2018年06月06日

海老名の新店

/梅雨/家系ラーメン壱八家海老名門沢橋店にて赤味噌らーめん、チャーシューめん/紫陽花/

クリックすると拡大します

 朝から雨が降っている、梅雨だな。
 あちこちに出掛ける気持ちもあったけど、すっかりしょげてしまって。
 昨日買ってきた小松菜と豆腐で味噌汁でも作って、暖まりますか。

クリックすると拡大します

 一日引きこもっていてもいいけど、女房とちょっと外食と、家系ラーメン壱八家海老名門沢橋店ホームページ)へ行きました。
 コンビニ跡地に、家系ラーメン壱八家の8店舗として2018/5/31にオープンしました。
 雨の平日のランチ時間を外した時間帯であっても、お客さんが入っていますね。
 店内に入ると、店員さんからの元気な挨拶で迎えられ、先ずは券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはとんこつ醤油、とんこつ塩、とんこつ赤味噌、にんにく醤油らーめん、担々麺、辛味噌肉そば、つけ麺。
 トッピングはチャーシュー、ネギ、黒マー油、味玉、海苔、もやし、うずら、コーン、きくらげ、野菜4種盛、わかめ、ほうれん草、キャベツ、バター、メンマ、刻み玉ねぎ。
 ご飯物、アルコール飲料、ソフトドリンク。
 食後にゆっくりしてもらおうと、ドリップコーヒーが用意されていますが、今日のところは準備中でした。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター12席、窓側に6人掛けのテーブルが5卓、全部で42席です。
 木の香りが漂うほどで、お店ができたてなんだな、と感じます。 
 お客さんは半分ほどで、二人で伺ったからか、テーブル席に案内されます。
 店員さんに食券を渡すと、お好みを聞かれますので、それぞれで応えます。

クリックすると拡大します

 卓上には粗挽きトウガラシ、おろしニンニク、おろしショウガ、辣油、醤油、酢、白胡椒、白胡麻。
 ご飯用にふりかけが用意されていますが、ご飯は無料サービスではありません。
 店員さんは6人ほどいて、ベテランから新人から、これから頑張っていきます感をひしひしと感じます。

クリックすると拡大します

 先ずは餃子300円。
 大きさは一口大で、皮は厚めしっかりめ、餡はニンニク入り野菜と挽肉。
 一人で食べてもあまり美味しくないけど、こうして女房と一緒に食べるととても美味しい餃子。

クリックすると拡大します

 程なくして赤味噌らーめん830円、家系お好みは麺柔らかめで。
 豚骨スープは生ガラ(豚ガラ、背ガラ)炊きで、雑味や臭みも全て丸く収めての旨味、辛味も程々でとても美味しいスープ。
 このスープこそが家系ラーメンのスープであり、この調理方法ではないスープを使うラーメンは家系ラーメンではないのですが、私にも大人の事情があります。

クリックすると拡大します

 短尺平打中太麺は長多屋製麺、柔らかめでスープと交わるような相性、美味しいですねえ。
 トッピングは大きめのチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、半身の味玉。
 美味しくラーメンを食べ、味変するかと調味料の置き場に目を向けます。

クリックすると拡大します

 席に着いたときにチェックして、「なぜ(調味料を)すくうスプーンが無いんだろう」と気になっていたおろしショウガの容器を取ってみます。
 なるほど、小袋入りのおろし生姜ですか。
 家系ラーメン店なら生のおろし生姜を入れておけよ、とか、そもそもそのおろし生姜は大きなボトルからの移し替えだろ、とか、色々な考えがあると思いますが。
 私的にはアリ、二袋分をラーメンに乗せ、合わせておろしニンニクも乗せて美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 女房はチャーシューめん970円、家系お好みは全て普通で。
 チャーシューが三枚加わって240円増しですので、一枚80円、、というか、別トッピングでチャーシュー3枚200円ですし。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記