2018年07月26日

蒲田の慕情

/通院/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて和風大辛野菜/らぁ麺 鳳仙花@歌舞伎町一丁目にてらぁ麺/

クリックすると拡大します

 午前中というか、朝から通院
 仕事が忙しい(職場から期待されている)頃は、通院が終わったらそのまま職場に駆け付けていました、が。
 今では堂々と休んで休養、改めて言う話しじゃなくて、本来はそうなんだろうな。

クリックすると拡大します

 友達と待ち合わせて、元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 約束した時間より早く着いたのですが、更に早く友達が来ていて、気持ちで負けてしまいました。
 久し振りに平日ランチタイムに訪問しましたが、ほぼ満席の店内です。
 一人ならすぐには入れるところ、年に何回もない同伴出勤、、、って出勤じゃないし(道南でもないし)、並びで座れる席が空くまで少し待ちました。

クリックすると拡大します

 程なくして店員さんに案内され、カウンター席に座ります。
 先ずはビールで二人お疲れ様会、昼間のビールはウマいっすね。
 ラーメン屋でビールを頼むと、付き出しが合ったりなかったりしますが、荒木屋では日替わりで付き出しが出されます。
 今日はキュウリの荒木屋風漬け、味の深みは豚バラ肉でしょうか、この破壊力たるや、ビール一本を10秒で空にします。

クリックすると拡大します

 ビールが終わったので、すかさず旭屋酒店から仕入れた「蒲田慕情」純米吟醸、いわゆる夏酒。
 夏酒にはキュウリの漬物が合いますなぁ、ごくごくと飲んでしまいました。
 ゆっくりした木曜日の昼下がり、友達の会話も弾みます。
 走行しているウチにラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 大辛肉味噌麺のスープをベースに、魚介出汁を加えて全体的に和風に傾けた味付け。
 味噌野菜麺の煮込み野菜であるモヤシ、ニンジン、白菜、キクラゲ、ニラに加えて絹やさなどを加えます。
 最後に刻み海苔、向こう側に茄子のお浸し、チャーシューをトッピングした和風大辛野菜900円

クリックすると拡大します

 辛さの先に旨さを見つけたと思ったら、その先に辛さが合って、更に旨さの繰り返し。
 サッポロ製麺の特注麺が、これ以上のない相性でスープに合ってきています。
 もちろんチャーシューも美味しいし、ずっと1個トッピングでしたけど、そのうち2個トッピングに遷移しよう。

クリックすると拡大します

 友達は友達で念願叶ってのラーメンを食べられたみたいで、とても喜んでいました。
 食べる前、食べ終わってからの四方山話が何より楽しい。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 西武新宿駅南口から徒歩ゼロ分、らぁ麺 鳳仙花@歌舞伎町一丁目公式ツイッター)、経営母体は株式会社INGS(イングス)(ホームページ)。
 とんこつらーめん だるまのめ 西武新宿駅前店(2011/9/21-)、横浜家系ラーメン 壱角家 西武新宿駅前店(2014/9-)等の跡地に、本日2018/7/26オープン。 
 春道から始まったクローズ(高橋ヒロシ作)に登場する「名称」を付けた店名で、西新宿の春道(坊屋春道)を皮切りに、新宿三丁目に鈴蘭(鈴蘭男子高校)、はやし田(林田恵)、鳳仙花(鳳仙学園)ときたので、次は美籐か金山か(笑)
 春道が1号店で鈴蘭がセカンドブランドですが、ネットでは鈴蘭系列と呼ばれています。

クリックすると拡大します

 スープの大まかな系統として、春道は豚骨、鈴蘭は煮干、はやし田は鶏、こちらは金目鯛。残るは牛骨や鴨、ですかね。
 11:30からの通し営業なので、アイドルタイムを狙って向かったのに満席、、、場所柄、ランチタイムとか関係ない立地なんですね。
 少し待って入店、左手の券売機を見ると メニューはらぁ麺、つけ麺。
 トッピングにチャーシュー、味玉、メンマ。

クリックすると拡大します

 サイドメニューに金目鯛茶漬け、白米と、かなり絞り込んだ構成です。
 お冷やははやし田と同じテーブル備え付けの蛇口から注ぐシステムで、卓上に調味料を用意しないのも同じです。
 店内はU字カウンター16席で、前店から半減しています。
 厨房は置くにあるので調理は伺えませんが、一度に二玉ずつ茹で上げているようです。

クリックすると拡大します

 程なくしてらぁ麺800円
 丁寧に炊き出した金目鯛のアラのスープ、味に深みを出すために鶏ガラスープをブレンドされています。
 純鯛出汁にすると、マニアや評論者などのウケは良いですが、より多くの客層に普段使いとして訴求するために、メインのヒキを残しつつ偏差値を下げ、幾つかのスープをブレンドして息の長い味に調えています。
 それでも新規オープンしてしばらくは金目鯛の割合を増やしているのでしょうけど、スープとしての完成度はかなり高いです。

クリックすると拡大します

 麺は春道系列御用達の菅野製麺所、らぁ麺とつけ麺では使っている小麦粉や麺の形状を変えているようです。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、解し鯛身、刻み紫タマネギ、穂先メンマが二本。
 食べ進めるにつれ、金目鯛茶漬けがとっても気になり出しましたが、250円はちょっと出せないなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記