2018年08月15日

つけ麺と混ぜそば

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にてつけ麺/中華そばみやざき@向ヶ丘遊園にて鯖ませそば/

クリックすると拡大します

 月に一度くらい(シフトによっては無い月もあるけど)、一時間以上早出する当番が回ってきます。
 今日がその日で、早く出社すれば電車には初めっから座れるのですが、お盆だというのに結構沢山の人が乗っていました。
 私は月に一度くらいだけど、他の人は毎日こんな朝早くから出勤されているのですね。
 あなたたちが頑張ってくれるから、日本の経済が回っていきます。ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 お昼は事務所から近い横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田(大田区蒲田)公式ツイッター)へ。
 週一で通っているつもりではいるのですが、いるだけで実態は月一というていたらく。
 まあ、あまり肩に力を入れずに、気楽に行きましょう。

クリックすると拡大します

 券売機を見てみると、いつの間にやら旨辛らーめん(+50円)がメニューインし、つけ麺(+100円)が期間限定で販売されていました。
 細かく見てみると、キムチ丼と油そばがメニュー落ちしています。
 どちらもTwitter告知がありません。と言うか、Twitterで告知されていた阿佐ヶ谷本店の再開を話したかったのですが、馴染みの店員さんが不在なんですわ。

クリックすると拡大します

 空いている席に鞄を置き、買った食券を店員さんに渡し、座る前に壁側のテーブルに用意された無料ライスと崩しゆで卵をよそってから席に着きます。
 真ん中にちょっと豆板醤を乗せて、ラーメンが出来上がるまでの前菜、突き出し、でしょうか。
 美味しいですねぇ、いつもあるわけじゃ無いので、あるときは美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 温麺と同じ麺を茹で上げ、流水で粗熱を洗い流して、バケツ状の容器に用意した氷水にデポごと入れて麺の芯まで冷やします。
 ネギを沈めたつけ汁専用の容器にラーメンスープを注ぎ入れ、チャーシュー、茹でほうれん草を入れます。
 つけ麺用の麺皿に麺を並べ、刻み海苔を散らしたら、つけ麺850円

クリックすると拡大します

 家系ラーメンのつけ麺の食べにくさの一つに、板海苔がそのままと言うのがありますが、刻み海苔でクリアしてます。
 つけ汁はラーメンスープそのものでしたが、1玉半の麺量の酒井製麺の短尺中太麺はこれ以上無いほど冷やされていて、とても美味しく頂けます。
 食べ進めるとスープはどんどん冷めていきますが、麺が緩やかに温まるので、温度低下を気にすること無く美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 チャーシューと茹でほうれん草はノーアイディアでつけ汁に沈めてありますが、変にこねくり回すより、そのままが美味しく頂けます。
 これまで家系ラーメンのつけ麺に良い印象がありませんでしたが、少しずつ印象が変わっていきますね。
 食べているときに厨房を見渡しましたが、割スープが入った保温ポットや小さめの寸胴は見当たりません。

クリックすると拡大します

 ま、無ければ無いで良いやと店員さんに声を掛けるとと、つけ汁の器を引き取って、ラーメンスープを注ぎ足して下さいました。
 ラーメンスープは割りスープとは言えず、つまりはスープ割ではありませんが、出来立てのラーメンスープをもう一度味わうのも、美味しいと気付かされます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そばみやざき@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)へ。
 営業時間は平日が11:30-15:00 18:00-23:00、土日祝が11:30-16:00 18:00-23:00と少し変わりました。
 通勤経路上ですから、月に一度は通いたいと思いつつ、全く出来ていません。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、限定のラインの煮干しの左隣りに、まぜそばがメニューインしています。
 店内に張り紙があり、聞けば8/1から1ヶ月程度の期間限定の販売とのことです。
 公式ツイッターでちょこっとだけ告知していますが、全く気が付きませんでした。

