2018年06月08日

第三の真鯛ラーメン

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にてラーメン(並)、ほうれん草/麺処以心@新宿区歌舞伎町にて真鯛ラーメン/

クリックすると拡大します

 紫陽花が咲き誇っているけれども、例年と比べてイマイチに感じます。
 お花は自分の心を移す鏡なので(今、思い付きました)、お花が綺麗に見えないと言うことは、自身の生活がすさんでいると言うこと。
 すさんでいません。

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン志田家蒲田店、開店直後に訪問して以来の2回目の訪問です。
 蒲田駅周辺には多くの飲食店があり、ラーメン店も多くあるので、素人目に見て、営業は厳しそうです。
 厳しいからと言ってやらない、という考えもあるし、厳しいからやる、という考えもあります。

クリックすると拡大します

 いつの頃からか、昼営業(11:00-17:00)にライス無料サービスが始まりました。
 無料サービスなら受けないワケにはいかないと、保温ジャーからご飯をよそると、隣に崩しゆで卵が用意されています。
 商品として出せないゆで卵を無料提供されていて、そのままだと破棄するしか無い食材の有効活用でしょうか。
 ありがたく頂きます。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン(並)700円、ほうれん草100円、家系お好みは麺柔らかめ。
 ふわっと漂う豚骨香の結界を突き破ってレンゲを差し込む、一口目が美味しい、二口目も美味い、最後の一滴がいちばん旨い。
 しかしして、この味わいは最高の出来栄えではないと、ラーメン食べ歩きの勘が言う。
 まだまだ美味しくなるのか、なるだろうな。

クリックすると拡大します

 柔らかめ仕上げの酒井製麺の短尺平打中太麺、旨いなぁ。スープの美味しさをさらに引き上げます。
 レンソウ増しにしたからか、たまたまかは分からないけど、小切りチャーシューのサービス。
 ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 早々にスープを吸わせた板海苔でご飯を巻いて、家系海苔巻き。
 崩しゆで卵と共に食べると、とっても美味しい。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 金曜日の夜は幾つかの選択肢がありましたが、一つを選択することは他を諦めること。
 歌舞伎町2丁目、ラーメン二郎歌舞伎町店と同緯度、新りしりと同一ブロックの麺処以心@新宿区歌舞伎町2-27-12
 2018/6/5オープン、大野店主さんは篠はら@要町出身。営業時間は18:30-04:30、日休。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューは真鯛ラーメン900円と醤油ラーメン900円、つけ麺1,000円。
 トッピングは味玉100円、白葱150円、黒バラのり150円、鶏チャーシュー350円。
 餃子にご飯物、ビールにハイボール。

クリックすると拡大します

 店内は真横にカウンター10席のみ、卓上には辣油しかありませんでしたが、近くのテーブルを見るともう少しあるようです。
 テーブルには畳が敷かれていて、丼が滑らなくて良いですね。
 厨房では店主さんのワンオペですが、流れるような所作でラーメンを作って下さいます。

クリックすると拡大します

 程なくして真鯛ラーメン900円。ずっしりと重い白磁の丼。
 宇和島産真鯛の頭の部分を中心としたアラをたっぷり使った鯛ダシスープ。全量鯛骨だと味が不安定過ぎるので、鶏ガラを合わせて落ち着かせています。
 美味しいですねぇ、最終的にはスープが残りませんでした。
 麺魚は鯛の身を合わせた濃厚スープ、灯花が鯛骨に寄せた清湯スープ、こちらはそのどちらでもない第三の鯛らーめん。

クリックすると拡大します

 細麺は新宿だるま製麺(ラーメン凪の製麺事業)、ちなみにつけ麺は村上朝日製麺所。
 トッピングは鶏チャーシュー、黒バラ海苔、紫玉ねぎ、小松菜。
 チャーシューの上に乗せてあるのは、「黒バラ海苔に山葵を練りこんだ餡」でピリッとした辛さが鯛の味をキュッと締めてくれます。

