2018年06月30日

鴨居から中山

/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にてつけ蕎麦/麺屋 王道@中山にて豚骨醤油/

クリックすると拡大します

 梅雨明けと共に天気良すぎます。
 あれこれと家の用事を済ませていたら出掛ける時間が遅くなってしまい、ラーメン店の最寄り駅からのバスが全然無い。
 歩いて行くかバスを待つか、、、タクシーで行きました。

クリックすると拡大します

 支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)公式ブログでつけ麺が始まったと告知があって、早速食べに行きました。
 店に着くと駐車場は満車、まあ、自分はクルマでは無いので困らないけど、近くで空き待ちしているクルマもいました。
 となると店内は満席、店先のベンチに腰掛けていると、店員さんから声が掛かります。

クリックすると拡大します

 先ずは食券を買います。
 食べるべきメニューはつけ蕎麦、つけ汁は塩と醤油で選べる(食券は共通)ので、お勧めを聞いて塩でお願いしました。
 店内待ちを経て、空いた席に案内され、先ずはビール500円。
 昼間っから飲むビールは格別です、ふう。

クリックすると拡大します

 程なくしてつけ蕎麦900円
 ほん田のつけ蕎麦をリスペクトしていて、麺は冷やした昆布水に浸けられ、板海苔には焼き海老が乗せられ、チャーシューは別皿に用意されています。
 こちらでは、塩は麻生製麺、醤油は菅野製麺所と製麺所を変えていますが、つけ蕎麦はどちらも菅野製麺所の細麺です。
 麺量は一玉半ですので、麺を上下で分けてから盛り付けてあり、食べやすさにも気遣いされています。

クリックすると拡大します

 濃いめのタレに豚ガラ、鶏ガラ出汁を丁寧に合わせたつけ汁には色紙切りの白ネギが浮かべられ、麺を浸して食べると黙ってすぐ次の箸がでるほど美味しい。
 麺は冷やしすぎておらず、ゆっくり食べてもつけ汁が急に冷めたりしませんので、食べながら友達とお喋りしても良し、友達と取り替えっこして食べ手も良し、もちろん私のように1人で食べ手も良し。
 時々、海老を食べると良いアクセントになりますし、タイミングを見てチャーシューもつけ汁に浸けて美味しく頂けます。

クリックすると拡大します

 スープ割りが用意されていますが、割らずに飲み干してしまいました。
 できるだけ早い内に醤油も食べたいし、麺違いも楽しみたいと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りはバスで駅まで戻り、電車で町田に向かう途中、そう言えば近くにラーメン店がオープンしてたな、と中山で途中下車します。
 中山駅から徒歩5分、ラーメンショップ さつまっ子 スペシャル21がある交差点の斜向かいへ。
 麺屋 王道@中山(横浜市緑区台村町)、6/9オープン、オープン後3日間はラーメン一杯380円セールを実施したそうです。

クリックすると拡大します

 ウルトラフーズ系(資本関係ではなく食材の仕入れ関係)ですので、色々と確認したいことがあります。
 ここで改めてウルトラフーズ系の説明はしませんが、見た目の特徴ととして『看板に「大入」とある』『家系ラーメン750円と少々高価』『「豪麺、極み鶏」といったウルトラフーズ系独自のメニューがある』『ラーメンにウズラとメンマがある』でしょうか。
 店内に入って右手の券売機を見ると、醤油豚骨、塩豚骨、みそ豚骨、豪麺、極み鶏。
 一通りのトッピングにご飯もの、アルコール飲料も揃っています。

クリックすると拡大します

 店内は左手に厨房、厨房に面したカウンター6席、4人掛けテーブルが3卓。
 卓上の調味料はおろしニンニク、豆板醤、白胡麻、ブラックペッパー、醤油、辣油、酢。
 食券を店員さんに渡して家系お好みを伝え、カウンター席に座ると、次から次へとお客さんが入ってきて、こんなアイドルタイムになんでお客さんが集中するかな。
 しかしまあ、近くには全国に名が知れた有名店が何軒もあるのに、よくこの地に出店しましたね。