クリックすると拡大します

 店内入って右手のテーブル席は撤去されていて、店内待ちの長椅子に変わっていました。
 厨房を囲むカウンターに空き席を見つけて座り、店員さんに食券を渡します。
 卓上にはお冷やと割り箸しか用意されていませんが、店員さんに声を掛ければブラックペッパーを出して下さいます。

クリックすると拡大します

 つけ麺用の平打中細麺をきっちり茹で上げ、冷やし過ぎないように流水で粗熱を取ります。
 ラーメン丼に鯖節から作った濃厚な醤油ダレを用意し、麺を入れて全体に馴染むように良く混ぜ合わせます。
 麺の上にレアチャーシューを2枚あしらえ、材木メンマを2本立て掛け、更に白髪ネギとカイワレ大根を乗せ、魚粉の筏を添えた鯖ませそば750円
 器もタレも麺もトッピングも全て常温で、全体的に混ぜやすく、食べやすい混ぜそばです。

クリックすると拡大します

 鯖節ダレはふんわりと香り、薄っすらと酸味も感じられて、麺に良くあってとても美味しい。
 混ぜそばやつけ麺の麺量は一般的に1玉半ですが、みやざきでは1玉であり、そもそも替玉スタイル(大盛にも出来ます)です。
 ネットで高評価を受けるために、値段を抑え、ともかく量を多くしてコスパが高いことを誇示する傾向があります。
 しかしして、一部の店舗(ジャンル)を除けば、この飽食の時代に腹八分目こそが贅沢だと私は考えています。

クリックすると拡大します

 一般的な調理に照らすと改良点も幾つか浮かびますが、ヨソはヨソ、ウチはウチ、こうでなければならないと思考停止することが一番いけないこと。
 麺を食べ終わると少しタレが残るので追い飯を、、、いや、今日は止めておこう。
 席を立ち、出口まで見送ってくださった店主さんと少し立ち話をさせていただき、お店を後にしました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月14日

国領で二軒

/百笑食堂いしかわや@国領にてわんたん中華そば(塩)/味功@国領にて台湾ラーメン揚げ玉子入り/

クリックすると拡大します

 天気が良くて暑いだけかかと思ったら、いい感じで風が吹いていて涼しいじゃ無いですか。
 仕事している場合じゃ無いよな、ちゃちゃっと家事を片付けて出掛けますか。
 っと、出掛けにオヤジの話し相手してたら、出遅れちゃったよ。

クリックすると拡大します

 狛江で小田急線を降りて、バスで国領へ、バス代は216円均一だから、新宿駅経由で京王線で向かうよりかなりに安上がりです。
 最後に国領駅へ来たのは2007年11月だから、既に11年前になりますか。
 全く違う駅舎になってしまっているし、駅の周りも全く変わっています。
 さてとラーメン屋に向かうかと足を向けると、なんとラーメン食べ歩きの友達(以降、ラー友)が信号待ちしてるじゃ無いですか。

クリックすると拡大します

 お久しぶりと挨拶を交わしながら向かったのは、2018/8/1にオープンした百笑食堂いしかわや@国領(調布市国領町)
 店主さんは、吾衛門@西八王子の御曹司にて柴崎亭@つつじヶ丘の出身です。
 御曹司はともかく、ラーメンの麺相を見れば、出身店は自ずと分かりますよね。
 それにしても飾りっ気の無い店先、ラーメン店と知っていて来ているからいいけど、知らないで店先を通ってもラーメン屋とは分かりません。

クリックすると拡大します

 店内に入るとすぐ右手のドア近くに設置されている券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば600円、わんたん中華そば850円、特製わんたん中華そば1100円。
 基本は醤油で、塩は100円増しになります。長岡しょうがみそ850円は発売準備中。
 ご飯物はライスと石川丼、飲み物はビール、レモンサワー。

クリックすると拡大します

 ガランとした店内、真っ直ぐ奥にカウンター10席のみ、厨房と反対側の壁には、待ち席が10席ほど用意されています。
 空調の効きが弱くて暑いとの事前情報もありましたが、全く気になりません。
 卓上には調味料だけではなく、お冷のポットやコップすら置かれていません。
 壁にはギターが飾ってあるくらいで、写真ブロガーには物足りないですね。

