2018年06月20日

本郷台の新店

/梅雨の紫陽花/Ramen Free Birds@本郷台にて醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 雨が降ってこそ梅雨。
 朝も昼も外に食べに行く気にならず、コンビニ弁当で済ませてしまいました。
 諸々、かなり偏った食事をしていると我ながら思いますが、ま、仕方なし。

クリックすると拡大します

 根岸線本郷台から徒歩12分、、、ですが、雨が降っているし、東海道線は本郷台に停まらないので、大船駅から公田団地行きで公田まで。
 公田バス停から徒歩3分でRamen Free Birds@本郷台(横浜市栄区桂町)、本日6/20オープン。
 店主さんは支那そばやで23年働いて独立されました。
 訪問した時点で外待ちはありませんでしたが、その後、常時数人ほどの並びがありました。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手に設置されている券売機で食券を買います。
 メニューは醤油ラーメン、塩ラーメン、鶏白湯ラーメンと「らぁ麺」は未使用、未使用には海より深い理由があるのでしょう。
 トッピングは味付け玉子、メンマ。
 サイドメニューはTKGのみ、ビールはありました。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンターは7席、反対側の壁側に接したテーブルに4席、計11席。
 店内奥に革張りのソファーが置かれていますが、客席としては使われていないようです。
 テキーラとステーキが出てきそうなアメリカン調の店内、その店内に店主さんの湯切りがバシッ、バシッと響き渡ります。

クリックすると拡大します

 卓上には黒胡椒、カラフルなレンゲが用意されています。
 隣のお客さんが「水曜日定休日なのに今日は営業されているのですね」と話していたので、よせば良いのについ、「今日は大安なので特別に営業されるらしいですよ」と話しかけてしまい。
 短い待ち時間を、お喋りをして待ちました。

クリックすると拡大します

 少し待って醤油ラーメン820円、何とも分厚く丸みを帯びた白磁の丼。
 カウンター台に使用食材が書かれていますので、気になる方は読んでもらうとして。
 スープを一口、ああ、紛れも無い支那そばやの味。ずっと守ってきた味、ずっと守っていく味、少しづつ変えていく味。
 今時、この醤油スープより美味しいスープを探すことはそう難しくありませんが、美味しいだけを目指しているわけでは無いのでしょう。

クリックすると拡大します

 麺はてっきりエヌアールフード(支那そばやの麺工房)だと思っていたら、三河屋製麺です。
 これ以上は細く出来ないと思われるほどの極細麺で、麺の味、スープのと相性、諸々全く問題なくて、そんなところを評価しようとした自身が恥ずかしいです。
 トッピングは豚と鶏の2種類のチャーシュー、穂先メンマ、茹でほうれん草、白ネギ。

クリックすると拡大します

 途中、味変するタイミングは全く見つからず、そのまま最後の一本、一滴まで頂きました。。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。 
 帰宅はどのルートで行きべきか、スマホを覗き込みながら、帰りもバスに乗ってしまいました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記