2018年07月20日

土用丑の日

/麺屋翔本店@西新宿七丁目にてサーモン冷製麺/自宅で鰻丼/

クリックすると拡大します

 働き方改革とかよく知らないけど、ウチの現場は午前休とか午後休(午前休と午後休が勤務管理上で等価なのは疑問ですが)、一時間単位で休暇を取得できます。
 仕事なんてしなくていいならしたくない私にとっては水を得た魚状態、ありがたいことです。
 それにしても今日も暑い、限定メニューを販売するというので開店前に来たのですが、誰も待っていないじゃないか。

クリックすると拡大します

 久し振りの訪問となる麺屋翔本店@西新宿七丁目ホームページ)。
 毎年夏になると冷たい限定メニューを販売されていて、今年は4週に掛けて販売されます。
 冷夏の年に「売上が云々」と無言で出されても厳しいものがありますが、今年はウェルカム、毎日販売して欲しい。

クリックすると拡大します

 冷やしシリーズ第一段、販売期間は7/19(木)-22(金)となります。
 告知では数量限定とありますが、ブログなどでは各日50食と記載、大盛不可です。
 大盛不可と言うことは(ある程度のロスは見込むでしょうけど)、メニュー専用の麺が50杯分しかないと言うこと。

クリックすると拡大します

 券売機制の店舗の場合、シャッターポールとかPP(ポールポジション)だと真後ろにお客さんが並ばれる可能性が高いので、嫌って店先が見える日陰で待っていました。
 定刻になって開店、この店でこんな風に開店待ちしたことは今まで数えるほどしかありません。
 今日は大橋店主さんが厨房に入って調理を仕切っていました。
 それにしても、レギュラーメニューと並行して限定メニューを調理するなんて、いつの間に出来るようになったんでしょうか。

クリックすると拡大します

 お待ちどおさま、とカウンター台越しに手渡されたひんやりと冷たい平皿。
 豆乳と生クリームをベースに、フードプロセッサーで処理した数種類の夏野菜、隠し味として魚介出汁をブレンドし、粘度が高まるまで冷やされた冷製スープ。
 冷製スープに、氷水で冷やし、麺線を綺麗に整えた、心の味食品の角中細麺を横たわらせてあります。

 麺の上にスモークサーモンの切り身にイクラ、鮭のほぐし身を重ね、奥にサニーレタスをあしらい、ブラックペッパーを全体に散らして。
 オリーブオイルで軽めの香り付けしたサーモン冷製麺1200円

クリックすると拡大します

 ラーメンと呼ぶにはちょっと無理があるけど、角中細麺にしっかりとまとわりつく冷製スープの美味しさの前に、暑い日差しを忘れるほどの美味しさ。
 麺屋翔のラーメンはどれも美味しくて、この限定メニューも美味しくて、美味しい「だけ」ラーメンのラーメンには惹かれない私ですが、美味しい「だけ」でなないラーメンなので惹かれてしまう。
 今日の「だけでない」はスープの飲みにくさ、まあ、美味しいからと言って飲み干さなくても良いとは思いますけど。

クリックすると拡大します

 店内は開店直後であるにも関わらず満席でしたが、大橋店主さんがちょうど目の前に立っていたので、ラーメンの感想を伝えました。
 その後、「秋には今年も大つけ麺博に出るんですよねー」と冷やかすと、実はかくかくしかじか(漢字だと斯々然々)、、えー、そりゃ凄い!!
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 帰宅するとスーパーで買ってきたが冷蔵庫に用意されていました。
 鰻が少なくなってきたとか、少ないから食べるべきじゃ無いとか、色々な考えがあるとは思いますが。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記