2018年08月25日

日本酒を楽しむ会都内開催

/麺屋 IKUMALU(いくまる)@久地にて冷しそば、ミニマーボ丼/魚酒場 汐〇しおまる@仙川にて日本酒を楽しむ会都内開催第19弾/

クリックすると拡大します

 また暑くなってきて、若い頃ならラーメン二、三杯食べてから飲み会だったけど、今は無理、、、じゃなくて今は昔。
 それでも一杯くらいは食べていこうと、飲み会の開始時間から逆算するも、手頃な店が見つけられない。
 んじゃ、昼営業の終了時間目指して、南武線久地駅から歩くこと6分、歩いているだけで汗が吹き出ます。

クリックすると拡大します

 麺屋 IKUMALU(いくまる)@久地(川崎市多摩区宿河原6-22-11)、つけ麺志こつ(2008/7/26-2018/2/28)跡地に2018/7/5オープン。
 数字の19を丸で囲んでいくまる、店名の由来は店主さんの奥さんの愛称からとのこと。
 店主さんは横浜で多くのラーメン店を渡り歩いた後の独立、どの辺のラーメン屋だったかは、製麺所を参考にして下さい。
 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは中華そば、限定しょうゆそば、みそそば、辛みそそば、つけそばの5種類。
 季節限定メニューは冷しそば、冷し辛そばの二種類が用意されています。
 トッピングは味玉、のり、メンマ、ねぎ、ちゃーしゅー、肉ワンタン、辛さ増し。
 ご飯物として豚めし、ねぎ豚めし、おすすめ丼、本日のランチセット。飲み物はビールとジュース。

クリックすると拡大します

 店内は7席と4席のL字カウンターのみ、窓側には店内待ちの席が用意されています。
 卓上にはホワイトペッパー、酢。
 店内には所々に緑が用意され、ラーメン屋ですが小料理屋の雰囲気が伝わってきます。

クリックすると拡大します

 しっかりと冷水で冷した中細麺を丼に敷き、冷した茹でモヤシを乗せ、細切りなると、細切りキュウリ、細切りチャーシューを何層にも敷き詰め。
 笹切りの白ネギを乗せたら全体に醤油ダレベースの出汁スープを回し掛け。
 味玉を添え、更にメンマを合わせ、最後に刻み海苔をあしらった冷しそば900円
 「お好みで」とマヨネーズと練り辛子を提供されました。

クリックすると拡大します

 両肩にモリモリと力の入った一杯、味の統一性とかバランスとか、食べやすさまでも全く眼中になく、ただただ思いの丈をぶつけた一杯。
 オジサン、そーゆーラーメン、大好きです。
 軽く全体を混ぜてからしばらく野菜を食べ、もう一度全体をスープに敢えてから、麺を手繰ります。
 緑製麺の中細麺はみしっしりとした食べ応えで、スープと野菜に良くあっていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 ミニマーボ丼150円
 豆腐が大きめで辛さ控えめの麻婆豆腐、とても美味しい。
 お昼営業の終了間際でしたので後客無し、ちょこちょことおしゃべりしてしまいました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜の飲み会まで約三時間、電車で普通に向かうと1時間は掛からない。
 若いときならこの時間を使って通し営業のラーメン店で一杯、したんだけどな。
 若い頃なら軽くゼロ次会にしゃれ込んだりしたんだけどな。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 日本酒を楽しむ会都内開催第19弾、会場は魚酒場 汐〇しおまる@仙川公式ツイッター)。
 色々な日本酒の会に参加していますが、幹事さんが事前にお店のコース料理を食べて、料理に合わせて選んだ日本酒を楽しめる会は「日本酒を楽しめる会」しか知りません。
 つまり、高価なとか、高級なとか、貴重な日本酒では無く、料理に合った日本酒が出されます。
 幹事さんは小田原の石塚酒店(ホームページ)の店主さん、毎回お世話になっています。

