2018年05月30日

中野の家系ラーメン店

/五丁目ハウス@中野にてラーメン(並)/味噌らーめん山王@東神奈川にて濃厚味噌らーめん/

クリックすると拡大します

 中野駅北口から徒歩5分で五丁目ハウス@中野(中野区中野5丁目)、五丁目煮干し(2014/12/20-2018/12/28)の店長さんが、同店から独立して2018/3/16オープン。
 店長さんはつばさ家@立川出身。風来軒@宮崎県宮崎市(無鉄砲の赤迫さん修業先)、秀吉家@滋賀県守山市での修業経験もあるそうです。
 平たく言うと、家系ラーメン、豚骨ラーメン店で修業し、いったん青樹系列の煮干しラーメン店で更に下積みを重ね、遂に自身の家系ラーメン店をオープンされた、と。
 家系ラーメン店なので系譜を整理すると、吉村家(酒井製麺)→本牧家(酒井製麺)→六角家(酒井製麺)→つばさ家(三河屋製麺)→五丁目ハウス。

クリックすると拡大します

 店内に入るとすぐ左手に券売機があって、先ずは食券を買います。
 メニューはラーメンのみ。トッピングは味玉、ネギ、キャベツ、ほうれん草、のり、チャーシュー。キャベチャー。
 他はビール。終日ライス無料サービス。

クリックすると拡大します

 カウンター8席、手前に一人、奥に二人、真ん中へんに座って食券を渡しつつ好みを伝えると、「ライスはどうされますか」と尋ねられます。
 無料サービスなのでご厚意に甘えることにします。
 卓上にはおろし生姜、練り唐辛子、おろしニンニク、酢、ブラックペッパー、白胡麻、一味唐辛子、辛子高菜。
 豆板醤が置かれていない家系ラーメン店は稀にあり、その場合は品質保持のため保冷してあることが多いのですが、確認し忘れました。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン(並)680円。家系お好みは柔らかめ。
 都下(23区外)の家系ラーメン店でよく見かける「骨の髄まで炊き出す」濃い赤銅色の豚骨スープ。
 腹にドンと落ちる美味しさ、開店直後はこの味わいなのか、閉店間際はどんな顔を見せるのだろうか。
 鶏油は殆ど感じず、醤油ダレはビシッと決まっています。

クリックすると拡大します

 柔らかめ指定の三河屋製麺の中太麺、いつも通りのみっちりした食感、最後の一本まで熱い。
 三河屋製麺を使う家系ラーメン店は極めて珍しく、つばさ家とわいず、吉祥寺武蔵家しか知りません。
 チャーシューはバラ巻きじゃなくて肩ロースなのか、家系ラーメンっぽくありませんが、味は美味しい。

クリックすると拡大します

 スープをたっぷりと吸わせた板海苔で、ご飯を巻いて頂きます。
 こうやってスープと共に食べる前提の固め炊き、美味しいですねぇ。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 横浜で仕事が終わったけれども、雨が強くなってきて、駅から遠いお店には行きたくありません。
 そうは言っても、朝とか昼に「行く」と決めていたら、行くことにはしていますが。
 と言うことで駅から近い店、仲木戸駅から徒歩5分、、、紫陽花が健気に咲いています。

クリックすると拡大します

 味噌らーめん山王@東神奈川(横浜市神奈川区西神奈川)、むつみ屋の姉妹店として2018/2/3にオープン
 入口の看板を見ると「横浜本店」とありますが、ネットを検索しても(私の検索技術では)よく分かりません。
 店舗左側の壁伝いにメニューが掲げてありますので、事前に何を食べるか検討できます。

クリックすると拡大します

 ラーメンは濃厚味噌、味噌、醤油、塩、香煎黒味噌、香味つけ麺。
 飲み物として焼酎、ビール、日本酒、ハイボール、サワーと。
 餃子やから揚げなどの一品料理が充実しています。
 細かい所ではむつみ屋と異なるメニューですが、大きな括りは同じなので、ラーメン好きならメニューを見ただけで出身が分かるでしょう。

クリックすると拡大します

 店内に入るとカウンター5席、4人掛けテーブルが7卓。
 先客数人でしたので、一人客でもテーブルに座れるかなと思ったら、比較的狭めなカウンター席に案内されます。
 口頭注文後家計、ライスは11時から17時まで無料サービス
 卓上には辣油、酢、醤油、ブラックペッパー、おろしニンニク、一味唐からし。

クリックすると拡大します

 程なくして濃厚味噌らーめん800円
 どの辺が濃厚なのか感じられませんでしたが、玉ねぎと高菜を味噌ダレを溶かしたスープで煮込んでいます。
 ちょっとラーメンでも食べていくか、のお客さんに堅実に応える美味しさに感じました。

クリックすると拡大します

 さがみ屋の縮れ中細麺、濃厚味噌のスープに良く合います。
 トッピングはチャーシュー、板海苔一枚、メンマ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 入口近くのレジで会計を済ませると、次回以降訪問時に50円引きとなる割引券を頂きました。
 殆どの割引券は有効期限があって、この店の場合は1ヶ月間でした。
 さて、1ヶ月という期間は長いのか短いのか、どうなんだろうか。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記