2018年06月27日

らぁめんと拉麺

/らぁめん冠尾(かむろ)@恵比寿にて純白湯らぁめん/拉麺 冠尾(かむろ) 武蔵小山@武蔵小山にて純白湯拉麺/

クリックすると拡大します

 もう梅雨が明けたのかと思うほどのピーカン。
 梅雨入りが宣言されれば晴れ、梅雨が明けたと言われれば雨が降ることが多いので、もう一雨降ったら夏でしょう。
 理由は分からないけど夏が終われば壊れている日傘、今年も買わねば。

クリックすると拡大します

 お昼はらぁめん冠尾(かむろ)@恵比寿(渋谷区恵比寿西)、2016/11/22オープン、らーめん 桑嶋@下北沢プロデュース。
 プロデュースはいいんだけど、じゃあ店長さんはどちらの出身なのだろう。
 ネット情報では通し営業でしたが、2018/4/1より16:00-17:00は中休みされています。

クリックすると拡大します

 店内に入り左手の券売機で食券を買いますが、その後ろのテーブル席がちょっと気になります。
 メニューは純白湯らぁめん、鶏清湯らぁめん、鶏坦湯らぁめん、濃厚辛和えめん、野菜清湯半めん、鶏魚骨白湯めんの6種類。
 標準的なトッピング、ご飯もの、おつまみとして鶏皮もやしゴマ油和え、よだれ鶏、棒棒鶏が用意されています。
 アルコール飲料はラガー、ハイネケン、常陸野ネストビール、ハイボール。

クリックすると拡大します

 券売機の真後ろが4人掛けテーブル、店内奥に向かって右手が厨房、厨房に面したカウンター15席。
 卓上には四川青山椒(藤椒)、グルメミル ブラックペッパー、辣油、酢。
 カウンター台に各メニューの説明書きが貼り出されていますが、老眼が進んでしまって、細かい字は読みづらくて。
 写真を撮って、スマフォで拡大して読むかな。

クリックすると拡大します

 少し待って純白湯らぁめん830円
 丸鶏だけでなく鶏ガラと共にトサカやモミジまでも炊き出した、白というより薄山吹色のスープ。
 炊き出してから細かい骨や筋を丁寧に濾し取っていて、雑味を殆ど感じない極上の鶏白湯スープ。
 旨いですねぇ、開店当初からこの味だったらあちこちで取り上げられただろうから、時間を掛けて美味しくなったのでしょう。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺が水を得た魚の様に跳ねていて、まあ、美味しいこと、美味しいこと。
 トッピングは2種類の鶏肉チャーシュー、キャベツ、インゲン、紫タマネギ、マッシュルームなど。
 この手のラーメンではトッピングが冷たくてガッカリすることが殆どですが、食べてみると冷たくありません。

クリックすると拡大します

 トッピングだけではなくレンゲも冷たくないので、どんな魔法を掛けているのかと厨房を覗き込んでみると、チャーシューや野菜を盛り付ける際にさっと茹で湯をくぐらせていて、レンゲも温めていました。
 そんな小さいことで味が大きく変わったりしませんけど、そんな小さなことの積み重ねでしか味は変わらない事を知っていますね。
 千里の道も一歩から(意味が違うな)、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は拉麺 冠尾(かむろ) 武蔵小山@武蔵小山(品川区小山)、恵比寿店に続く2号店として、武蔵小山の横浜家系ラーメンなかいち家の跡地に2018/4/13オープン。
 恵比寿店の屋号に倣えば「らぁめん冠尾(かむろ)武蔵小山店」となりますが、『(店名は)街の雰囲気に馴染むようレトロ感を意識して漢字にした』とのこと。
 町全体の実態に合わせて、こちらは恵比寿店より長めの中休み15:00-18:00です。

クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ右手の券売機で食券を買います。
 本店とは似て非なるメニューで鶏醤油拉麺、純白湯拉麺、鶏坦湯拉麺、濃厚辛和え麺の4種類。
 トッピングは本店と少し異なり、ご飯もの、おつまみとして鶏皮もやしゴマ油和え、よだれ鶏、棒棒鶏は本店同様に用意されています。
 アルコール飲料はラガー常陸野ネストビール、ハイボール。

クリックすると拡大します

 恵比寿店のシンメトリーのような店内、券売機の真後ろに4人掛けテーブル、奥にカウンター7席、最奥が厨房になっています。
 厨房のスペースだけを考えると、こちらで2店分のスープを炊き出して、各店で使うのが効率的に思えます。
 卓上には四川青山椒(藤椒)、グルメミル  ブラックペッパー、辣油、酢。
 先客は4人、いずれも飲んでいて、ゆっくりとされているようです。