クリックすると拡大します

 酒肴として水茄子漬、スルメイカ塩辛。
 この会はビールなどは用意されておらず、日本酒と水だけを楽しむので、乾杯も日本酒。
 初めはともかく、会が進むと日本酒の配給と消費が追いつかないので、グラスとお猪口が数個用意されています。
 日本酒で乾杯して塩辛をつまむ、、、ずっとこの塩辛で良いんじゃ無いかと思うほど美味しい。

クリックすると拡大します

 今日の仕込み水は中沢酒造から、日本酒を飲むときは、同じ量の水を飲むと悪酔いしません。
 まあ、そうは言ってもそんなに水を飲むのは中々出来ませんが、仕込み水なら飲めるんですよね。
 この会では必ず仕込み水が用意されますが、今日誘ったお二人は仕込み水を初めて飲むとのこと。
 この冷やの仕込み水の美味しいこと、持って帰れるものなら持って帰りたい。

クリックすると拡大します

 刺身として根室産新秋刀魚、網走産炙り帆立とオーロラサーモン、イクラ添え、馬刺し。
 帆立とオーロラサーモン、これまた旨いなぁ、薬味は山葵で。
 馬刺しは肉料理ですが日本酒にも合います、薬味は大蒜で。
 もう秋刀魚が出回っているんですね、薬味は生姜で。

クリックすると拡大します

 木熟トマト、ヒマラヤピンクソルトで。
 熟してから収穫したトマト、美味しいですねぇ、日本酒が進みますねぇ。
 この辺りで何故か焼き鳥と焼肉の話になり、流れとして熟成肉の焼肉屋と、新進気鋭の焼鳥屋に行こうという話になり。
 焼肉屋はともかく、焼鳥屋は行きたい店があったので渡りに舟、早めに調整せねば。

クリックすると拡大します

 鰻入り厚焼き玉子。
 ふんわり仕上げの厚焼き、鰻もふんわりと焼き上げていて、燗酒が合うだろうなぁ。
 って、ちゃんと燗酒の準備が出来ていて、まあ、飲むだけの私は美味しい美味しいと言って飲んでいるだけですが。

クリックすると拡大します

 白海老と新玉葱のかき揚げ。
 軽くレモンを搾って、軽く塩を振っていただくかき揚げ、熱々でふっくらしていて、サクサクです。
 もちろん燗酒、先の燗酒より温度を上げてあって、いい感じでいただきます。

クリックすると拡大します

 小鯛の笹寿司。
 皮に近い部位と、身の部位の二種類で巻いてあって、日本酒としてお米をたっぷり食べているけど、お米としても食べてしまう。
 ミョウガがシュッと効いていて美味しいお寿司、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 提供された日本酒は、亀泉「高育63号」純米吟醸生原酒、松みどり「夏純大」純米大吟醸酒、伊予賀儀屋 SEIRYO HANABI清涼純米酒、天明「中取り四号」純米大吟醸生酒おりがらみ、澤姫 真・地酒宣言 吟醸酒生酒バージョン、四季桜「冬の華」にごり生酒、一乃谷 UNO純米吟醸生原酒、千代むすび 初しぼり純米吟醸無濾過生原酒、龍勢 特別純米酒和みの辛口の9種類。
 今夜も素晴らしい会にお声掛け頂き、ありがとうございました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月24日

関内で二軒

/おにやんま五反田本店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ/ラーメン楽萬家(らくまんか)@関内にて豚骨しょうゆラーメン並/ラーメンかわむら家@関内にて醤油豚骨(並)/

クリックすると拡大します

 痩身が一息ついたところで(って今が一番大切なんじゃ、、)、久し振りにおにやんま五反田本店へ。
 この立ち食いうどんやがどれだけ有名な店であっても、知らない人もいるだろうから、こちらのインタビュー記事をお読み下さい。
 今回、食べログにレビューを登録しておこうと、これまで何回行ったかカウントしてみましたが、2010/6の開店から遅れること1年以上の2011年9月から通い出してたったの60回、月に一回も食べに行っていないんだ。
 一応は新橋店、東品川店、中目黒店、人形町店と全店訪問済みですが、過去に遡ってレビューを登録するのもアレなので、もう一周する予定です。