クリックすると拡大します

 食べ終わった頃に店主さんにお声掛け頂きました。
 真鯛ラーメンの鯛は何故宇和島産ばかりなのか、などなど。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月07日

限定煮干しそば

/せたが屋品川品達店@品達にて炎の担々麺/中華そばみやざき@向ヶ丘遊園にて煮干そば、替え玉/

クリックすると拡大します

 今日は夜にラーメンを2杯(2軒)食べようと思っていて、朝も昼も食べずに仕事しました。
 そーゆー日に限って仕事が降ってきて、滅多に無い残業デー。
 ま、星の巡り合わせとはこんなものか。

クリックすると拡大します

 お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 とっくにお昼時間を過ぎているけど、この店にはランチタイム以降限定で販売されるメニューがあって、いつか食べようと思っていました。
 いつか?今でしょ。

クリックすると拡大します

 炎の担々麺980円、14時以降で50食限定の販売となります。
 専用の魚介スープを用意し、薄く芝麻醤を効かせ、辛味、酸味をブレンドしたスープ、見た目ほど辛くなく見た目以上に美味しいです。
 合わせる麺はラーメンと共通の角太麺、どのスープにも幅広く合わせてくるのはさすがせたが屋の自家製麺ですね。

クリックすると拡大します

 トッピングは炙った豚トロと呼ばれるチャーシューが大小4枚、この豚トロが箸が止まるほど美味しい。
 他にはカイワレ、水菜、鷹の爪、味玉。
 そのほかにも何か入っていたような気がしますが、よく分かりませんでした。

クリックすると拡大します

 思っていた以上に具だくさんですが、そのどれもがとても美味しくて、この組み合わせでこの値段は安いですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 さすがにこの時間の店内はガラガラでしたが、店員さんはキビキビと働かれていました。

クリックすると拡大します

 夜は中華そばみやざき@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)へ。
 少し間が空いてしまったけど、何とか再訪することができました。
 未食のつけ麺狙いで伺いましたが、券売機を見ると今月から始まった煮干が売り切れていなかったので、迷わずポチ。

クリックすると拡大します

 計らずとも前回と同じ席に案内され、前回は用意されていなかったブラックペッパーが卓上に用意されています。
 ラーメン的に胡椒は全く必要ないとは思いますが、好みは人それぞれ、胡椒を掛けないとラーメンが食べられない人だっているでしょう。
 程なくして提供、食券を預かってくれた女性店員さんに運んできて欲しかったのに、なぜに宮崎店長が運んで来るかな。

クリックすると拡大します

 煮干そば750円、中華そばの麺相に比べると板海苔が二枚刺さっています。
 片口鰯と鯵の煮干ダシスープは濃厚とは言えない程々の濃度を着地点としていて、もう少し調整は必要に感じますが、十分美味しいと感じます。
 ラヲタを唸らせる強めの押し出しではありませんが、普通の人なら「わー、煮干し〜、美味しい〜」と楽しく味わえるでしょう。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺は中華そばと同じ、柔らかめ仕上げですので個人的には好みですけど、パツンパツンと表現したい人には不評なんじゃないかな。
 トッピングはレアチャーシュー、材木メンマ、刻み玉ねぎ、カイワレ。
 もう少しで食べ終わろうとする刹那、そうだ、替え玉を頼まないとと思い出しました。
 最近では替え玉と称して和え玉や混ぜそばを提供する店が後を絶たないので、確認しないと。

クリックすると拡大します

 現金追加でお願いした替え玉100円
 受け取ってみると従来の替え玉でした、今後、変わるかも知れないけど。
 小切りチャーシューが乗せられていますが、タレは無く、そのままではとても食べられないので、丸ごと残しておいたスープに入れて、と。

クリックすると拡大します

 帰り際、店長さんに新宿の某店との関係を聞くと「知りません(関係ありません)」と言下に否定されました。
 全くのオリジナルとは思えませんので追試が必要ですが、一旦は話を飲み込んで。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月06日

