2018年06月17日

南関東一大チェーン店

/W杯開催中/壱角家伊勢原店にて極み中華そば/晩酌/

クリックすると拡大します

 W杯などのスポーツイベントが放映されていると、ブログを書くか、テレビを見るかの選択に迫られる。
 ブログにしてもテレビにしても極個人的なことなので、どちらを優先しても世の中の動きには全く影響しないんですけどね。
 ま、昨日はアルゼンチン戦を観てしまって、ブログを後回しにしてしまったのですが。

クリックすると拡大します

 関東一円の大チェーン店であっても、行かずに、食べずに、あれこれ言うのはどうしても性に合わない。
 大きくお昼を回った時間帯に訪問した壱角家伊勢原店ホームページ)、駐車場が満車かと思うほど混み合っていました。
 2018/5/15オープン、県央地域では厚木市より先に伊勢原市に出店されました。

クリックすると拡大します

 店先には大きくメニューを紹介していて、看板商品の家系ラーメン、東京名物の油そば、最近メニューインした中華そば、他店では見かけないお子様セット。
 サイドメニューとしてすためし(近日発売開始)、多くのご飯もの、餃子、フライドポテト、ソーセージなど。
 ビール、サワー、ソフトドリンクは一通り揃っています。
 ライスは曜日を問わず開店から18時まで無料サービス、18時以降は100円となります。

クリックすると拡大します

 店内は、厨房に面したカウンター9席、店内中央に向かい合わせカウンター3席が2島、テーブルは2人掛けが2卓、4人掛けが4卓、全41席。
 先ずはタッチパネル式の券売機で食券を買い、左手の長椅子で席を案内されるのを待ちます。
 しばらく待っていると人数を確認され、空いていたカウンター席に案内されました。

クリックすると拡大します

 卓上には刻みタマネギ、刻み生姜、おろしニンニク、豆板醤、辣油、醤油、酢、一味唐辛子、白胡椒、白胡麻。
 私としては見慣れた風景です。
 都内の壱角家では外国人が熱心に働いていることが多いのですが、この店舗の店員さんは全員が日本人です。
 店員さんが日本人かどうかなんてのを気にしない時代は、もうすぐそこまできていますが、もう少し掛かりそうですね。

クリックすると拡大します

 少し待って極み中華そば630円、お好みでどうぞと生姜と柚子が付いてきます。
 甘めにシフトした鶏ガラ主体のスープ、幅広い年齢層に受け入れられる裾野が広めの味わいです。
 壱角家は横浜家系ラーメンで始まりましたが、色々なラーメンを試していて、食べ手も飽きずに楽しめますね。

クリックすると拡大します

 短尺の平打中細麺は四之宮商店、スープに良くあっています。
 トッピングは薄めの豚バラ巻きチャーシュー3枚、丼と同じくらいの大きさの三角板海苔、なると。
 途中で生姜と柚子を入れてみましたが、まま、あまり味変しませんでした。

クリックすると拡大します

 豚骨醤油スープなら板海苔で巻いて食べるご飯も、この大きさの板海苔ではちょっと。
 卓上に振りかけが見当たらないので、豆板醤とおろしニンニクをちょびっと乗せて、美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 早めに晩酌、何を飲んだかに興味がある人は、インスタ参照。
posted by ふらわ at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記