クリックすると拡大します

 この日は外待ちがありませんでしたが、外待ちが有っても無くても先に券売機で食券を買ってから外待ちに並ぶシステムです。
 メニューはうどんだけで、左側上半分が冷たいうどん、右側上半分と下半分の上部が温かいうどん、最下行が種物となります。
 久し振りに来てみると、うどんメニューが30円値上がりしていますが、それでもかけうどん330円は破格です。
 ずーっと毎回「おにやんまはとり天」と決めていましたが、今日からは「おにやんまはとり天とちくわ天」に改めます。

クリックすると拡大します

 店内には出入り口が二つあり、店舗中央の厨房をコの字型に立ち食いカウンターが用意されています。
 決して広くないので、食べている人の背中側を通るときにぶつかることもありますが、ぶつかるのを一回で済ませるために、薄めの麦茶を汲んでから空いているスペースに足を進めます。
 食券を買うと、連動してレシートが店内に印刷されるので、食券はカウンター台に置く必要はなく(置いても構わない)、食券を買った順番に配膳されます。
 卓上には天かす、おろし生姜、七味唐辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 少し待っていると、冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円
 立ち食いうどん専門店としては都内一、それでもうどんや汁、種物にブレがあります。
 すっきりして美味しさしか感じないうどん汁、ちゅるんとして旨さしか感じないうどん、熱々で素晴らしさしか感じないとり天とちくわ天。
 次回は忘れずにねぎ増しを、美味しく頂きご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わった現場が京急線沿いでしたので、水曜日に続いて向かった伊勢佐木町。
 週に二回行ったくらいではラーメン店全店訪問は厳しいのですが、百里の道は一歩から。
 今日は日ノ出町駅から歩いて行きました。

クリックすると拡大します

 ラーメン楽萬家(らくまんか)@関内(横浜市中区伊勢佐木町)、新福菜館伊勢佐木町店(2015/12/21-2018/3/30)跡地に2018/6/6にオープンしました。
 屋号の末尾が「家」だと「や」と無条件で読んでしまう悪いクセが私にはありますが、ふりがなが振ってあって、「か」とのこと。
 店先には写真付きメニューのポスターが貼り出され、A型看板が置かれています。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨しょうゆラーメン690円、粟国の塩特製ラーメン690円、担々麺790円、おすすめラーメン(ねぎつけめん)790円、楽萬家セットラーメン1150円。
 トッピングはネギチャーシュー、味玉、キャベツ、のり、白ねぎ、葉ねぎ。サイドメニューは餃子250円のみ、飲み物は小ビール350円のみ。
 ご飯物は麻婆丼350円、チャーハン350円、ラーメンとセットにするとそれぞれ190円なります。

クリックすると拡大します

 壁には家系お好みが張り出してありますが、店員さんは食券を受け取っても一言も発しません。
 全て普通でお願いしたかった私は、何も言わずに意図が通じて助かりましたが、「お好みはちゃんと聞いて欲しい」と考えるお客さんには不満かも知れません。
 入店時はノーゲス、退店時にはお客さんが2人ほど。

