2018年07月22日

座間のひまわりまつり

/子ブタ屋@南林間にてそば小/ざまのひまわりまつり/

クリックすると拡大します

 今日も暑い一日が始まりました。
 言葉として「暑い」と喋ってもいずれ忘れ去れるかも知れませんが、私のブログは私の日記を兼ねているので、それなりに気候を記録するのは自分自身のためです。
 いやまあ、そのくらいのことは覚えておけよという話しですが。

クリックすると拡大します

 自宅からバイクで一時間強、蔵家(2013/12/27-2017/12)の跡地へ2018/06/25にオープンした子ブタ屋@南林間(座間市ひばりが丘1-24-15)
 営業時間は11:00-14:45 17:00-23:45、不定休です。
 店主さんは高級中華料理店出身、ラーメンは初めてなので「試行錯誤している」とのこと。
 駐車場は店の隣に二台ほどあるようです。

クリックすると拡大します

 開け放たれた戸をくぐって店内へ、すぐ左手に券売機があるので食券を買います。
 メニューは醤油味の「そば小700円」、味噌味の「みそ小750円」、それぞれのつけ麺が「つけそば小800円」、「みそつけ小850円」。
 麺量は温麺が小150g、中300g(100円増し)、大450g(200円増し)、つけ麺が小225g、中300g(100円増し)、大450g(200円増し)。
 トッピングはブタ、うずら、たまねぎ、バター、コーン。ドリンクはビール、コーラ、ノンアルビール。

クリックすると拡大します

 空いていた席に座り、店主さんに食券を渡すと、お好みを聞かれます。
 麺の固さ、味の濃さ、野菜の量、ニンニクの量、アブラの量を「普通」と変える場合に「多め」とか「少なめ」と伝えます。
 麺の固さや味の濃さを指定できるので家系を模倣していると思われがちですが、ラーメン二郎とそのインスパイア店では告知していないだけで麺の茹で加減を指定できますし、味の濃さは「カラメ」と表記されています(正確には違うけど)。
 ライスが無料サービスされ、ウーロン茶は飲み放題です。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲で、L字カウンター7席のみ。
 卓上には一味唐辛子、辣油、かえし醤油、酢、ブラックペッパー、刻みニンニクが用意されていますので後からセルフで増量できます。
 お客さんは先客4人後客3人、とりあえずは「新しいラーメン店が出来たので」のお客さんかと思ったら、既に何度も来ているような接客のお客さんもいます。

クリックすると拡大します

 コールは柔らかめ、ニンニク、野菜。
 真っ白くまあるい丼にかえし醤油を入れ、豚ガラ、ゲンコツを炊き出した豚骨スープを大きな寸胴から注ぎます。
 茹で上げた平打極太麺をスープに入れ、注文ごとに茹でているモヤシ、キャベツを上から乗せ、切り分けてあるブタを立てかけ、最後におろしニンニクを添えたそば小(150g)700円

 スープはラーメン二カのスープとは全く異なる豚骨醤油、背脂の甘味が前面に、豚骨の旨味が後ろに広がる美味しいスープです。
 まだまだ味の練りが足りていませんが、これからどのような味に仕上げていくのかがとても楽しみです。
 野菜はキャベツが3割ほどで残りはモヤシ、食べているとスープに水気が染み出て薄まってしまうので、途中からかえし醤油をさっとひと回し。

クリックすると拡大します

 平打極太麺は羽田製麺でみっちりとした噛み応えでとても美味しい、スープとの相性は鋭意調整中といったところ。
 ブタはラーメン二郎が腕肉に対して肩ロース、これはこれで美味しい。
 この手のラーメンにライスが必要とは到底思えないので、コール時には断ったのですが、配膳時に再び「ライスどうですか」と勧められ、断り切れませんでした。
 せめてもの抵抗で、半ライスでお願いしました。

クリックすると拡大します

 ラーメン二郎系のラーメンとライスを一緒に食べたことが無いので、さて、どうやって食べるんだろう。
 このスープを掛けてもあまり美味しそうに思えなかったので、刻みニンニクを乗せて辣油を掛けて食べてみました。
 まあまあ美味しい、でもなんか違う、、正しい食べ方を誰か教えてください。

クリックすると拡大します

 まあ、見るからにラーメン二郎インスパイア系ですが、小150gだと普通のラーメンの麺量となんら変わりませんので、野菜やニンニクを無料サービスしてくれる豚骨醤油ラーメン、と考えた方が良さそうです。
 つまり、なんでもかんでもガッツリ系で括らない方が良いんじゃ無いかと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰る途中で「そうだ、今日だった」と思い出し、ざまのひまわりまつりホームページ)へ立ち寄ってみました。
 毎年行くひまわりまつりは座間会場で、今日行ったのは栗原会場の方です。
 つまり初めて、クルマだとどこに停めたらいいのか分からなかったけど、バイクなので会場近くに駐輪場が用意されています。

クリックすると拡大します

 会場は第一、第二とあり、それぞれに見晴台が設置されています。
 ひまわりは背丈ほどの高さがあるので、見晴台に登らないと、あんまりよく見えません。
 それにしても全員がカメラを持っているので、思い思いの撮影で中々前に進まない、と。

クリックすると拡大します

 ひまわりは全部ハイブリッドサンフラワーという種類で、淡い黄色がとっても可愛らしいです。
 まあ、私が綺麗だとか可愛らしいとか、わざわざ言わなくてもいいとは思いますが。
 模擬店はこの土日だけですが、ひまわり自体は枯れるまで鑑賞できます。
 さて、安全運転で帰りますか。
posted by ふらわ at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記