2018年08月19日

二匹目の子ブタ

/ラーメン子ブタ屋南林間店@南林間にてつけそば小/ラーメン子ブタ屋座間店@座間にてそば小/

クリックすると拡大します

 随分と涼しくなりました。
 真夏に向かうときは暑くなっては落ちいて、また暑くなるを繰り返したので、秋に向かうにも涼しくなったり残暑があったりするのだろう。
 さて、先月に引き続き、今月もバイクを走らせますか。

クリックすると拡大します

 ほぼ信号に引っかからずに走り続けましたが、途中でガソリンを補給したりしたので、1時間半掛かりました。
 ラーメン子ブタ屋南林間店@南林間(座間市ひばりが丘)、不定休でしかも連絡先が分からないので、着いてみて営業していてホッとします。
 通り反対側のコンビニ、前回来たときは工事中でしたが、今日は開店してお客さんが入っていました。
 戸を開けて店内に入ると前回と違う店員さん、店主さんは中華料理店を退職されて独立されたと聞いていたので、相方が見つかるまで1人で営業されるのかと思っていたら、既に見つけているとは。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買い、店員さんに渡しながら野菜増し、ニンニク有りでお願いしました。
 無料サービスされていたライスは、ライス自体の提供が無くなっていましたが、一時的なのか恒久的なのかは不明です。
 前回は壁側にウーロン茶のサーバーがありましたが、既に撤去され、「こちら、ウーロン茶です」とポットを出されました。
 色の濃い方がお冷や、もちろんウーロン茶をいただきました。

クリックすると拡大します

 出来上がるまでに店内を見渡してみると、営業時間、定休日が貼り出してあり、不定休では無くなった様です。
 で、何か違和感があって二度見すると「子ブタ屋南林間店」と書かれていて、おお、既に2号店の出店に向けて準備を進めているのでしょうか。
 「なんすか、『南林間店』って」と尋ねると、「先週、座間店がオープンしたんですよ。社長はそちらに行っていて、こちらは私に任されています」と。
 えー、全く知りませんでした。情弱のクセにラーメン食べ歩きとは片腹痛いわ。

クリックすると拡大します

 程なくして少し大きめのご飯茶碗ほどの器に豚骨清湯スープのつけ汁、辛さを控え香りと彩りを強調した辣油を合わせ、白ゴマを振ってあります。
 続けて少し大きめの器に茹で野菜、角煮と呼ぶのにふさわしいチャーシューが乗せてあります。
 最後は一番大きな容器に平打極太麺を盛り付け、割りスープを入れたぷっくり太った徳利を合わせて、つけそば小(255g)800円

クリックすると拡大します

 流水で粗熱を取った羽田製麺の平打極太麺を手繰れば、ラーメン二郎ライクな凶暴さは鳴りを潜め、老舗中華料理店がちらつく襟を正した味わい。
 店名や麺相とはギャップが激しく、その期待で「全くなってない」とスルーするか、羊の皮を被った狼と恐れるは、食べ手次第。
 麺量は250g以上ありますが、スルスルと美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 ニンニクはトッピングでは無く容器のまま渡されますので、途中で好きなだけ入れました。
 麺を食べ終わったのでスープ割り、徳利から注ぎ入れる割りスープは豚骨スープそのもの、温め直すのに近いかな。
 いやいや、これがまた美味しいじゃないですか。

クリックすると拡大します

 食べ終わってもノーゲスでしたので、お話を少し伺うと、店長さんは飲食店関係の出身ですがラーメンは初めてとのこと。
 これだけ美味しければ全く問題ありませんって、これからも身体に気を付けて頑張って下さい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって店を出ると、ちょうど昼営業が終わる時間でしたので、夜営業が始まる時間まで、向日葵を見に行きます。
 お客さんはグッと減っていましたので、駐車場もガラガラで、畑の近くに停められます。
 旬は過ぎていましたが、来年向けのタネを作っている畑があって、それなりに楽しめます。

クリックすると拡大します

 ラーメン子ブタ屋座間店@座間(座間市入谷3-3368-3)、営業時間は11:00-14:30 17:30-23:00、不定休。
 座間警察署が面する県道51号線を緩やかに登って相武台に向かう途中にあるラーメンショップスズキの跡地に、南林間店に続く2号店として8/12オープン
 店主さんに話を聞くと、契約はこちらが先でしたが店内改装に掛かる時間の違いで南林間店を先にオープンさせ(6/25)、1ヶ月半遅れてこちらをオープンさせたとのこと。
 まあ、どちらが本店とかどちらが1号店とか、店主さんは気にされていない様子でしたので、私も気にしないことにしました。