海老名の新店

/梅雨/家系ラーメン壱八家海老名門沢橋店にて赤味噌らーめん、チャーシューめん/紫陽花/

クリックすると拡大します

 朝から雨が降っている、梅雨だな。
 あちこちに出掛ける気持ちもあったけど、すっかりしょげてしまって。
 昨日買ってきた小松菜と豆腐で味噌汁でも作って、暖まりますか。

クリックすると拡大します

 一日引きこもっていてもいいけど、女房とちょっと外食と、家系ラーメン壱八家海老名門沢橋店ホームページ)へ行きました。
 コンビニ跡地に、家系ラーメン壱八家の8店舗として2018/5/31にオープンしました。
 雨の平日のランチ時間を外した時間帯であっても、お客さんが入っていますね。
 店内に入ると、店員さんからの元気な挨拶で迎えられ、先ずは券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはとんこつ醤油、とんこつ塩、とんこつ赤味噌、にんにく醤油らーめん、担々麺、辛味噌肉そば、つけ麺。
 トッピングはチャーシュー、ネギ、黒マー油、味玉、海苔、もやし、うずら、コーン、きくらげ、野菜4種盛、わかめ、ほうれん草、キャベツ、バター、メンマ、刻み玉ねぎ。
 ご飯物、アルコール飲料、ソフトドリンク。
 食後にゆっくりしてもらおうと、ドリップコーヒーが用意されていますが、今日のところは準備中でした。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター12席、窓側に6人掛けのテーブルが5卓、全部で42席です。
 木の香りが漂うほどで、お店ができたてなんだな、と感じます。 
 お客さんは半分ほどで、二人で伺ったからか、テーブル席に案内されます。
 店員さんに食券を渡すと、お好みを聞かれますので、それぞれで応えます。

クリックすると拡大します

 卓上には粗挽きトウガラシ、おろしニンニク、おろしショウガ、辣油、醤油、酢、白胡椒、白胡麻。
 ご飯用にふりかけが用意されていますが、ご飯は無料サービスではありません。
 店員さんは6人ほどいて、ベテランから新人から、これから頑張っていきます感をひしひしと感じます。

クリックすると拡大します

 先ずは餃子300円。
 大きさは一口大で、皮は厚めしっかりめ、餡はニンニク入り野菜と挽肉。
 一人で食べてもあまり美味しくないけど、こうして女房と一緒に食べるととても美味しい餃子。

クリックすると拡大します

 程なくして赤味噌らーめん830円、家系お好みは麺柔らかめで。
 豚骨スープは生ガラ(豚ガラ、背ガラ)炊きで、雑味や臭みも全て丸く収めての旨味、辛味も程々でとても美味しいスープ。
 このスープこそが家系ラーメンのスープであり、この調理方法ではないスープを使うラーメンは家系ラーメンではないのですが、私にも大人の事情があります。

クリックすると拡大します

 短尺平打中太麺は長多屋製麺、柔らかめでスープと交わるような相性、美味しいですねえ。
 トッピングは大きめのチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、半身の味玉。
 美味しくラーメンを食べ、味変するかと調味料の置き場に目を向けます。

クリックすると拡大します

 席に着いたときにチェックして、「なぜ(調味料を)すくうスプーンが無いんだろう」と気になっていたおろしショウガの容器を取ってみます。
 なるほど、小袋入りのおろし生姜ですか。
 家系ラーメン店なら生のおろし生姜を入れておけよ、とか、そもそもそのおろし生姜は大きなボトルからの移し替えだろ、とか、色々な考えがあると思いますが。
 私的にはアリ、二袋分をラーメンに乗せ、合わせておろしニンニクも乗せて美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 女房はチャーシューめん970円、家系お好みは全て普通で。
 チャーシューが三枚加わって240円増しですので、一枚80円、、というか、別トッピングでチャーシュー3枚200円ですし。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記