クリックすると拡大します

 前店は入口近くに厨房があり、左手が壁向きカウンター、厨房の奥がテーブル席だったようですが、すっかりリニューアルされています。
 厨房を店内奥に、手前の右手カウンター9席、厨房に面して4席、左手の壁側には4人掛けテーブルが離れて2卓、計21席となります。
 卓上には紅生姜、酢、ラーメン醤油、ブラックペッパー(グラウンド)、一味唐辛子、刻みニンニク、豆板醤。
 紅生姜が合うラーメンが用意されているのかと思いましたが、実際はチャーハン用なのでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待って豚骨しょうゆラーメン並690円、角盆に乗せられて運ばれてきました。
 油膜は感じられませんが湯気は立っていない飲みやすい豚ガラ鶏ガラ出汁の醤油スープ、厨房は見えませんでしたが冷凍濃縮スープに感じました。
 何でもかんでも濃厚でハッキリした味ラーメンばかりが売れる必要はないので、このスープを好むお客さんも一定数いるのでは無いでしょうか。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は西山製麺の中細麺、、、いくらあっさりめのスープとはいえ、この麺との相性は厳しそうです。
 大きめの肩ロースチャーシューはしっかりした厚みで2枚、デフォで2枚はとても珍しいですが、チャーシュー麺は5枚(3枚増し)で850円(160円増し)。
 大きめの板海苔、茹でほうれん草。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まあ、この辺りは飲食店だらけで、ラーメン店もかなり多いのですが、ラーメン激戦区とは聞いたことがありません。
 目的の店舗に向かうまでにラーメン店が二軒ありますが、いずれも未食、、、ダメジャンね。
 機会があったら行こう、が、いつか行こうになって、きっと行かれないんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 JRAエクセル伊勢佐木の右手を入っていくと、道路右側にラーメンかわむら家@関内(横浜市中区伊勢佐木町)が見えてきます。
 関内セルテに移転した唐桃軒の跡地に、2018/5/16オープン。
 店主さんはたかさご家系の弐七家を経ての独立とのことです。
 店内に入るとすぐ左手に券売機があります。

クリックすると拡大します

 メニューは豚骨醤油(並)700円、チャーシュー麺(並)900円、キャベツラーメン(並)800円、キムチラーメン(並)850円、麺量は半玉で100円。
 トッピングは、チャーシュー、キャベツ、キムチ、メンマ、味玉、薬味ネギ、のり、かつおぶし、パクチー、青唐辛子醤油漬け、ほうれん草、タマネギ。
 ご飯物はライスのみですが、空きボタンが多数ですので、カミングスーンなのかな。
 飲み物はビール、角ハイボール、ウーロンハイ、コーラ、すこやか茶、オレンジ、コーラ・ゼロ。

クリックすると拡大します

 店内は壁紙を張り替えただけに近いリニューアルで、厨房向きが2席と3席、壁向きが5席、計10席。
 卓上にはブラックペッパー、おろしニンニク、豆板醤、練り唐辛子、酢。
 テーブルの下にはフックが用意されています。

クリックすると拡大します

 少し待って醤油豚骨(並)700円、家系お好みは麺柔らかめ。
 とろんとしたとろみをまとい、赤紫が掛かった豚骨スープ、キッチリした濃厚な味わいではあるけれどコッテリとはせず骨感少なめ、喉越しすっきり。
 たかさご家の趣を遠くに感じる美味しいスープ、1杯目だったら間違いなくご飯を頼んでいましたね。

クリックすると拡大します

 修業先の弐七と刻印された麺箱に用意された、丸山製麺の平打中太麺はスープにベストマッチング、美味しいですねぇ。
 トッピングは大きな板海苔三枚、肩ロースチャーシュー、茹でほうれん草。
 お店によって異なる薬味ネギを入れる順番はスープより前、安心の家系ラーメンですね。

クリックすると拡大します

 途中からお楽しみの味変、今夜はおろしニンニクと豆板醤で。
 全体に良く馴染ませながら、美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月23日

ざる、冷やし、冷やし

/ゆで太郎代々木東口店にてざる中華、かき揚げ/せたが屋品川品達店@品達にて冷やし煮干しソバ/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて旨辛冷やし中華、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 減量(実態は現状維持)を目指しているので朝は自宅で食べることにしていますが、まま、毎日は無理。

クリックすると拡大します

 既に9月以降の(企業的には2Qの)新メニューが発表されています。
 ※中華そばも続投が決まっていて嬉しいです
 ゆで太郎は路面チェーン店ですが、年に何度もメニューを変更していて、その度ごとにポップを張り替え、券売機のボタンを入れ替えます。
 ですので、長くやっている飲食店にありがちな「剥がれそうなポップ」や「色褪せた券売機」が見当たりません。