クリックすると拡大します

 厨房にいる3人の女性店員さんが来ているTシャツには、表面に「36」とあり読みはサブロー(笑)。
 裏面には「NoLife NoRamen NoMSG」とあり、MSGとはMonoSodium Glutamateの略でグルタミン酸ナトリウム、つまり旨味調味料(かつては化学調味料と呼称)。NoMsgとは無化調を意味します。
 厨房の調理を眺めていると、煮立てたスープを雪平鍋から丼に注ぐときに片口が合っていなかったり、平皿から茹で湯をしたたらせながら丼に流し入れていたり、正に柴崎亭譲りの調理。

クリックすると拡大します

 手際よく調理されて、わんたん中華そば(塩)950円
 鰹節や鯖節などの魚介系出汁を味の基本とし、鶏ガラなどで味に膨らみを保たせたスープ、開店1ヶ月以内とは到底思えない美味しさ。
 骨が痩せる夏によくぞここまでこの味を組み立てましたね。
 逆に考えれば今は一番味が出ていない時期、これからどんどん美味しくなるということ。

クリックすると拡大します

 麺箱も何も見当たらないけど間違いなく田村製麺の細麺、この麺が旨いんだよ、このスープにはこの麺しか考えられません。
 チャーシューはミディアムレアですが、かなり厚めにスライスされていて食べ応え十分。脂身も多いけど、肉の旨さは脂の旨さ、おつまみセットが気になりすぐる。
 ワンタンは5個ですので1個50円換算、食べにくいほどの大きさ。大きさだけでは無く、肉の味も美味しい。
 2本の材木メンマもいい感じで、青ネギはワンポイントで。

クリックすると拡大します

 かつて、小田原系ラーメンはチャーシューワンタンメンを食べないと未食扱いだと嘯(うそぶ)かれました。
 となると、柴崎亭系列店でもワンタンメンを食べなければ未食扱い、になるのだろうか。
 ラー友はわんたん中華そば(醤油)850円、これも旨そう、夜に御曹司を拝みに食べに来ることにしよう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 世の中の全てのラーメン店には行かれないので、何らかの基準を決めて食べ歩くことになります。
 出来るだけ広く浅く一部深く食べ歩こうとは思っていますが、基準を守ろうとすればするほど、行くお店がどうしても偏ってしまいます。

 ということで、たまたま一緒になった友達に「次はどちらへ」と振ると、「みこう、に行こうと思っているんですよ」「みこう?知らない、行きましょう。」と快諾。
 お店を出て駅に戻る振りをして少し歩いて、味功@国領(調布市国領町)へ。

 台湾ラーメン発祥店である味仙@名古屋の、暖簾分けとのこと。
 暖簾分けだけあって、ラーメン店ではなく中華料理店の趣きです。

クリックすると拡大します

 細長い長方形の店舗ですが、長い辺の戸は閉め切られていて、短い辺のドアを引いて店内へ。
 ネットにはメニューの写真がアップされていますが、メニューの撮影は禁止です。

 メニューは麺類、飯類、1品料理、点心、飲み物、デザートと多彩で、麺類は台湾ラーメン、醤油ラーメン、味噌ラーメン、タンメン、天津麺、酸辣湯麺、担々麺、ジャージャー麺、五目焼きそば、海鮮上海ヤキソバなど。
 店内は壁向きカウンターが7席、窓側にテーブル席が3人掛け、2人掛け、2人掛け。

 卓上には酢、醤油、辣油が用意されています。
 先客2人は2人ともスポーツ新聞を読みながら、テレビを聞きながら、ビールと一品料理を味わうという五感で昼下がりを楽しんでいます。

クリックすると拡大します

 少し待って台湾ラーメン揚げ玉子入り600円
 私の知っている台湾ラーメンは、醤油ラーメンに辛味付けされた挽肉と鷹の爪を乗せていて、モヤシとネギは使われておらず、
ニラは素揚げされています。
 目の前の台湾ラーメンは、モヤシは茹でられていますが、ネギとニラは生のまま、ニラはかなり辛い。

