華そば野本店@大口にて鶏の中華そば、和え玉/

クリックすると拡大します

 ラーメン店の新規開店が止まらない。
 一説には、都内では1ヶ月で60のラーメン店が開店し、同数が閉店すると。
 全ての新規開店のラーメン店に行ける人がいるかも知れないけれど、私の周りにいるのはせいぜい40店に行ける人です。

クリックすると拡大します

 らーめん谷瀬家@新橋(港区新橋)、武蔵家@新中野の姉妹店として本日5/22オープン、隣りは壱角家。
 修業先の武蔵家の各店舗からヘルプが来ていて、グループ全体でお弟子さんの門出を祝いつつ、手伝っています。
 お店に着くとちょうど店外に並び始めた感じで、先に食券を買ってから並ぶシステムです。

クリックすると拡大します

 しかしして、客回転が悪かったら離脱することを視野に入れて、それとなく並んで様子を見て、客回転が悪くなかったので「あっ、先に買わないと」と券売機に向かうと。
 メニューはらーめん700円、特製らーめん800円、ちゃーしゅーめん900円、半らーめん550円。
 トッピングはのり、ほうれんそう、味玉、きゃべつ、白ねぎ、九条ねぎ、チャーシュー。
 店員さんからの求めに応じて食券を渡し、家系お好みを伝えます。

クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、L字カウンター11席と家系ラーメン店の標準的な構成ですね。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、無臭にんにく、ブラックペッパー。
 カウンター台にはお冷やの薬缶、激辛一味、かっぱ漬け。

クリックすると拡大します

 程なくして特製らーめん800円。家系お好みは柔らかめで。
 髄まで炊き出された焦げ紫色の豚骨スープ。まだまだ調理器具が水に馴染んでおらず、豚骨の旨味はしっかり感じられるものの、ばらけた味わい。
 武蔵家出身ですのであと二歩くらいの濃厚さを期待してましたけど、店内炊きスープとしては十分な美味しさです。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の平打中太麺、柔らかめの固めでしたが、スープとは相性はなかなかで美味しい。
 トッピングは肩ロースチャーシューが二枚、しっかりした厚みの板海苔五枚、茹でほうれん草、味玉。
 特製、と聞くと「味玉+海苔+チャーシュー」で250円増しくらいが一般的ですけど100円ですからね、別トッピングなら味玉だけで100円なので、かなりお得。

クリックすると拡大します

 ご飯は終日無料の食べ放題ですので、もちろん私は食べましたし、お代わりされているお客さんもいました。
 大抵のラーメン家のご飯が「ご飯として食べると美味しい」炊き方ですが、固めの炊き加減でラーメンスープによく合います。
 激辛一味、他の家系ラーメン店では見かけない調味料ですので、試してみないワケにはいきません。

クリックすると拡大します

 かなり辛くなるので、辛さ好きには堪らない調味料ですね。
 ちなみに丼は並は一般的なラーメン丼、大盛りは平たいシルエット。普通は相似形で倍率が違うだけなので、この使い分けは珍しい。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 新規開店のラーメン店は、都内だけでは無く神奈川とか千葉とか埼玉も訪問したいけれども。
 もう初めっから諦めざるを得ないほど多く、開き直って「全部回る必要なんてあるの?」とか言いたくなります。
 ま、自分の出来る範囲で出来るだけの事をするだけだな、趣味だし。

クリックすると拡大します

 中華そば野本店@大口(横浜市神奈川区大口通)、大口駅南口から徒歩数分に5/22本日オープン。
 お店の場所はちょっと分かりにくいですが、お店を探すのも食べ歩きの楽しみの一つだと私は考えているので、敢えて詳細は説明しません。
 修業先が明らかな場合でなければ、退路を断つ意味も含め、敢えて祝い花を断るケースも多くなっているようです。

クリックすると拡大します

 店内に入り左手の券売機で食券を買います。
 メニューは鶏の中華そば750円、鶏つけ麺800円。サイドメニューはTKG250円、中華鶏おこわ250円、和え玉150円。
 券売機に商品の説明書きを貼られる気持ちは分かりますが、自分ひとりならいいけど、後ろにお客さんが並ばれているような状況でその説明書きを読むのは厳しそうです。

「固め・濃いめ・油多め」等のご注文 その日のベストな状態で提供しているため、なるべくスタンダードでお召し上がりいただくことをオススメします。
スープ・食材のバランスにより、大盛りの提供は行っておりません。物足りない方は、ぜひ、和え玉をご賞味下さい!

クリックすると拡大します

 店内は右手側の厨房を囲むL字カウンター11席、椅子は固定式では無く、全ての足元に荷物置きバックが用意されています。
 店員さんが座った席にお冷やを運んできて下さり、食券を渡します。
 卓上には黒胡椒、唐辛子のオイル漬け、酢。
 厨房を眺めると、麺箱を使わずに大きめのポリ容器で麺を保管するのは、なぜなんだろうか。

クリックすると拡大します

 少し待って鶏の中華そば750円
 スープは信玄どりの肉付き鶏ガラの出汁に、昆布ダシをブレンドしてとろみを付けてあり初日から相当美味しいとは思います。
 しかしして「鶏と水のスープ」を味わい慣れているラーメン好きには、やや食傷気味ではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 艶っぽくぬるりとした三河屋製麺の細麺はなかなかの好相性、つけ麺は同じ細麺ですが、小麦粉の配合を変えてあると説明されています。
 トッピングは鶏ムネ肉と鶏モモ肉の二種類、穂先メンマと三つ葉。
 わけぎがトッピングされている場所が三つ葉と被ってしまっていますが、サンプル写真には盛り付けられていません。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったところで、和え玉150円をお願いしました。
 「いつものやつ」かと思ったら、半玉程度の麺をつけ麺のつけ汁に浸した油そば風、鶏ムネチャーシューと三つ葉がトッピングされています。
 小鉢にフルサイズの麺が押し込められているので、不器用な私には食べにくく、全部が持ち上がってしまい、、、

 スルッと食べてご馳走様でした。
 立ち上がって修業先を尋ねると「横浜の店なんですけど非公開」とのこと。
 うーん、信玄どり(『信玄鶏』表記は誤り)、三河屋製麺でググると吉野町の店しかヒットしませんが、そこ?
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記