クリックすると拡大します

 ラーメンショップってパッとイメージできるほど似通った店内構成で、その構成の骨組みは変えること無くリフォームした感じです。
 厨房を囲むL字カウンターは窓側に7席、壁側に5席の12席。
 卓上には唐辛子、かえし、酢、ブラックペッパーグラウンド。
 コーナーには整水器が置かれていて、セルフでお冷やを注いで、空いている席に座ります。

クリックすると拡大します

 壁側には大きくメニューが書かれていて、南林間店と同じ豚骨醤油そば、豚骨味噌そば、つけそば、つけみその4種類。
 反対側の壁にはトッピングが書かれていて、こちらも南林間店と同じで豚一枚、うずら、玉ねぎ、バター、コーン。
 座った席によっては壁が見えにくいこともあるので、低めのカウンター台に貼り出してあります。

クリックすると拡大します

 ラーメンのお好みも同一で、麺の固さ、味の濃さ、野菜の量、アブラの量、ニンニクの有無は口頭注文時に伝えます。
 終日ライス無料サービスは、こちらに移ってきていました。
 夜営業開店直後と言うこともあってか終始ノーゲス、色々と話が出来て嬉しいです。

クリックすると拡大します

 少し待ってそば小700円。無料トッピングは野菜、アブラ。
 背脂が綺麗に乳化してたスープは豚骨の旨味が前回と比べものにならないほど強く出ていて、別物の様に美味しい。
 飲食店って、開店直後の数ヶ月が一番味が変わりますよね。
 この変化は、高級または希少食材を使った限定メニューより、個人的にはずっと楽しめます。

クリックすると拡大します

 平打極太麺は羽田製麺でみっちりとした噛み応えでとても美味しい、スープとの相性がかなり良くなってきてます。
 豚はブタでは無いけれど、これはこれで美味しいです。
 野菜には殆どモヤシで1割ほどのキャベツ、初めからニンニクを入れてみました。
 提供時にライス無料サービスを尋ねられましたので、またもや押し切られました。

クリックすると拡大します

 前回の轍を踏まないように、今日は豚を乗せてスープを掛けて美味しくいただきました。
 食べ終わって、ノーゲスを良いことに店主さんと、あれやこれやの四方山話。
 既に担々麺用の辣油を仕込んでいて、、、流石に来週には食べに来られない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月18日

茅ヶ崎の鉄砲通り辺り

/自家製麺ほうきぼし茅ヶ崎店@茅ヶ崎市東海岸南にて冷やし中華/地獄の担担麺天竜茅ヶ崎鉄砲道店@茅ヶ崎市中海岸にて地獄の担担麺中級編(10辛)、雑炊セット/

クリックすると拡大します

 庭の柿が実り始めました。
 ご存じの通り、青く実がなりだすと台風が一回か二回来て、かなりの数の実が落ちてしまいます。
 渋柿なのでもったいないとはこれっぽっちも思いません。

クリックすると拡大します

 すっかり遅くなってしまったので、夜営業開店直後狙いで、自家製麺ほうきぼし茅ヶ崎店@茅ヶ崎市東海岸南ホームページ)へ。
 立地は茅ヶ崎駅南口から徒歩7分ほど、駅から真っ直ぐ南下する加山雄三通りの東海岸会館前交差点近く、茅ヶ崎亭跡地に2016/11/4オープン。
 店主さんは友紀乃さんの叔父さん、そもそも茅ヶ崎亭という中華料理屋を20年近く営業されていたので、看板を掛け替えたリニューアルになるようです。
 なんだか、神田店のリニューアルと似ているような気がします。

クリックすると拡大します

 店内に入りすぐ左手の券売機で食券を買います。
 メニューは汁なし担々麺、台湾まぜそば、担々麺、醤油ラーメン、冷やし担々麺、味噌タンメン。
 夏期限定として冷やし中華。
 比較的飲み物は多めに用意されており、サイドメニューは水餃子、ザーサイなど。

クリックすると拡大します

 駐車場は店の向かいに2台分用意されています。
 古風なカフェを思わせる店内、店舗の半分以上が厨房になっていて、思っていたほどは広くありません。
 窓を向いたカウンター3席、店内中央に2人掛けテーブルが4卓、壁側に2人掛けテーブル。

クリックすると拡大します

 厨房には壮年の男性店員さんと女性店員さん、年格好から男性店員さんが店主さんと思われます。
 卓上には生姜酢、ブラックペッパー、七味、ニンニクチップ、激辛が置かれています。
 入ったときはノーゲスでしたが、1人2人とお客さんが入ってきます。