クリックすると拡大します

 鶏ガラ、豚ガラを煮だした醤油ダレのスープに、辣油と輪切り鷹の爪で辛味増しされています。
 かなり個性的でクラシカルな飽きの来ない味わいは、これからも末永くお客さんが途切れない美味しいラーメンです。
 細麺の麺量が多く、この一杯でお腹がいっぱいになります。

クリックすると拡大します

 トッピングした揚げ玉子、衣が薄く付けられて揚げられていて、意外にも台湾ラーメンに良く合います。
 長く続いているものには必ず理由がありますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラー友とは駅で別れ、折角の休みなので、もう一軒か二軒回っておこうと。
 年に何度も乗らない京王線に乗り、途中で多摩川を渡って川崎市へ。
 南武線に乗り換えて宿河原まで。

クリックすると拡大します

 ラーメン店まで行ってみるとお盆休み、二連発。
 この時期はこういうことがあるので驚きませんが、こういうことがあるので遠征は控えています。
 ま、大人しく帰りますか。
posted by ふらわ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月13日

オダサガの新店

/牛骨らーめん牛王(ごおう)@武蔵新城にてつけ麺/ラーメン嘉一郎(かいちろう)@小田急相模原にてラーメンチャーハンセット/

クリックすると拡大します

 自宅を出ようとしたら、ピロリーンとスマホが小田急線の運転見合わせを伝えています。
 何としても出社するべく、5分でも10分でも早く出社するべく鋭意検索したり、頑張る人は素晴らしいと思うし、そう言う人がいるから日本経済が回っているのだと、尊敬すらします。
 そう言う人達がいる反面、反対側の立ち位置の私はそう言う人たちに助けてもらって、午前休を即決。
 約一時間後の運転再開後にのんびりと電車に乗って、ラーメン店の夏期休暇を鋭意確認して。

クリックすると拡大します

 開店30分前に到着した武蔵新城駅、暑い日差しを避けて日陰で待って10分前でいいかと思いながら、念のため店先に向かうと、外待ち5人待ち。
 なんだよ平日でも開店待ちがいるのかよと、暑い中を外待ちに接続した牛骨らーめん牛王(ごおう)@武蔵新城(川崎市中原区上新城)公式ツイッター)。
 定刻より早く10分早く開けて下さって、暑い中を助かりました。
 後でちゃんと調べたら、店主さんは麺屋武蔵本店からの麺屋武蔵鷹虎の副店長を経ての独立とのこと。

クリックすると拡大します

 7/24から提供が始まったつけ麺、並200g、大盛300gは同額です。
 前回訪問時の6月とメニューを比べると、つけ麺が加わった以外にチャー牛丼がメニュー落ちしました。
 チャー牛はしっこ肉がチャー牛ゴロ肉に名称変更(値段は同じ)されています。
 チャーシュー多めは150円増しで味玉も付くのでかなりお得ではあるけれど、その150円をケチってしまいます。

クリックすると拡大します

 今日はカウンター端っこにギリギリ座れたので、店主さんから一番遠い席、色々と話をしたかったのですが、それは叶いそうもありません。
 公式ツイッターをみるとスタッフが入ったようですけど、今日はワンオペのようです。
 一度に二玉が三玉ずつ茹で上げていますので、提供まで少し時間が掛かります。
 お冷やを飲みながら待っていると、続々とお客さんが入ってきて、、、もうそういうラーメン店なんですね。

クリックすると拡大します

 少し待ってつけ麺(大盛300g)850円
 真っ直ぐでは無く、さりとて乱れてはいない柔らかい波を打った麺線、温麺と同じ製麺所の村上朝日製麺所です。
 つけ麺用に切り刃を4番ほど多くして(中太麺から中細麺へ)、つけ汁に絡みやすくしてあります。
 チャーシューというかローストビーフは二枚、麺の上に乗せてあります。

