2018年07月04日

経堂の家系新店

/ひじり家@経堂にてラーメン(並)/サバ6製麺所成城学園前店@成城学園前にて中華そば/

クリックすると拡大します

 水曜日まで来ると、今週も残り半分を切った感が強く、楽しみにしている週末が近づいていることを肌で感じてきます。
 まあ、遊びも大切だけど仕事も大切、仕事あっての遊び、と正論を言うのが苦手な私。
 先ずは目の前のことを片付けていきましょう。

クリックすると拡大します

 私にしては珍しく、友達を連れだってラーメン店の新規オープンに駆け付けました。
 本日7/4オープンのひじり家@経堂(世田谷区経堂1-19-5)、店主さんは武蔵家東名川崎店出身とのこと。
 ラーメン一杯500円とかの開店記念サービスは一切しないで、開店初日から通常営業(メニューは絞っていますが)、外待ち数人の混雑ぶりです。
 店頭に設置されている券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン、チャーシューメン、つけ麺(準備中)の3種類。レディースラーメンが用意されています(詳細不明)。
 トッピングは半熟味玉、のり、ほうれん草、チャーシュー、ねぎ、キャベツ、極上のり、激辛。サイドメニューにキャベチャー。
 ご飯ものはラインナップされておらず、ライスは常時無料サービスです。
 開店直後だけかも知れませんが、アルコール類やソフトドリンクは用意されていません。

クリックすると拡大します

 店内は左手に厨房、厨房を囲むL字カウンター10席のみ、お冷や(常温)が用意された席に座ります。
 店員さんに食券を渡すと、先ず家系お好みを確認され、「ライスは無料でお付けできます」と勧められます。
 卓上には豆板醤、おろしニンニク、ブラックペッパー、白胡麻、酢。
 4人ほどの店員さんは威勢の良い接客、そのタメ口調の接客に友達は驚いていましたが、まあ、それはそれで一つのウリですから。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン(並)680円、ラーメンは全てのお客さんに手元まで運ばれていました。
 しっかりと炊き出された豚骨スープ、鶏油は香り付けだけのように少なく、「家系ラーメンはタレで食わせる」を地で行く美味しさ。
 門地(修業関係)と味は関係ないとは言え、ここまで美味しいと、さすがは武蔵家出身と思わざるを得ません。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の短尺中細麺、ここまで細くなると家系ラーメンと呼びにくいと思うのは、私が古い人間だからでしょう。
 スープとの相性は全く問題なく、やっぱり家系ラーメンは酒井製麺だよなと思わざるを得ません。
 大ぶりのチャーシュー、ピシッと刺さっている黒光りする板海苔、多めの茹でほうれん草。

クリックすると拡大します

 さて、スープを浸した板海苔でライスを巻いて食べないと。
 すっかり海苔巻きライスが気に入ってしまい、ライスが無料サービスでない店でもライスを買うことも多くなってきました。
 海苔巻きライスで残ったライスはキュウリの漬物で食べる、これまた美味しい。

クリックすると拡大します

 最後はどうしても味変、今日も豆板醤とおろしニンニクで味変を楽しみました。
 この農大通りにはせい家、花木家など家系ラーメン店があるので、町への入りは問題ないでしょう。
 と言うか、家系ラーメンが三軒は多過ぎるような気もしますが、それぞれ特徴のあるラーメンですので棲み分けは問題ないかと。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 友達と駅で別れ、今月からつけ麺を始めると言っていた、サバ6製麺所成城学園前店@成城学園前(世田谷区成城)ホームページ)へ。
 6/13のグランドオープン前のレセプションに伺って以来の訪問です。
 張り紙類が全て取り払われたすっきりした店先、ドアが透明ガラスなので店内の様子も伺えますが、写真はできるだけ人が写らないようにして、と。

クリックすると拡大します

 店内入ってすぐ右手の券売機を見ると、つけめん関連のボタンは全て売れ切れ表示、えー、そうなんだ。
 未食メニューを買ったのまでは良かったのですが、あまりのショックに未食のサイドメニューを買い忘れました。
 ディナータイムを少し外れた時間帯はゆったりとした店内ですが、営業時間は11時から翌1時と長時間ですので、一日の来店数はどうなのかは全く想像も付きません。

クリックすると拡大します

 先客3人後客3人、奇しくも前回と同じ席に案内されます。
 レセプションと変わらない卓上の調味料類、爪楊枝の隣には髪留めゴムが用意されています。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待っていると、5分ほどで手元まで運ばれてきます。

クリックすると拡大します

 中華そば700円、メニューコンプまで残り1種類。
 サバ醤油にサバ油を掛けないラーメンかと思っていたら、カイワレ大根がなるとに代わり、ネギは白部分から青い部分になり、鯖節揚げねぎが振りかけられています。
 そのまま変わらない大きなレアチャーシューをスープに沈めつつスープを味わってみると、甘めの鶏ガラ出汁スープに甘めの醤油ダレを合わせた高井田系の味わい。
 なるほど、、、って前回気が付けよ(遅)。

クリックすると拡大します

 サバ醤油と同じ自社製麺の角中細麺は、開店1ヶ月経たないうちにスープにすっかり馴染んできました。
 トッピングは(繰り返しになりますが)ミディアムレアチャーシュー3枚、メンマ、なると、青ネギ(正しくは長葱の青い葉の部分)。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 席を立って店員さんに挨拶し、つけめんの販売開始時期を聞くと、7/6(金)からだそうです。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記