2018年07月14日

再び箱根の山へ

/遅咲きの紫陽花/麺398−1@宮ノ下にて冷たい麺/

クリックすると拡大します

 三連休、中途半場に仕事が入ってしまって、予定していたイベントをキャンセルしたら翌日に仕事がキャンセルされるという。
 再び楊枝を入れる気力がでなくて、そのまま何も予定の無い三連休になりました。
 猛暑を越えて酷暑、自宅界隈でのんびりしますか。

クリックすると拡大します

 前回は電車とバスを乗り継いで向かいましたが、今日はバイクで向かった箱根の山。
 宮ノ下駅が左手に見えたら減速して、そのまま左手を気にしていると、麺398−1@宮ノ下(足柄下郡箱根町宮ノ下)が見えてきます。
 営業中は店先の両側に白旗が立っているは、プロデュース店である彩酒亭洞と同じです。
 5月のオープン直後以来、2回目の訪問になりますが、夏季限定メニューが始まっています。

クリックすると拡大します

 店先のメニューを見てみると、ラーメン部分はレギュラーメニューに加えて、夏季限定メニューが始まっています。
 トッピングとしてはなまる野菜200円、煮玉子100円、笹打ちネギ50円。
 ミニサラダ380円、ドレッシングは和風、シーザー、ゴマから選べます。
 ご飯ものは釜揚げしらす丼、炙りチャーシュー丼、自慢のローストビーフ丼、いずれもスープ付きで980円、ラーメンとセットのミニサイズは580円。

クリックすると拡大します

 店内に入るとタイミング良くノーゲス、椅子の数は増えて6席と6席の12席になりました。
 卓上のブラックペッパーはそのまま変わっていません。
 前回と同じ席に座って、店長さんとお喋りをしながら注文します。
 夜の営業はどんな感じかなと聞けば、外国からのお客さんが多いとのこと。

クリックすると拡大します

 ラーメンと言うよりオーガニックベジタブルサラダ、野菜は全てオーガニックファームのはなまる農園から仕入れ、大きく広く生け花のように活けてあります。
 奥には花鰹あしらい、かつおだしでお浸しとした小松菜。
 小松菜を囲むように右からミニトマト(赤、黄色)、奥からズッキーニエッグ、バターナッツ、ズッキーニ、ミニラディッシュと重ねます。
 鶏チャーシューを乗せ、最後にスイスチャード、サラダ菜を周りに挿した冷たい麺980円

クリックすると拡大します

 さっと掛けられたバジルオイルと共に先ず野菜から食べると、程々の旨味、程々の甘味、本物の野菜は水と繊維を味わうものなのでしょう。
 火入れした方が美味しい野菜(ズッキーニ、バターナッツ)には一手間掛けてあり、スープに浸して美味しく頂きます。
 強めに冷やした鶏ガラスープ、強いとろみと共に改善した全粒粉の細麺に良く合います。
 まだ、今年の夏は始まったばかりですが、今年の夏、最高の冷やしラーメンです。

クリックすると拡大します

 箱根の山奥だけど、全国の冷やしラーメン好きに食べてもらいです。
 食べながらも店長さんと話をしつつ、はなまる農園の野菜の美味しさに驚かされっぱなし。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記