2018年08月15日

つけ麺と混ぜそば

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にてつけ麺/中華そばみやざき@向ヶ丘遊園にて鯖ませそば/

クリックすると拡大します

 月に一度くらい(シフトによっては無い月もあるけど)、一時間以上早出する当番が回ってきます。
 今日がその日で、早く出社すれば電車には初めっから座れるのですが、お盆だというのに結構沢山の人が乗っていました。
 私は月に一度くらいだけど、他の人は毎日こんな朝早くから出勤されているのですね。
 あなたたちが頑張ってくれるから、日本の経済が回っていきます。ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 お昼は事務所から近い横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田(大田区蒲田)公式ツイッター)へ。
 週一で通っているつもりではいるのですが、いるだけで実態は月一というていたらく。
 まあ、あまり肩に力を入れずに、気楽に行きましょう。

クリックすると拡大します

 券売機を見てみると、いつの間にやら旨辛らーめん(+50円)がメニューインし、つけ麺(+100円)が期間限定で販売されていました。
 細かく見てみると、キムチ丼と油そばがメニュー落ちしています。
 どちらもTwitter告知がありません。と言うか、Twitterで告知されていた阿佐ヶ谷本店の再開を話したかったのですが、馴染みの店員さんが不在なんですわ。

クリックすると拡大します

 空いている席に鞄を置き、買った食券を店員さんに渡し、座る前に壁側のテーブルに用意された無料ライスと崩しゆで卵をよそってから席に着きます。
 真ん中にちょっと豆板醤を乗せて、ラーメンが出来上がるまでの前菜、突き出し、でしょうか。
 美味しいですねぇ、いつもあるわけじゃ無いので、あるときは美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 温麺と同じ麺を茹で上げ、流水で粗熱を洗い流して、バケツ状の容器に用意した氷水にデポごと入れて麺の芯まで冷やします。
 ネギを沈めたつけ汁専用の容器にラーメンスープを注ぎ入れ、チャーシュー、茹でほうれん草を入れます。
 つけ麺用の麺皿に麺を並べ、刻み海苔を散らしたら、つけ麺850円

クリックすると拡大します

 家系ラーメンのつけ麺の食べにくさの一つに、板海苔がそのままと言うのがありますが、刻み海苔でクリアしてます。
 つけ汁はラーメンスープそのものでしたが、1玉半の麺量の酒井製麺の短尺中太麺はこれ以上無いほど冷やされていて、とても美味しく頂けます。
 食べ進めるとスープはどんどん冷めていきますが、麺が緩やかに温まるので、温度低下を気にすること無く美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 チャーシューと茹でほうれん草はノーアイディアでつけ汁に沈めてありますが、変にこねくり回すより、そのままが美味しく頂けます。
 これまで家系ラーメンのつけ麺に良い印象がありませんでしたが、少しずつ印象が変わっていきますね。
 食べているときに厨房を見渡しましたが、割スープが入った保温ポットや小さめの寸胴は見当たりません。

クリックすると拡大します

 ま、無ければ無いで良いやと店員さんに声を掛けるとと、つけ汁の器を引き取って、ラーメンスープを注ぎ足して下さいました。
 ラーメンスープは割りスープとは言えず、つまりはスープ割ではありませんが、出来立てのラーメンスープをもう一度味わうのも、美味しいと気付かされます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そばみやざき@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)へ。
 営業時間は平日が11:30-15:00 18:00-23:00、土日祝が11:30-16:00 18:00-23:00と少し変わりました。
 通勤経路上ですから、月に一度は通いたいと思いつつ、全く出来ていません。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、限定のラインの煮干しの左隣りに、まぜそばがメニューインしています。
 店内に張り紙があり、聞けば8/1から1ヶ月程度の期間限定の販売とのことです。
 公式ツイッターでちょこっとだけ告知していますが、全く気が付きませんでした。

クリックすると拡大します

 店内入って右手のテーブル席は撤去されていて、店内待ちの長椅子に変わっていました。
 厨房を囲むカウンターに空き席を見つけて座り、店員さんに食券を渡します。
 卓上にはお冷やと割り箸しか用意されていませんが、店員さんに声を掛ければブラックペッパーを出して下さいます。

クリックすると拡大します

 つけ麺用の平打中細麺をきっちり茹で上げ、冷やし過ぎないように流水で粗熱を取ります。
 ラーメン丼に鯖節から作った濃厚な醤油ダレを用意し、麺を入れて全体に馴染むように良く混ぜ合わせます。
 麺の上にレアチャーシューを2枚あしらえ、材木メンマを2本立て掛け、更に白髪ネギとカイワレ大根を乗せ、魚粉の筏を添えた鯖ませそば750円
 器もタレも麺もトッピングも全て常温で、全体的に混ぜやすく、食べやすい混ぜそばです。

クリックすると拡大します

 鯖節ダレはふんわりと香り、薄っすらと酸味も感じられて、麺に良くあってとても美味しい。
 混ぜそばやつけ麺の麺量は一般的に1玉半ですが、みやざきでは1玉であり、そもそも替玉スタイル(大盛にも出来ます)です。
 ネットで高評価を受けるために、値段を抑え、ともかく量を多くしてコスパが高いことを誇示する傾向があります。
 しかしして、一部の店舗(ジャンル)を除けば、この飽食の時代に腹八分目こそが贅沢だと私は考えています。

クリックすると拡大します

 一般的な調理に照らすと改良点も幾つか浮かびますが、ヨソはヨソ、ウチはウチ、こうでなければならないと思考停止することが一番いけないこと。
 麺を食べ終わると少しタレが残るので追い飯を、、、いや、今日は止めておこう。
 席を立ち、出口まで見送ってくださった店主さんと少し立ち話をさせていただき、お店を後にしました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記