クリックすると拡大します

 つけ汁のベースは温麺のスープと同じですが、サイコロカットしたニンジン、トマト、タマネギ、ベビーリーフを加えてあります。
 スープの味を生かしつつ、野菜の味と食感が加わり、麺を手繰るとさらに美味しい、さらに楽しい。
 時折、ローストビーフと共に食べるともっと美味しい。
 似たようなつけ麺は何度か食べたことがありますが、ここまで細かい点までしっかり作り込んであるつけ麺は初めてです。

クリックすると拡大します

 つけ汁はスープ割り不要の味加減でしたので、半分ほどそのまま味わい、それから割りスープをお願いします。
 未確認ながら、割りスープは再加熱した牛骨スープの様で、最後の一滴まで美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 友達に「お店が変わったらしいよ」と連絡があり、いても立ってもいられなくなって伺った、ラーメン嘉一郎(かいちろう)@小田急相模原(相模原市南区松が枝町)
 らーめん GOEN 小田急相模原店(2017/10/2-2018/6/30)跡地に、8/1にオープンしました。
 聞けば、GOEN綾瀬本店で修業されていた人が、店舗を買い取って独立されたとのこと。
 これから色々と変わっていくのかも知れませんが、一旦は教わったラーメンを提供するところから。

クリックすると拡大します

 店先のメニューを見ると、ラーメンは塩豚骨、醤油豚骨、味噌豚骨の三種類、サイドメニューに焼き餃子と水餃子、ご飯ものはチャーシュー丼など4種類と、チャーハン。
 GOEN時代と比べると、ラーメン一杯750円から680円(味噌は750円から710円)に、学割ラーメンは650円から500円に値下げされています。
 トッピングはほぼ同じですが、ウズラが無くなっています。
 水餃子が加わり(350円から320円へ)、丼物の数は変わらず(350円から320円へ)、チャーハンが追加されました。

クリックすると拡大します

 店内は全くの居抜きで奥に6席、手前に4席のL字カウンター、券売機の場所も同じというか、同じ券売機です。
 先客2人、後客無し、空いているカウンター席に座りつつ、店主さんに食券を渡しつつ、家系お好み(店内に告知無し)を伝えます。
 卓上には白胡麻、醤油、酢、辣油、ブラックペッパーグラウンド。
 豆板醤、おろしニンニクは全席分は無くて、必要に応じて店主さんが用意して下さいます。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメンチャーハンセット900円、ラーメンは塩か醤油が選べますので、醤油(醤油豚骨ラーメン680円)でお願いしました。
 丼が薄茶色から薄鶯色に変わり、ウズラ一個が鶏卵半身に変わっています。
 トロミの強い豚ガラ、鶏ガラを炊き出したスープは十分美味しいです。
 GOEN時代は綾瀬の本店で炊き出したスープを運んできていましたが、独立に際して店内炊きに変わっています。

クリックすると拡大します

 しかしながら、並べて飲まないと分からないほどの違いと思われますが、以前よりはブレを楽しめるのかも知れません。
 麺は以前と変わらない大橋製麺の短尺角中太麺、柔らかめでお願いしましたが、やや柔らかめの仕上がりです。
 薬味ねぎは先入れ式で、スープ全体に良く馴染んでいます。

クリックすると拡大します

 トッピングは豚バラチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚、メンマ、半身の味玉。
 味変しなくても十分食べ切れましたが、折角なので途中で豆板醤とおろしニンニクで味変します。
 おろしニンニクの辛味が新鮮で、劣化を防ぐために卓上に置かない方法が功を発しているようです。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べている途中で提供されたチャーハン、単品ですと320円ですが、セットですと量が少なめかも知れません。
 鶏卵とチャーシューの切れ端と共に大きめのフライパンで調理されていて、白胡麻、青ネギが添えてあります。
 見た目は少なめに感じましたが、ぎゅっと詰めてあって、意外に食べ応えがあります。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記