2018年06月14日

武蔵新城で二軒

/ゆで太郎代々木東口店にてざる中華、コロッケ/牛骨らーめん 牛王@武蔵新城にてラーメン/麺屋 信醸(しんじょう)@武蔵新城にて塩らーめん/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ここのところ、心に余裕が無くて中々立ち寄れませんでしたが、心に余裕が無いときこそゆで太郎でしょ。
 ガラッと戸を開けて店内に入ると、いつもと変わらない光景、安心しますねぇ。

クリックすると拡大します

 今朝も今朝でざる中華390円、クーポンコロッケ
 ツルッと口当たり、スルッと喉越し、辣油を垂らしたもり汁にぴったり美味しい中華麺。
 美味しくいただきご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 難しく緊張する打ち合わせを何とかこなして、本日の業務終了。
 電車を乗り継いで南武線武蔵新城、駅は高架だし駅周りの商店街はかなり華やかですが、南武線は今日も6両編成。
 改札を出て徒歩数分、お店に着いてみると、すぐ隣りにもラーメン店。
 どちらかを食べるのでは無く、どちらから食べるかでしょうか。

クリックすると拡大します

 2018/5/28にオープンした牛骨らーめん 牛王@武蔵新城(川崎市中原区上新城)、店主さんは都内有名店の出身ですが、現時点では非公開です。
 入口の戸と壁が全面ガラス張りなのは、映り込みも気になるし、店内の様子が透けてしまうし。
 ま、私がどうこういう話しではありませんけどね。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手側の壁側に設置された券売機で食券を買います。
 メニューはらーめんのみ、チャーシュー増し、味玉付き、生玉子付き等。
 トッピングはチャーシュー、チャーシュー端っこ、トマト、ニンジン、ベリーリーフ、味玉、生玉子。
 サイドメニューはライス、チャー牛丼。ビール。

クリックすると拡大します

 左側を向くと、広めの厨房に面したカウンター7席のみ、ホールもラーメン店にしては広めでゆったり。
 厨房には大きな寸胴が二基並んでいて、炊き出しに12時間は掛かる牛骨スープと正面から向かい合っています。
 卓上に調味料は無し、店内にはラーメンや食材の説明書きは無く、オブジェとして水牛の角、バッファローマン、店名のロゴ。
 壁側には水牛が大きく描かれていて、ネット情報によると吉松店主さんの実父が描いた水墨画とのこと。

クリックすると拡大します

 座った席の右手前には何に使うのか分からないほど大きなペッパーミル、、、本物かなと考えていたら、ラーメンが出来上がってきそうです。
 厨房の店主さんがおもむろに大きなペッパーミル(数万円するらしい)を担ぎ、盛り付けが済んだ丼に向けてガリガリっと。
 おお、本物だ。※店主さんの撮影許可を得ています。
 本物だけど、出てくる胡椒は普通なんだ。

クリックすると拡大します

 ラーメン750円
 スープはコンソメ味、フレンチのスープとして十分通用する美味しさに、目を上げて「ここ、ラーメン屋だよな」と確認してしまいます。
 フレンチのスープと異なるのは、煮込んだ牛スジを合わせ、牛脂を混ぜ、スパイスを効かせたマー油の甘味、カットトマトの酸味、そしてベリーリーフの苦味を加えています。
 この複雑な味の構成こそがラーメンのスープ、美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 村上朝日製麺所の太麺、スープに負けない力強さですが、なにせスープが美味しくて。麺では無く薄めにスライスしたバケットを浸して食べたいくらいです。
 トッピングのローストビーフは薄めですが二枚、このローストビーフの美味しくてトッピングではなくて、別皿で粒マスタードを付けて食べたいほどです。
 添えられたニンジンは柔らかく煮た後で軽く炙ってあり、まあ、細部まで手を掛けたラーメンです。

クリックすると拡大します

 ラーメンって色々な可能性があって、色々な挑戦の失敗、成功を目の当たりに見てきましたが。
 ここまで完成度が高いとトッピング増し程度しかレパートリーが思い付きませんが、次回はご飯付きで。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 シンジョー(2015/10/25-2018/3/20)の跡地に2018/4/6オープンした、麺屋 信醸(しんじょう)@武蔵新城(川崎市中原区上新城)
 前店と現店の屋号が酷似(読みは同じ)していることから、両店の関係が気になるところですが、前店が移転のために閉店した後で入ったお店、ビルのオーナー(大家さん)は変わっていないようです。
 店員さんに「信醸」の意味を訪ねるも「オーナーから説明を聞いたけど、日本語なので全く分からなかった」と。

クリックすると拡大します

 店内に入ると左手に券売機、メニューはメニューは醤油と塩、温麺とつけ麺、の今時珍しい4種類。
 屋号を冠したメニューは、いわゆる全部乗せ、乗せ状況にもよりますがスタンダードから250円増しはお得ですね。
 トッピングは味付け玉子、のり、チャーシュー、サイドメニューは半ライス、肉ご飯。
 スーパードライの中瓶、トッピング別皿のつまみ。

クリックすると拡大します

 前店未訪問なのでネット情報によると、店内は前店踏襲、左手の厨房に面したカウンター8席のみ。
 卓上には一味唐からし、ブラックペッパー。
 店内奥の窓越しに見えるクーラー室外機にオブジェが並べてあるようですが、、、

クリックすると拡大します

 あまり待つこと無く塩らーめん700円
 豚ガラ、鶏ガラ、煮干の出汁の教科書的なラーメンスープ、干し椎茸や昆布も入っていそうです。
 生活圏内であれば「一通り食べてみるか」ともなりそうな「どこか落ち着いていて、ホッとする」味です。

クリックすると拡大します

 細麺はあさひや製麺、あす花と同じですが、ここまで印象が同じになりますか。
 トッピングは低温調理スモーク燻製豚肩ロースチャーシュー、業務用メンマ、板海苔一枚、薄くスライスされた紫タマネギ、柚子皮。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記