2018年06月18日

初めての品達羽田

/品達羽田/博多とんこつ笑い豚にて博多春野菜ちゃんぽん/中華そば福味にて冷やし柚子塩ラーメン/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 品達×けいきゅんスタンプラリーの限定メニュー狙いと、スタンプラリーのスタンプをもらいに、品達羽田ホームページ)へ。
 京急の羽田空港国際線ターミナル駅で降りて、改札すぐのエレベーターで3階に昇ると、そこが入口です。
 近くにコンビニがありますが、これから海外に出掛ける人、海外から帰ってきた人、が立ち寄るとはちょっと考えにくいです。
 2016/4/25にオープン、店内はフードコートの造りになっていて、入口近くから金澤味噌ラーメン 神仙、博多とんこつ笑い豚、中華そば福味の三軒が並んでいます。

クリックすると拡大します

 席は共通で、2人掛けテーブルが2卓、4人掛けテーブルが9卓(公式サイトの座席表とは異なります)、40席が用意されています。
 調味料は全店共通の様で、ブラックペッパー、辣油、醤油、酢となります。
 スタンプラリーは三店とも対象なのですが、1度に3杯のラーメンを食べるのは厳しいので、先ずは二軒だけ。

クリックすると拡大します

 先ずは博多とんこつ笑い豚@羽田空港国際線ターミナル(大田区羽田空港)ホームページ)。
 経営母体は吉野家ホールディングスのせたが屋グループ、とはいえ、店員さんは三店兼用の様です。
 交通系ICカード対応の券売機で食券を買います。
 メニューはとんこつラーメン、とんこつチャーシュー麺、とんこつ贅沢盛り、肉まみれ濃厚担々麺、豚郎など。

クリックすると拡大します

 スタンプラリー用のメニューをチェックすると、隣に「空港職員向けサービス」があるんですね。
 空港職員って、てっきり社食が用意されていると思っていましたが、そうじゃないのかな。
 食券を渡し、お冷やを注いできて、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って博多春野菜ちゃんぽん1,150円
 大きな中華鍋を振り、野菜や魚介などを豚骨スープで煮立ててあります。
 当たり前ですが、先ずこの豚骨スープが美味しいので、こうしてちゃんぽんとして成り立っています。

クリックすると拡大します

 自社製麺と思われる角中太麺はスープに対して太めの印象ですが、スープに良くあっています。
 使われている食材は、自身で確認できたのはニラ、もやし、キクラゲ、キャベツ、豚バラ、エビ、なると、キヌサヤ、タコなど。
 色々な味が混ざって、最後まで飽きずに食べられます。

クリックすると拡大します

 がしかし、用意してあったので使わないと損だと使ってしまう紅生姜。
 ちゃんぽん用ではなく、レギュラーメニューと共通だと思われますが、相性が悪いわけではなく。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 続けて中華そば福味@羽田空港国際線ターミナル(大田区羽田空港)ホームページ)。
 経営母体は吉野家ホールディングスのせたが屋グループ、とはいえ、店員さんは三店兼用の様です。
 交通系ICカード対応の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油ラーメン、鶏白湯ラーメン、塩ラーメン、特製つけ麺など。

クリックすると拡大します

 スタンプラリー用のメニューを確認すると冷やしなんですね。
 せたが屋では夏季限定で冷やし、冷やし中華を販売するので、この限定メニューがちょうど夏季限定なのかも知れません。
 しかしして、スタンプラリーは8/8までなので、真夏まっただ中で夏季限定メニューが終販はどうなんだろう。

クリックすると拡大します

 少し待って冷やし柚子塩ラーメン1,150円
 トッピングが多くて麺が見えないほど、もちろんスープも見えないので、トッピングを少しどかしてからスープを飲みます。
 気候に合わせてか、決して冷やし過ぎていない冷製スープ、煮干しなどを煮出したスープを冷やしてあり、柚子の風味を効かせてあります。

クリックすると拡大します

 角細麺は粗熱を取った程度の温度で冷やし過ぎず、スープに良くあっていて美味しいです。
 トッピングは一枚物の唐揚げ、細切りメンマ、味玉、紫タマネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記