クリックすると拡大します

 とはいえ、近くに有名店があるからと言って、人の好みは千差万別ですからね。
 少し待って豚骨醤油750円、お好みは麺柔らかめ。
 豚ガラ、鶏ガラを煮出した濃縮スープを希薄しており、一年中安定した味わいです。

クリックすると拡大します

 値段相応の味を安定して求めるお客さん向けのスープであり、ブレ上等、毎回違う味だからこそ楽しいと信じているお客さんには好まれません。
 角中太麺はあまり柔らかくなくて、ちょっと残念でしたが、スープとの相性はいい感じです。
 テカっとした板海苔三枚、バラ巻きチャーシュー、茹でほうれん草、メンマ、ウズラ。

クリックすると拡大します

 麺が1/3程になったら味変、卓上の調味料からおろしニンニクと豆板醤を入れて、と。
 全体に馴染ませて、少しだれ気味なスープをぎゅっと締めて、最後まで美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月29日

肉の日

/かみ山@経堂(世田谷区経堂)にて冷やしサラダ担々麺/

クリックすると拡大します

 なにやら梅雨明け宣言、6月中に梅雨明けって早くないかと思ったら、観測史上初めてのことのこと。
 体調の悪さに暑さが重なってきて、朝、昼と食欲がありません。
 まあ、昨日の夜にたっぷりの焼肉を食べ、たっぷりの日本酒を飲んだから、ちょうど良いと言えばちょうど良い。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって経堂で途中下車、全く知りませんでしたが経堂祭りってのがあるらしい。
 お祭りにはあまり興味が無いので、当日で無くて良かったかも知れません。
 何となく街全体が華やかに感じたのは、ラーメン店が1軒開店していて、1軒開店準備中だからかも知れません。

クリックすると拡大します

 暑くなったら、冷やしラーメンや冷やし中華を食べたくなりますね。
 町中華の王道的な冷やし中華も美味しいし、独特な創作的な冷やし中華も楽しい。
 メリハリのある四季を感じられる日本だからこその冷やし中華、昨日は本郷三丁目、今夜はかみ山@経堂(世田谷区経堂)で。

クリックすると拡大します

 6/27から冷やし中華始めました的なツイートを頼りに、久しぶりの訪問です。
 店内に入ると安定のノーゲス、自分が食べているとお客さんが入ってくるのはいつも通り。
 色々と新しいメニューが始まっているので、色々と食べたいのですが、先ずは冷やし中華から。

クリックすると拡大します

 少し時間が掛かって冷やしサラダ担々麺850円
 自家製辣油をしっかり効かせたひき肉を、どんとセンターに。
 レタス、白髪ねぎ、茹でもやし、細切りきくらげをたっぷりとあしらい、カットトマトを添えて、ピリ辛ダレをさっと回し掛けて。

クリックすると拡大します

 細麺は冷やし過ぎないように粗熱をとった程度の冷やし加減、美味しいですねぇ。
 野菜を食べているのか麺を食べているのか分からなくなりながら、美味しい、美味しい、と食べ進めます。
 麺量は一玉半と食べ応えがあって、それでも最後まで食べ飽きることがありません。

クリックすると拡大します

 チャーハンや焼きそばと同じように、付け合わせにスープが付きます。
 ご飯ものなら交互に食べる(飲む)のもありですが、ラーメンなので食べ終わってから頂きました。
 スープは中華スープではなくラーメンスープ、これは美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 農大通りに家系ラーメン店のひじり家(世田谷区経堂1-19-5)が、7/4にオープンを予定しています。
 店主さんは武蔵家東名川崎店出身とのことですので、かなり期待しています。
 農大通りには家系ラーメン店が何軒かありますが、そのいずれとも系統が異なるので、客層が被ることはありませんね。
 今から開店が楽しみです。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月28日

何度でも肉と日本酒

/NOODLE SOUNDS@本郷三丁目にてトラディショナル冷やし中華、小っちゃい炒飯/リトル肉と日本酒/

クリックすると拡大します

 体調が絶不調で、ちょっとしたことでいらだってしまって、情けなさ過ぎる。
 こんなことでは57回目の誕生日を迎えられないかも知れないけど、まあ、それも人生だし。
 入院したと思って、あれやこれを無かったことにしてやり過ごしていきたいかと。