クリックすると拡大します

 程なくしてざる中華390円、クーポンかき揚げ
 もり汁がやや温かめでしたので、辣油多めで調整して、美味しくいただきます。
 今朝はかけ揚げを合わせてみると、朝食サイズでしたが、もう既にお年頃の私にはとてもありがたいです。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 急に夏が戻ってきて、炎天下を遠くまで歩いて行くのは辛いので、日陰に沿うように向かったせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 10人以上並んでいるタイミングもありますが、今日は誰も並んでいないので、ラッキー。
 券売機でお目当てのメニューが売り切れていない事を確認し、ポチッとして店内へ。

クリックすると拡大します

 ここまでせたが屋に通い詰めたことはありませんが、各店舗、定期的に限定メニューを販売されています。
 何年も通ってはいないので、毎年違うのか、毎年同じなのかは不明です。
 まあ、来年の春までの勝負なので、その辺りはずっと不明のままだとは思います。

クリックすると拡大します

 冷やし煮干しソバ850円、8/11より1日20食限定で販売開始。
 ※「冷やし」か「冷し」か、「煮干」か「煮干し」か、気を付けて記載しているつもりですが、間違っていたらご指摘を。
 『魚介系水出しスープの冷たいラーメン!夏の疲れた体に優しく染み渡ります。』

クリックすると拡大します

 冷やした魚介系の水出しスープは、繊細な味わいで、そーっと美味しさが伝わってきます。
 しかしして、軽く湯通しして冷やしたモヤシ、キャベツの臭みが移ってしまっていて、ちょっと苦手なタイプです。
 自社製麺の太麺はスープに良くあっていますが、(スープが冷たいのに)バーナーで炙った温かいチャーシューはちょっと分かりません。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ、先週よりもダッシュで駆けつけた夜営業、今週も何とか最初の着席に間に合いました。
 並んでいた前の人が知り合いで、待ち時間が長くても全く苦になりませんが、そんなに長く待たないし。
 さて、週末の始まり始まり(って週末は明日か

クリックすると拡大します

 週末なので飲まなくちゃならないので(だから週末は明日だって)、ビール500円と今日の付き出しは辛味味玉。
 今夜は蒲田で2人お疲れ様会、いやいや、知り合いと飲むビールの旨いこと、旨いこと。
 これがまた辛味味玉に合うこと合うこと、さらに旨い。

クリックすると拡大します

 ビールが終わったら日本酒、今夜は菊の里酒造「大那特別純米13」。
 皆まで説明せずに、読み手にあれこれ想像する脇の甘さを見せる書き方をしているのですが、それにしても「タダ酒を飲んでいて」と考える人がいるとは。
 日本酒の味わいは13度(一般的な日本酒は17度)ということもあって、夏酒のようにすっきりした飲みやすい美味しさ。
 グラスに酢橘を入れてくれて、さらに美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 さてやっと二回目の旨辛冷やし中華950円、チャーシュー100円
 てっきりスイカの数で限定数なのかと思っていたら、特製旨辛辣油スープの量で杯数が決まるとのこと。
 トッピングはスイカ、ワカメ、キュウリ、コーン、ミズナ、トマト、ハムなどなど、あれこれ味わいながらいただきます。

クリックすると拡大します

 大抵は麺半分にする私も、前回の轍を踏まないように一玉でお願いしましたが、量が足りないくらいです。
 いや、だからと言って大盛は危険なのだが、、、未来のことは何も決まっていません。
 旨い、旨い過ぎる。

クリックすると拡大します

 スイカの皮を残ったスープに浸して食べるのがマイブーム、何をどこまで食べるかは、ご自由にご想像下さい。
 いつまで冷やし中華を提供されるか分からないけど、まだまだ食べたい冷やし中華。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記