クリックすると拡大します

 少し待って純白湯拉麺800円。丼とレンゲは恵比寿店と同じで、こちらのレンゲも温めてありました。
 本店と食材、レシピまで同じように感じる美味しいスープですが、炊き出す量が違うのでしょうか、トロミを感じるやや重たいスープです。
 鶏白湯スープはどうしても味が似てきてしまいますが、しっかりと特徴を出されていますね。

クリックすると拡大します

 スープが違うので麺も恵比寿店と異なる村上朝日製麺、やや固めの茹で上がりで、スープの持ち上げも悪くありません。
 トッピングは2種類の鶏肉チャーシュー、キャベツ、紫タマネギ、青ネギ、エリンギメンマ。
 鶏白湯にはキノコが合うと考えているようで、こちらはエリンギを合わせてきています。

クリックすると拡大します

 昼間は試し忘れた味変、四川青山椒(藤椒)をパッと振ってみるとかなり美味しく感じます。
 お客さんは一人帰れば一人入ってくる感じで、ワンオペで提供まで時間が掛かることが分かっていても、客足は途切れません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月26日

蒲田と向ヶ丘遊園

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にてラーメン(並)、ほうれん草/鯛だしらーめん聖龍@向ヶ丘遊園にて鯛出汁醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 お昼は事務所から近い横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田(大田区蒲田)へ。
 今月はまだ2回目と中々思うに任せられません。
 色々なトッピングがあるので、あれこれと試した方が面白いとは思うんですけど、何となくいつもと同じ食券を買ってしまう保守的な(挑戦が苦手な)私、

クリックすると拡大します

 店内を見渡すと前回と同じ辺りの席が空いていて、鞄を置いて、食券を渡して、壁側に振り向くと無料サービスコーナー。
 前回と同じゆで卵崩しがあり、前回は無かった特製唐辛子(唐辛子、ニンニク、醤油を混ぜたもの)があり、んじゃそっちにしました。
 家系お好みに麺柔らかめをお願いすると、他のお客さんより茹で時間が長くなるので「麺柔らかめの方、少々お待ち下さい」とお声掛け頂きます。
 少々じゃなくて実際は倍以上の時間が掛かるけど、長い人生の中でたった5分、なんてことない。

クリックすると拡大します

 お待たせしました、と、ラーメン(並)700円、ほうれん草100円
 何故か前回より量が増えた様に感じる茹でほうれん草とカットチャーシュー、ありがとうございます。
 今日のスープは浅めの仕上がり、力強い豚骨スープが好きな私ですが、柔らかく馴染みやすい豚骨スープも好きです。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の中太麺、生きているようなプルンとした茹で上がり、美味しいなぁ。
 トッピングはパサッと板海苔三枚、ガサッと茹でほうれん草、チャーシュー増しかと思うほどのチャーシューとカットチャーシュー。
 美味しい、美味しい、とラーメンを半分ほど楽しんだら、ライスを食べます。

クリックすると拡大します

 板海苔にスープを吸わせ、特製唐辛子と共にご飯を巻いての家系海苔巻き、こいつが涙が出るほど美味しい。
 3回ほど泣いて食べ終わって、店員さんと一言二言、言葉を交わして、お店を後にします。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は帰宅途中の向ヶ丘遊園で途中下車して、鯛だしらーめん聖龍@向ヶ丘遊園(多摩区登戸)へ。
 店舗は通り沿いではなく、通り沿いに面した駐車場の裏手、通り掛かって立ち寄るのは想定しづらく、お店の存在を知っていて向かう感じです。
 営業時間は22時までですが、スープ終了の早仕舞い(19:30頃)が続いていましたが、だいぶ落ち着いたようです。

クリックすると拡大します

 開店直後の4月以来の訪問、その時は幾つかのメニューにテープが貼られていました。
 そろそろメニューインしたかとメニューを見ると、パウチメニュー全体が一新されていました。
 ラーメンは醤油と塩の2種類のみ、ランチセットにご飯もの、一品料理。
 飲み物につまみ類、店内には大型壁掛けテレビがあるので、一人のみでも退屈しなそうです。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、レジがカウンター端から入口近くに移動していますが、まあ、気にするほどではないかと。
 店内にはテーブルが1卓増えていて、カウンター5席(変わらず)、2人掛けテーブルが4卓。
 卓上の調味料は変わらずに醤油、酢、辣油、七味唐からし、あらびきコショー。

クリックすると拡大します

 少し待って鯛出汁醤油ラーメン690円
 前回食べた塩らーめんより鯛のアラ出汁強めに感じる、とても美味しいスープです。
 さらにして、この出汁の引き方が和食職人らしくて、ラーメン職人の鯛だしスープとは似て非なる味わいです。