クリックすると拡大します

 お昼はNOODLE SOUNDS@本郷三丁目、前回訪問は今年の3月ですので、三ヶ月も空いてしまいました。
 今日は6/20から始まった夏季限定メニュー狙い、お店のツイッターを見ていると昼営業で売り切れてしまうようで、中々伺えませんでした。
 まあ、限定メニューがどうだこうだと言い訳せずに、定期的に通えばいいだけのことですけどね。

クリックすると拡大します

 店内に入って食券を買うと、自分の心の中で決めている指定席(と言うかいつもノーゲスなので)に先客有り。
 訪問6回目にして初めて違う席に座りましたが、見えている景色が変わっただけで、何か起こるわけでもなく。
 ラーメン屋なんだから、ラーメンを食べる以外に何かが起こるわけはありませんね。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 少し待ってトラディショナル冷やし中華750円
 レギュラーメニュー用の丼に、溢れそうになるほどのトッピング、キュウリ、トマト、ワカメ、角切りチャーシュー、もやし、錦糸玉子、レモン、青じそ、玉葱、半身味玉。
 練り辛子が多めに添えてあり、これがまた個人的には二重丸。

クリックすると拡大します

 麺量多めの自家製中細麺に甘酸っぱい胡麻醤油タレを合わせてあり、全体を混ぜることなくトッピングを食べながら、麺が見えてきたら麺を食べます。
 かわるがわるの美味しさ、スープと麺の相性も良く、途中から時々練り辛子を混ぜて美味しく頂きます。
 これがORAGAの冷やし中華、いいですねぇ。

クリックすると拡大します

 サイドメニューに小っちゃい炒飯120円
 冷たいラーメンに温かいチャーハンはどうかと思いましたが、全くの杞憂、とても美味しく頂けます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はリトル肉と日本酒ホームページ)へ。
 とあるイベントで知り合った人に「肉と日本酒の相性はこんなに良いんだよ」と紹介しようと思い、お誘いしました。
 W杯の日本戦がある「空いている日」を狙ったつもりだったのに、満席とは。

クリックすると拡大します

 これから日本酒を散々飲むので、口切りはビール、ハートランドで今夜は4人でお疲れ様会。
 私は何度も来ているけど、初めての人もいるので、手間だとは思いましたが、店長さんにお店のシステムを説明して頂きました。
 その説明を一通り聞いたところで、ですが、今夜はちょっと違います、と説明を加えます。

クリックすると拡大します

 焼肉を食べるのって不思議と忙しなくなるので、ゆっくりしようと意識したのですが、1杯目の日本酒でそんな意識は打ち砕かれてしまいました。
 神亀SWEET SQUASH 「スイートスカッシュ」 、アルコール度数13%の低アルコール活性にごり酒、ガス圧は強め。
 ガシッとくる泡々な口当たり、喉越しは駆け抜けるほど早く、秒以下の瞬間を楽しむ日本酒、美味しいわぁ。

クリックすると拡大します

 1杯目の日本酒が衝撃的すぎて、前菜の幾つかの写真を撮り損ないました。
 ま、それはそれとして、相変わらず美味しいキムチ、いつ食べても美味しいキムチ、もちろん自家製。
 お店自体は銀座や有楽町などに多店舗展開されて派手さが目立ちますが、手を抜かないどころか力を入れてキムチを仕込んでいるからこその、醍醐グループです。

クリックすると拡大します

 続けて「でんしゅとじこんのとくじゅん」。
 青森の蔵元である西田酒造店 田酒 特別純米酒、かなりお気に入りの日本酒で、今日はこのままこのお酒でも全く問題ありませんな心持ちになります。
 三重の蔵元である木屋正酒造 而今 特別純米 火入れ、ともかく需要に供給が全く追いついていないので、飲めるときにしっかり飲んでおきたい。

クリックすると拡大します

 焼肉は先に塩焼き、プレートの形をスクエアに変えてきました。
 この冷たいステンレスのプレートが老舗焼肉然としていて、個人的にとても大切にしている点です。
 部位の説明が必ずしていただけるのですが、いつも覚えていられない。