クリックすると拡大します

 甘味と酸味が柔らかめの醤油スープに、醤油ラーメンと担々麺で使われている中細麺を合わせています。
 トッピングは水菜、細切りチャーシュー、キュウリ、錦糸玉子、白キクラゲ、キクラゲ、紅生姜。
 センターに刻み海苔、練り辛子を添えた冷やし中華850円。クラシカルなザ・ヒヤチューな麺相です。

クリックすると拡大します

 自家製麺の中細麺はとても美味しく、担々麺だけではなく、こういうスープにも合うんだなと気づかされます。
 色々なトッピングを代わる代わる食べて、色々と楽しみます。
 時々、練り辛子でピリッとさせて、美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 開店以降、ずっと気になっていたけど、いつでも行けると後回しにしてしまっていた、地獄の担担麺天竜茅ヶ崎鉄砲道店@茅ヶ崎市中海岸へ。
 地獄の担担麺の公式サイトによれば、ブランドが「地獄の担担麺 天竜の公式サイト」と「地獄の担担麺 護摩龍の公式サイト」に分かれるようです。
 地獄の担担麺天竜は、天竜本店(2010/12/17-)が創業し、天竜茅ヶ崎鉄砲道店が2号店として2015/4/17オープン。その後、海老名天竜(2016/2/12ー)、天竜茅ヶ崎駅前店(2017/10/25-)、天竜トツカーナモール店(2018/1/30-)、天竜蒲田店(2018/3/27-)と6店舗展開しています。
 地獄の担担麺護摩龍は、護摩龍百人町総本山(2015/9/8-)、護摩龍五反田(2016/5/1-)、護摩龍藤沢(2018/7/9-)の3店。

クリックすると拡大します

 天竜はケーシー・ジャパンが、護摩龍はアレッジリンクが運営していますが、海老名天竜はアレッジリンクが、護摩龍藤沢はケーシー・ジャパンの運営のようです。
 メニューは天竜担担麺(1辛)、黒マー油担担麺(2辛)、野菜ドラゴン担担麺(3辛)。
 地獄の担担麺は入門編(5辛)、中級編(10辛)、プロフェッショナル編(30辛)、地獄のヘリテイジ(??辛)。
 どちらも温麺とつけ麺が用意されています。

クリックすると拡大します

 味玉、野菜など一般的なトッピングに辛さアップトッピングも用意されています。
 サイドメニューは餃子、ご飯物はチャーシュー飯、ルーロー飯など。
 お飲み物はビール、ハイボール、ウーロンハイ、ウーロン茶など。

クリックすると拡大します

 麺量は大盛りまで同額、無料サービスとしてニンニク、ショウガ、マヨネーズ。
 店内は厨房を囲むL字カウンターの10席のみ、店員さんは3人いましたが、フロアの空いたスペースにテーブルは置かれていません。
 卓上には紅酢、ホワイトペッパー、酢、餃子のタレ、秘伝のタレ、青山椒、カレースパイス、フライドガーリック、花椒(シビレ)。
 割り箸、紙エプロン、ヘアバンドが必要なお客さんは、店員さんに声を掛けていました。

クリックすると拡大します

 注文ごとにしっかりと調理されるので、少し時間が掛かりますね。
 大きなフライパンで辛味スパイスを加えたスープと挽肉を炒めます。
 大量の芝麻醤を入れた丼に、茹で上がった麺を入れ、更に煮立てたスープを注ぎ入れます。
 茹でほうれん草と挽肉、唐辛子をトッピングして地獄の担担麺中級編(10辛)900円

クリックすると拡大します

 橙色の芝麻醤と赤銅色の辣油が互い違いに混じり合った鶏ガラベースのスープ、胡麻の甘さと唐辛子の辛さが入り混じった、ここでしか味わえない美味しさ。
 蒲田店で30辛を食べたときは辛さしか分からなかったけど、10辛まで落とすと甘さと旨さがよく分かります。
 麺はモチモチの中太麺、食べた感じでは麻生製麺に感じましたが、公式には非公式となっています。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、雑炊セット150円を現金追加します。
 すぐに店員さんから渡される、半ライスと生玉子。
 食べ方が分からないので、卓上に置いてある指南書を確認します。
 「スープに生玉子を溶いてご飯を入れ、秘伝担担麺のタレを好みの分量を掛けるべし」

クリックすると拡大します

 担担麺をこうして雑炊にしてしまうと、肥満防止に残したスープをご飯と共に食べきってしまう事になります。
 肥満防止は他で考えるとして、今は美味しく食べることに専念します。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月17日

