2018年06月26日

蒲田と向ヶ丘遊園

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にてラーメン(並)、ほうれん草/鯛だしらーめん聖龍@向ヶ丘遊園にて鯛出汁醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 お昼は事務所から近い横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田(大田区蒲田)へ。
 今月はまだ2回目と中々思うに任せられません。
 色々なトッピングがあるので、あれこれと試した方が面白いとは思うんですけど、何となくいつもと同じ食券を買ってしまう保守的な(挑戦が苦手な)私、

クリックすると拡大します

 店内を見渡すと前回と同じ辺りの席が空いていて、鞄を置いて、食券を渡して、壁側に振り向くと無料サービスコーナー。
 前回と同じゆで卵崩しがあり、前回は無かった特製唐辛子(唐辛子、ニンニク、醤油を混ぜたもの)があり、んじゃそっちにしました。
 家系お好みに麺柔らかめをお願いすると、他のお客さんより茹で時間が長くなるので「麺柔らかめの方、少々お待ち下さい」とお声掛け頂きます。
 少々じゃなくて実際は倍以上の時間が掛かるけど、長い人生の中でたった5分、なんてことない。

クリックすると拡大します

 お待たせしました、と、ラーメン(並)700円、ほうれん草100円
 何故か前回より量が増えた様に感じる茹でほうれん草とカットチャーシュー、ありがとうございます。
 今日のスープは浅めの仕上がり、力強い豚骨スープが好きな私ですが、柔らかく馴染みやすい豚骨スープも好きです。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の中太麺、生きているようなプルンとした茹で上がり、美味しいなぁ。
 トッピングはパサッと板海苔三枚、ガサッと茹でほうれん草、チャーシュー増しかと思うほどのチャーシューとカットチャーシュー。
 美味しい、美味しい、とラーメンを半分ほど楽しんだら、ライスを食べます。

クリックすると拡大します

 板海苔にスープを吸わせ、特製唐辛子と共にご飯を巻いての家系海苔巻き、こいつが涙が出るほど美味しい。
 3回ほど泣いて食べ終わって、店員さんと一言二言、言葉を交わして、お店を後にします。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は帰宅途中の向ヶ丘遊園で途中下車して、鯛だしらーめん聖龍@向ヶ丘遊園(多摩区登戸)へ。
 店舗は通り沿いではなく、通り沿いに面した駐車場の裏手、通り掛かって立ち寄るのは想定しづらく、お店の存在を知っていて向かう感じです。
 営業時間は22時までですが、スープ終了の早仕舞い(19:30頃)が続いていましたが、だいぶ落ち着いたようです。

クリックすると拡大します

 開店直後の4月以来の訪問、その時は幾つかのメニューにテープが貼られていました。
 そろそろメニューインしたかとメニューを見ると、パウチメニュー全体が一新されていました。
 ラーメンは醤油と塩の2種類のみ、ランチセットにご飯もの、一品料理。
 飲み物につまみ類、店内には大型壁掛けテレビがあるので、一人のみでも退屈しなそうです。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、レジがカウンター端から入口近くに移動していますが、まあ、気にするほどではないかと。
 店内にはテーブルが1卓増えていて、カウンター5席(変わらず)、2人掛けテーブルが4卓。
 卓上の調味料は変わらずに醤油、酢、辣油、七味唐からし、あらびきコショー。

クリックすると拡大します

 少し待って鯛出汁醤油ラーメン690円
 前回食べた塩らーめんより鯛のアラ出汁強めに感じる、とても美味しいスープです。
 さらにして、この出汁の引き方が和食職人らしくて、ラーメン職人の鯛だしスープとは似て非なる味わいです。

クリックすると拡大します

 大橋製麺多摩の細麺は個人的な好みからは外れる柔らかめ仕上げ、次回は麺の茹で加減をお願いしてみよう。
 しっとり仕上げの大判チャーシュー、業務用メンマ、青ネギ、半身のゆで玉子。
 繊細な味わいのスープですので、途中で味変の必要を感じません。

クリックすると拡大します

 メニューに無いけどお願いしたら快く調理して下さった半チャーハン300円。
 大きく中華鍋を振って炒めて下さった具沢山のしっとりタイプで、好みのチャーハンです。
 レンゲはラーメン用とは変えているところも好印象です。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記