クリックすると拡大します

 秋田の蔵元である両関酒造 花邑 純米吟醸 雄町、ここにきて華やかですっきり系、十四代の蔵元である高木酒造全面技術指導だけのことはある美味しさ。
 三重の蔵元であるタカハシ酒造 天遊琳 『伊勢錦』 純米 生、伊勢錦のお酒を初めて飲みましたが、いにしえから脈々と続くガシッとした味わい。
 日本酒飲み放題ですけど、飲めるだけ飲んだら飲んだだけになってしまうので、10種類くらいにしておかないと。

クリックすると拡大します

 肉も美味しいし、日本酒も美味しいし、お喋りもしたいし、となると、肉の焼き方が放置気味になってしまうのはいつものこと。
 いつものことなので、今夜も焼き方を一気に引き受ける私、肉自体がもの凄く美味しいので、焼き方が下手でも美味しく食べられます。
 私としては何度も食べている牛肉ですが、いつも美味しく食べられるし、同席してくれた人達も満足して下さったようで、何よりです。

クリックすると拡大します

 京都の蔵元である向井酒造 伊根町 夏の思い出、29BYと11BYの飲み比べ。
 そこそこ日本酒を揃えている居酒屋でもBY違いの飲み比べは出来ないのに、焼肉屋で11BY(19年前に作った日本酒)の飲み比べが出来るなんて。
 それだけでも凄いのに、「そろそろ燗、いきますか」と燗付けして下さって、心の底から感謝します。
 熟成酒たる濃い飴色、美味しいお酒です、はい。

クリックすると拡大します

 後半に入る前に焼野菜、、、のところを今夜は亀戸餃子。
 餃子の下に箸をグサッと差し入れると「ふぐ刺しみたい〜〜」と言われたので、じゃあ、冬になったらふぐでも食べますかね、と。
 ま、ふぐの話しは置いといて、こんなに美味しい肉餃子が「箸休め」とは、なんと贅沢な会だこと。

クリックすると拡大します

 BY違いの飲み比べに続けて、米違いの飲み比べはどうですかと、香川の蔵元である丸尾酒造 悦凱陣 純米無ろ過生原酒。
 赤磐雄町(岡山県赤磐市)、オオセトの2種類ですが、オオセトはタンク違い、、、そこまでやりますか的な、受けて立ちますよ。
 オオセトの酒を飲むのは久し振り、旨味のキレが素晴らしい。

クリックすると拡大します

 さて、メインイベントのタレ焼き。
 銘柄と部位で肉の味は決まりますが、焼肉の味はタレで決まります。
 平たく言うと、どの焼肉屋を選ぶかはどのタレの味が好きかってことで、私は醍醐グループのタレの味が大好きです。
 もちろん、焼き方は私が続投、楽しみながら肉を焼きました。

クリックすると拡大します

 下村酒造店の蔵元である兵庫県 白影泉(はくえいせん) 山廃純米 山田錦55 17BY、もちろん燗で。
 心の中では「盃じゃなくてお猪口でぐいっといきたい」と思っていても、既にかなり飲んでいるので、盃で良かったといまなら思えます。
 タレ焼きの焼肉とお燗の日本酒、これ以上の食事が世の中に存在しているとは思えません。

クリックすると拡大します

 さて、最強カレー、カレーといっても牛肉カレーで、牛肉は焼いて食べられる肉質のをあえてカレーにしています。
 日本酒を散々飲んでいるに、さらにお米を食べるのはどうかと思っていた頃もありましたが、今は昔。
 勧められるままにお代わりとかしてしまう暴挙、明日の朝は体重計に乗れないな。

クリックすると拡大します

 〆に兵庫の蔵元である田治米合名会社 竹泉 芳醇辛口純米 槽口直詰生原酒 29BY。
 熟成酒を良しとする蔵元の非熟成酒、槽(ふね=お酒を搾る装置)から搾り出した直後に瓶詰めした生原酒、正に生きている日本酒。
 な日本酒を飲んで生き返って、ご馳走様でした。
 お店の方には大変良くしていただき、焼肉も日本酒もご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記