2018年07月18日

たまには宮元へ

/煮干しつけ麺 宮元@蒲田にて冷製煮干し中華そば(醤油)、冷製和え玉/

クリックすると拡大します

 随分と久し振りの訪問になる、煮干しつけ麺 宮元@蒲田(大田区西蒲田)
 本日はスタッフさんの1日限定メニューがあるとのことで、タイミングがあれば良いなと思っていました。
 目も眩むほど外待ちしていたら諦めようと思っていましたが、そうでもないので、こっそりと最後尾に続きました。

クリックすると拡大します

 スタッフ伊東さんの限定250食、1日限定メニューではありますが、だからと言って狙って訪問したのかと言われると微妙です。
 あちこちで1日限定メニューをやっているし、その情報も簡単に入手できますし。
 なんて斜めに構えず、「煮干しラーメン最高峰の宮元で、1日限定メニュー!これは楽しみ!!」って構えれば良いんだろうけど。

クリックすると拡大します

 冷製煮干し中華そば(醤油)800円、タレを塩か醤油で選べるので醤油にしました。
 塩と醤油の2杯食べることを店側は禁じていませんが、数量限定ですので私が2杯食べたら誰がが食べられなくなります。
 せっかくの限定メニューだから、1人でも多くの人に食べてもらいたいです。
 事前情報ではアジ、伊吹、青口、ウルメの煮干をブレンドした純煮干スープ。

クリックすると拡大します

 それぞれの魚の旨味を上手く出し入れした、「スープの味はバランス」と改めて考えさせられる極上の味わい。
 冷やすと旨味が香りになって飛ばないので、これでもかと真っ直ぐ伝わってくる旨さ、旨いよー
 想像ですけど、アジ煮干ひとつ取っても品質(仕上がり)にバラツキがあり、長く多く取引されている宮元だからこそ仕入れられる高品質の煮干を使われているのではないでしょうか。
 スープが極上の上に合わせた自家製麺がこれまた瞬きできないほど合っています。

クリックすると拡大します

 スープと自家製麺を微調整した先にこの相性があるのでしょうか、それとも、それぞれを最高に仕上げれば自然と合うのでしょうか。
 トッピングは、今すぐ焼肉屋がやれるほど美味しく、厚切りで大きいレアチャーシューが二枚(二個)。
 ほうれん草のおひたし、スライスオニオン(ホワイト、パープル)、板海苔。

 伊東さんは「美味しいでしょ」と涼しい顔してラーメンを作っています。
 しかしして、ここまでの苦労、努力、忍耐がどれだけ大変だったとしても、「そんなことは当たり前だし、お客様には関係ない」の姿勢に、遠くマスター(山岸さん)の顔が見え隠れします。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わり、スープを残した状態で冷製和え玉200円。
 丼を小ぶりにしてスープを掛けないだけで、タレの上には麺量は一玉、レアチャーシュー半分(って、この大きさが普通ですね)、スライスオニオン(ホワイト)、煮干粉をトッピングしています。
 先ずはタレだけで混ぜそばとして楽しみます。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ続けていたいほどの旨さ、和え玉を考えた人は頭が良いなぁ。
 途中からスープを残していた丼を手元に手繰り寄せ、つけ麺風にして頂きます。
 これまた旨い、定義としてはつけ麺では無いけど、旨いから定義はどうでも良い感じです。

クリックすると拡大します

 最後はスープに入れて油そば風にして、最後の一本、最後の一滴まで美味しく頂きました。
 ああ、美味しかった。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記