2018年06月19日

八王子からの海老名

/タンタン@八王子にて並ラーメン/らーめん にじいろ@八王子市にて醤油らーめん、ぶちゃ味玉/海老らーめん肇HAJIME@ビナウォークにて海老らーめん/

クリックすると拡大します

 月に一度の通院、毎回ビクビクですが、何とか今回も薬を処方してもらうだけで済みました。
 病院が混み合っているとかどうかは行ってみないと分からないので、その後にどうするかはその場で決めることになります。
 先ずは東に向かうか西に向かうか、それとも南か。

クリックすると拡大します

 八王子駅南口から歩くこと5分、営業時間が平日の昼間だけだった事もあって、すっかり忘れていました。
 タンタン@八王子(八王子市子安町)公式ツイッター)、食べログ百名店ラーメンTOKYO2017、2018に選出されています。
 1980年創業、初代の店主さんが亡くなった後に奥さんが店を引き継ぎ、その後、2代目の娘さん、3代目の孫娘さんらで営業されています。
 初代の息子さんは独立され、1982年にみんみんを創業されています。

クリックすると拡大します

 店内に入ると満席かと思うほどの混み合っていて、足を止めて券売機を探し、券売機が見つからないので空いている席を探し、先ずは座ります。
 辺りを見渡してメニューを探すと八王子ラーメンのみ、ご飯物とかビールとかはありません。
 増量できるのは麺とチャーシューだけ、今日はチャーシューが売り切れていて、かなりのお客さんのチャーシューメンを断っていました。
 口頭注文後会計、私は注文だけしましたが、麺固め、玉ねぎ多め、などと添えて注文されている馴染みのお客さんもいます。

クリックすると拡大します

 注文したらお冷やを汲んできて、椅子に座り直します。
 厨房を囲むL字カウンターは3席と4席、壁向きのカウンターは4席。
 卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、おろしニンニク、練り唐辛子、酢。
 店員さんは色とりどりの札を使ってメニューを取り違えないように工夫されていました。

クリックすると拡大します

 程なくして並ラーメン550円、見るからに八王子ラーメンの麺相。
 あっさり鶏ガラ出汁スープに、すっきり醤油ダレ、この味わいが八王子ラーメンの源流なのですね。
 この店のラーメンを模倣することで、多くの八王子ラーメンが生まれては消え、生まれては続いています。

クリックすると拡大します

 するりと喉を滑っていく細麺は菅野製麺所、、、なんで菅野製麺所なんだよ。
 慌てて調べてみると、尾張屋滝井製麺所は2016年頃にに廃業してしまったそうです。
 チャーシューはしっかり美味しく、チャーシューメンの並、大、特でチャーシューの部位が異なるらしい。
 刻みタマネギに辛味を感じ、源流は辛みがあるのか、支流になると水にさらして辛味を取ってあります。

クリックすると拡大します

 麺が残り少なくなったところで、卓上の練り唐辛子とおろしニンニクを合わせてみました。
 あっさり鶏ガラ主体のスープがパッと豹変し、グッと美味しく生まれ変わりました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 お釣りの無いように代金を支払って、店を後にしました。

クリックすると拡大します

 スーパーアルプス恩方店の目の前に、2018/5/23にオープンしたらーめん にじいろ@八王子市西寺方町67-4公式ツイッター)。
 店主さんは大和麺学校の卒業生、大和麺学校は製麺機による製麺まで教えるので、卒業生の殆どが自家製麺です。
 店名の由来は、虹を見ると幸せになれるというハワイの伝説から。
 土日はスープ切れ早仕舞いもありますが、平日は空いているようで、私が伺った時は終始ノーゲス、

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手に置かれた券売機で食券を買います。
 メニューは醤油、塩、最近始まった混ぜそば。
 トッピングは味玉のみ、ご飯はあるけどビールは無いミニマムスタートです。
 ちょっと見栄えが悪いけど、味は全く問題ない、ぶちゃ味玉が用意されています。

クリックすると拡大します

 店内は4席ずつのカウンターのみ、見た目以上に座りやすい椅子です。
 卓上には白胡椒、黒胡椒。
 店内のあちこちに小さいカエルのフィギュアが飾られていて、なんかほっこりしますね。
 程なくしてラーメンが出来上がってきて、カウンター台越しにテーブルに置いて下さいます。

クリックすると拡大します

 醤油らーめん650円、ぶちゃ味玉50円
 鶏ガラ出汁を主体とした「鶏と水」系に見せかけて、煮干出汁、煮干油を加えた、オリジナルの鶏の水系のスープ。
 こんな美味しいスープを飲んだら、確かに幸せになれそう。

クリックすると拡大します

 細麺は自家製で、とても美味しいけれど、まだまだ美味しくなる伸び代を感じます。
 トッピングはミディアムレアチャーシューが二枚、穂先メンマ、板海苔一枚、九条ネギ。
 この手の「鶏と水」系は食傷気味でしたが、まだまだ幅だしが出来そうですね。

クリックすると拡大します

 ぶちゃ味玉は見た目が×との説明でしたが、私にはどこが×なのか分かりませんでした。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
 帰り際に店主さんと少し話しをさせていただき、ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 ビナウォーク(ホームページ)に胡心房(2017/4/27-2018/6/11)のリニューアルとして、6/14にオープンした海老らーめん肇HAJIME@海老名市
 店名の由来はフレンチシェフと和食職人とらーめん職人が共同して初めて作ったラーメンなので、「HAJIME」なのだそうだ。
 いわゆるアイドルタイムであっても、店員さんが4人も働いていました。

クリックすると拡大します

 メニューは海老らーめん、海老つけめん、鶏白湯、星龍タンメン、屋台の醤油らーめん。
 店内はほぼ居抜き、胡心房時代は「ラーメン以外撮影禁止」でしたが、リニューアルして解禁された様です。
 ま、だからと言って店員さん、お客さん、厨房などを撮影するのはNGでしょう。

クリックすると拡大します

 振り向いて空いている席に座ります。
 カウンター5席、4人掛けテーブルが1卓、2人掛けテーブルが2卓。
 卓上には黒胡椒、辣油、醤油、酢。

クリックすると拡大します

 少し待って海老らーめん780円、サンプル写真の海老らーめんは白丼ですが、何故か黒丼。
 甘海老の頭と完熟トマトをじっくり煮込んで、濃厚な鶏白湯を加えた海老スープ、これは美味しいですねぇ。
 ともすれば崩れがちな酸味と甘みのバランスを絶妙に保ち、幾重にも味わいが競い上がってきます

クリックすると拡大します

 中根製麺の細麺はスープに負けている印象で、もう少しコシを入れて欲しいところ。
 トッピングはチャーシューとカイワレ大根。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 W杯、日本代表、初戦を飾っておめでとうございます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記