クリックすると拡大します

 大橋製麺多摩の細麺は個人的な好みからは外れる柔らかめ仕上げ、次回は麺の茹で加減をお願いしてみよう。
 しっとり仕上げの大判チャーシュー、業務用メンマ、青ネギ、半身のゆで玉子。
 繊細な味わいのスープですので、途中で味変の必要を感じません。

クリックすると拡大します

 メニューに無いけどお願いしたら快く調理して下さった半チャーハン300円。
 大きく中華鍋を振って炒めて下さった具沢山のしっとりタイプで、好みのチャーハンです。
 レンゲはラーメン用とは変えているところも好印象です。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月25日

小伝馬町の新店

/麺屋江戸紫@小伝馬町にて江戸紫醤油らぁめん/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)五反田店にてタンタンメン(メチャ辛)、ニンニクダブル/

クリックすると拡大します

 今のところ、今週は飲み会を2件ほど予定しています。
 色々な人がいるから色々な考えあって良いと思うけど、私は週7日のウチ予定があるのが3日で、残りはその日になって考えるのがちょうど良いな。
 ま、日が進むに連れ、誘い誘われ、今週も楽しく生きられるといいなと思います。

クリックすると拡大します

 お昼は麺屋江戸紫@小伝馬町(中央区日本橋小伝馬町4-11)、6/23オープンですが、今日オープンを知ったので慌てて向かいました。
 店先を撮ろうとしたら、お客さんが出てきたのでさっとカメラを下げると、何と知り合い、私が知っていると言うことは彼らが知っていて当たり前ですね。
 ギブアンドテイクで情報交換して、店内へ。

クリックすると拡大します

 事前情報が皆無でして、店員さんに尋ねたいのですが私が日本語しか喋れないので(その日本語さえ怪しい)、もどかしいです。
 拙い日本語でのやりとりをまとめると、千葉県松戸市にあるジェイピーヌードル(株)が出店した路面店の様で、広義には資本系であり、店長さんはラーメン店での修業経験は無さそうです。
 店内に入ってすぐ左手に券売機、メニューは塩、醤油、海老、四川担々麺、魚介つけ麺。
 サイドメニューは餃子、おつまみ一品料理など。

クリックすると拡大します

 券売機の反対側に4人掛けテーブルが2卓、奥に長い店内の右手が厨房、厨房を囲むL字カウンターは12席、合計20席です。
 卓上には焦がし唐辛子。白胡椒。
 開店して3日、店員さんは6人ほどいらっしゃいましたが、まだまだオペレーションは不慣れの様です。
 オーダーミスや遅延は想定の範囲内、それがイヤなら開店直後のお店は避けた方が無難ですね。

クリックすると拡大します

 少し待って江戸紫醤油らぁめん750円
 店内で炊き出すスープは豚ガラと鶏ガラが半々程度に感じ、魚介ダシをブレンドしてあるようです。
 幅広い客層に受け入れられる、食べ慣れた美味しい味わいの所謂またおま系の印象です。
 何でもかんでも革新的、前衛的である必要は全くなく、程々の美味しさのスープでラーメン屋を始めているのでしょう。

クリックすると拡大します

 麺はジェイピーヌードルの角中太麺、スープとの相性も悪くなく、普段使いには全く問題ない美味しさです。
 トッピングは大きめのバラ巻きチャーシュー2枚、材木メンマ数本、チンゲンサイ1葉。
 盛り付けはちょっと安定していないようですが、少しずつ慣れていくことでしょう。

クリックすると拡大します

 麺が残り1/3程度になったところで、味変を試してみます。
 焦がし唐辛子を二さじ乗せたら、白胡椒を振ってみました。
 想像していた以上に辛くなって、これはこれで面白い味わいです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)五反田店@五反田(品川区東五反田)ホームページ)へ。
 随分と訪問期間が空いてしまって、初めての夜営業へ。
 店内は満席にはなりませんが、常時半分以上の入りで、既に安定営業なのでしょうか。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール550円にて今夜は一人お疲れ様会。
 アテにオイキムチ400円をお願いしましたが、ビール一杯では追いつかない量です。
 量が多いだけじゃなく、キムチの漬かり具合もちょうど良く、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 鉄の意志でビールの発注を抑え、タンタンメン(メチャ辛)780円、ニンニクダブル110円
 鶏ガラ出汁ベースのスープで刻み唐辛子、おろしニンニクを煮て、仕上げに溶き卵で〆たスープ。
 初めてニンニクダブル、そもそものシングルの量が分からないのでどの位増量されたかは分からないけど、辛味が効いてとても美味しいです。
 店舗によっては挽肉ダブルも同料金ですが、こちらでは130円と躊躇する値段です。

クリックすると拡大します

 安定した美味しい角中細麺、ツルンとした麺肌なのにスープに良く絡んで、とても美味しいです。
 そのまま食べきっても全く問題ありませんが、ここは一つ、全体に酢を回しかけてさらに美味しくします。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記