ナンコツとレバー

/中華そば大賀110@相武台前にてワンタンつけそば/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)にてナンコツ、レバー/

クリックすると拡大します

 金曜日は飲みに行くのがサラリーマンとしての決まりです。ふらわまにあファンが盛り上がるように、強めに言ってみます。
 しかしして連れだって飲みに行く友達がいないので、ラーメン屋で飲むかと。 
 ビールだけで無く日本酒が飲めるラーメン店は多くありますので、さて、どうするかと。

クリックすると拡大します

 夜は中華そば大賀110@相武台前公式ツイッター)。
 伺おうとすると定休日だったり、食材切れで早仕舞いしていたり、随分と間が空いてしまいました。
 で、やっと伺うと先客一人でガラガラだったりします。
 しかしして食べ終わる頃には満席になって、ゆっくり出来ないという。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、中華そば、つけそば、汁なし担々麺、担々麺のラインナップ。担々麺(汁なしも)には6辛以上のメニューが追加されています。
 夏期限定として棒々鶏麺が、常連客向けだった焼きそばが夜限定メニューとしてラインナップしています。
 温泉卵とか納豆などのトッピングも充実しています。

クリックすると拡大します

 今夜は相武台前に一人お疲れ様会、ビールはハートランドビール500円、付き出しはキュウリとチャーシュー。
 店主さんの目の前の席でしたので、四方山話は1ヶ月遅れの1周年おめでとうございますから。
 以前にも増してお昼営業のお客さんが多くなってきているとのことで、こちらまで嬉しくなってしまいます。

クリックすると拡大します

 何人かのお客さんへ先に提供してから、頃合いを見計らってお願いしたワンタンつけそば1000円
 ※店主さんのご厚意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 綺麗な白磁の丼に盛り付けられた手打ち麺、上にチャーシューを乗せ、刻み海苔をあしらってあります。
 麺丼より一回り小さい丼に醤油ベースの鶏ガラスープをたたえ、穂先メンマ、レアチャーシュー、ワンタンを沈めてあります。

クリックすると拡大します

 手打ち麺は昆布水を纏っていて麺同士が絡まず、それでいてつけ汁には良く絡み、とても美味しく頂けます。
 昆布水に浸けると昆布の味が強く出ることが多いのですが、昆布水を一工夫してあり、そんなに昆布を味を感じません。
 麺の味わいがこれまでと違っていたのですが、気候とかブレとかなのかなと食べていたら、先週辺りに小麦の配合を変えたそうです。
 ワンタンは3つ、餡も美味しいし、皮も美味しい。日本酒の用意があれば、皿ワンタンも可なり。

クリックすると拡大します

 手打ち麺のつけそばという事で、どうしても丸長系のつけそばと比べてしまいます。
 しかしして、守るものを守りつつ進化する丸長系のつけそばと、守るのもなど何も無いゼロベースの大賀110のつけそばではまるで違います。
 どちらが美味しいかは個人の好みですが、私は大賀の方が好みです
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 こんな田舎ではと言うのは失礼ですが、タイミングにはよっては満席で断れることもあります。
 戸を開けるとカウンター席が満席で、、、おっと、一番端っこが空いていました。

クリックすると拡大します

 世の中にはビール党、日本酒党、サワー党など多くの党派がありますが、私はレモンサワー党。
 ということで、今夜は鶴巻で一人お疲れ様会、再び。
 店主さんには「随分と久し振りじゃ無いですか」と驚かれましたが、まま、一杯飲めば何事も無かったように。

クリックすると拡大します

 何年も変えていない、ナンコツから。
 この部位をナンコツと称して焼く店は他に知りませんが、たまたま仕入れがあった舌に近い部分の部位を混ぜてくれて、これがまた旨い。
 良い肉は良い香りがすると言われていますが、私には美味しいことしか分からず、香りはさっぱり分からない。
 以前は必ず二人前をお願いしていましたが、今は昔、最近は一人前から。

クリックすると拡大します

 続けてレバー、今では必ず焼いて食べます。
 一口大と言えば聞こえは良いけど、一口では食べにくい程の大きさで、この店はずっとこの大きさですが、都内焼肉店で出せば狂喜乱舞される大きさ。
 しっかり焼いて醤油ダレを漬けて食べると、数え切れないほどの栄養を一気に食べる感覚、旨いわ。

クリックすると拡大します

 食べながら飲みながら、店員さんとか常連さんとかのお喋りがとても楽しい。
 まあ、そんなお喋りがしたくてお店に来ていると言うこともあるけど。
 終電前に退店、美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記