2018年05月23日

鶏に鴨に鯛

/中華そばみやざき@向ヶ丘遊園にて中華そば/中華そば満鶏軒(マンチイケン)@錦糸町にて鴨中華そば(塩)/真鯛らーめん麺魚@錦糸町にて冷やし真鯛/

クリックすると拡大します

中華そばみやざき@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)、鶏そば二郎の跡地に、同店から独立する形で5/22にオープンされました。
 ここまでの経緯を調べた限りでは麺屋はやと(2006/9/21-2014/6)、悠河らーめん(2014/7/5-2016/2/17)、遊園家(2016/4/23-2017/1/31)、麺屋宝樹(2017/3/8-10/17)、鶏そば二郎(2017/11/1-2018/4/30)となります。
 昨日と今日は開店サービスとして、中華そばとつけ麺が500円で提供されてました。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手にある券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば750円、つけ麺800円、煮干そば750円。大盛、替玉はそれぞれ100円。
 トッピングはチャーシュー200円、味玉100円、メンマ100円。
 ご飯ものは炊き込みご飯200円、ビールはアサヒ瓶500円。

クリックすると拡大します

 店内入ってすぐ右手の倉庫を店内奥の左手に移動し、空いたスペースに2人掛けテーブルを2卓設置、狭い廊下が12年ぶりに広くなりました。
 L字カウンター13席、4人掛けテーブルが1卓。
 調味料はブラックペッパーのみ、この日は卓上には用意せず、店員さんに声を掛ける方式としていました。
 厨房の3人の店員さんは前店から変わっておらず、ホールに女性店員さん1人いらっしゃいます。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば750円(オープン記念500円)
 大山どりの丸鶏出汁を中心に据えたスープに濃口と思われる醤油ダレを強めに効かせ、とても分かりやすくとても美味しい味。
 鶏油が多めに使われているスープは、麺を食べ終わっても熱いままでした。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺、てっきり固め仕上げかと思ったら柔らかめ、だからと言ってスープとの相性は悪くありません。
 トッピングは豚肩ロースのレアチャーシューが二枚、材木メンマが数本、白ネギにカイワレ大根。
 ここで替え玉をオーダーして、どんなタイプの替え玉なのかを確認すべきでしたが、すっかり忘れていました。

クリックすると拡大します

 開店二日目にしては上々の滑り出し、ほぼ満席状態が続いています。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 店内連食してつけ麺も確認したかったのですが、麺切れ早仕舞いが想定されるセール期間に1人で2玉食べるのはダメでしょ。

クリックすると拡大します

 錦糸町駅から徒歩5分くらいで江東橋公園、その公園の東側に店内待ちの行列を並ばせるラーメン店があります。
 まあ、行列は需要と供給のバランスから発生するので、特別に美味しくなくても短い営業時間と回転の悪さから発生するし、逆にもの凄く美味しくても営業時間が長くて座席が十分にあって回転が速ければ並びは発生しません。
 この公園東側に並ぶラーメン店は、両方とももの凄く美味しくて、中休み無しの通し営業で、座席は少なめと多めの2軒です。

クリックすると拡大します

 中華そば満鶏軒(マンチイケン)@錦糸町(墨田区江東橋)、真鯛らーめん麺魚が移転した跡地へ2018/4/24にオープンしました。
 11:00-21:00の通し営業なので、アイドルタイムにガラガラ狙いで訪問するも、外待ち2人。
 何十人も待っている印象でしたので、2人ならば並んでいるウチに入りませんね。

クリックすると拡大します

 店内の構成は前店継承の4人掛けづつのL字カウンターのみ、入って左手の券売機で食券を買います。
 白地が日本語、黄色地が英語表記のメニューは鴨出汁の温麺とつけ麺で塩と醤油、フォアグラ油そばで計5種類。
 味玉やチャーシュー、青菜等のトッピング、ご飯物は鴨雑炊。
 ビールは350mlと500mlの二種類。

クリックすると拡大します

 空いた席に案内され、店員さんに食券を渡し、卓上に用意されたコップにお冷やを注ぎます。
 卓上に調味料は用意されておらず、薬味が必要な場合は店員さんに声を掛けます。
 カウンター台に説明書きが張り出されていますが、マンチーマーチって、、、

クリックすると拡大します

 程なくして鴨中華そば(塩)850円
 麺魚と同じ形状の丼と蓮華を使っていて似通った麺相、純鴨出汁を謳うだけあって、丼が置かれた瞬間から鴨出汁の香りが立ち昇ってきます。
 フォアグラ脂の後押しもあってもの凄く美味しいスープで、この美味しいスープがたったの850円とは驚きます。
 そもそも純鴨出汁なら(誰もやらなかっただけで)この位美味しいのか、いやいや、ここまで美味しいのは良質な鴨を使っているからだよとか、そうじゃなくて、調理人の腕が良いからなのか。どれ(すべて)なんだろう。

クリックすると拡大します

 カネジン食品の中細麺はスープを持ち上げるためだけにあるかのようで、とても美味しいです。
 トッピングの低温燻製チャーシューは角切りと薄切りの2種類、別売りにしてもらって、酒のあてに楽しみたいほどのポーション。
 青菜は西船橋産小松菜、ちょこんと柚子、ざざっと色紙切りの白ネギ。

クリックすると拡大します

 別皿で用意されるわさび、生姜、柚子胡椒。
 どの薬味をどの程度合わせるのを美味しいと感じるかは好みだと思いますが、私は柚子胡椒が一番良く合うと感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 真鯛らーめん麺魚@錦糸町(墨田区江東橋)、先の満鶏軒の場所から50メートルほど北側へ移動して2017/4/29オープン。
 移転当初は11:00-21:00の月曜定休でしたが、今年の1月から無休となりました。
 何を食べるかノーアイデアでしたが、店先に限定メニューの張り紙を見て、それにしました。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手の券売機で食券を買います。
 メニューは真鯛らーめん、濃厚真鯛らーめん、真鯛つけ麺、濃厚真鯛つけ麺、鯛油そば。
 味玉やチャーシュー、青菜等のトッピング、ご飯物は真鯛雑炊丼。
 ビールは350mlと500mlの二種類。

クリックすると拡大します

 店内は真っ直ぐ奥に長い14席と2席のL字カウンターで、一席おきにお客さんが半分ほど入っています。
 壁には大きな鯛が描かれていて、それとなくスカイツリーも。
 卓上に調味料は用意されておらず、薬味が必要な場合は店員さんに声を掛けます。
 カウンター台に説明書きが張り出されていますが、字が小さくて読めないって(泣)

クリックすると拡大します

 少し待って冷やし真鯛800円
 麺相としては真鯛ラーメンと同じで、スープがジェラード?ジュレ?スムージー?、煮凝りを溶かして冷やした感じ?
 魚介系の冷たいスープは煮干と鰹節は経験がありますが鯛出汁は初めて、冷やされ過ぎておらず、トロミと鯛身と思われる食感、美味しい。

クリックすると拡大します

 食べていて温まる訳ではありませんが、氷状の鯛出汁がひと塊り載せた演出が憎いですね。
 トッピングは桜(チップ)で燻した真空低温調整チャーシュー、スープに不思議とあってとても美味しい。
 青菜は西船橋産小松菜、ちょこんと柚子。

クリックすると拡大します

 別皿で用意されるわさび、生姜、柚子胡椒。
 どの薬味をどの程度合わせるのを美味しいと感じるかは好みだと思いますが、私は山葵が一番良く合うと感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記